謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 ドゥドゥー おすすめ兵種&スキル

f:id:Mark-LXiii:20191017220157j:image

魔防が全く上がらねぇよ……

まともに上がるのはHPと力に守備だけ。
そんなネタなステータスを持つドゥドゥーのキャラ解説と戦場で活躍できるのか考察してみた。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

 

キャラ解説

ガタイの良さに全キャラ唯一の2m超えの身長、そして低い声と怖い印象が強いが、料理が得意で修道院内の温室で植物の世話をしている光景をよく見かけるとか。
いわゆる見た目とのギャップが激しいキャラである。
ディミトリの従者として仕えてからは「殿下の怒りは俺の怒り」というセリフからわかるように、自身のことを差し置いてでもディミトリのことを第一に考えている。
このことを他の者に指摘されても「それが俺の考え」と返しているため、その生き方を選んでいるようだ。
そして自身がファーガス王国の先代陛下が殺害された「ダスカーの悲劇」に関与しているとされるダスカー人であり、そんな自信と関わるとその者まで白い目でみられることを懸念する優しさを持ち合わせている。
ディミトリが関わればディミトリ第一だが、関わらないときは普通の人なのがよくわかる描写である。

 


ステータス

HPと力と守備に関しては圧倒的で他を寄せ付けない。

特に守備は初期ステータス時から高く、個人スキル「主君の盾」(攻撃せずに待機すると守備+4)と合わせると壁役にうってつけ。
重装兵種にしなくてもその守備の高さを発揮できる。


一方他のステータスは普通以下。
技、速さ、幸運、魅力に関しては極端に低くないが、高くもないため命中不安や追撃は期待できない。

魔防に関してはとても酷く、レベル21まで上昇させたが1回も上がらなかった(乱数調整済)。

攻略サイトによるとドゥドゥーの魔防上昇率は10%で兵種によってはマイナス補正も入るが、拳闘士でなければ上昇するチャンスはあるはず。

だが私は1度も魔防は上がらなかった(二回目)。

攻略サイトを見るまで魔防が上がらない仕様だと思っており、攻略サイトを見ても正直信じられない気持ちがある。
しかし成長率通りに上がらないことはファイアーエムブレムあるあるとしてよく語られている。


技能解説

得意技能は槍、斧、格闘、重装の4つ。
得意技能だけで見てしまうと、フォートレスかウォーマスターしか選択肢に入ってこない。
しかしフォートレスだと移動力が4しかなく、魔導士がマップに1人でもいると致命的なダメージを受けてしまうため、立ち回りが困難であり活躍も難しい。


苦手技能は信仰、馬術、飛行の3つ。
信仰はドゥドゥーの魔力も低いので無視してよいが、馬術と飛行が苦手なので、これにより上級種と最上級種のほとんどの兵種にクラスチェンジすることができない。

だがドゥドゥーのステータスだとある兵種を除いて、どんな兵種にしても活躍は無理だろう。
最上級種の兵種マスタースキルはほとんどがHP25%以下で発動する覚醒スキルで、今回紹介するドゥドゥーの立ち回りには必要ない。


兵種解説

ウォーマスター(最上級種)

ドゥドゥーが活躍できる兵種は実質この一択だろう。
その理由は3つ。

 

理由その1

クラスチェンジのしやすさ。
斧と格闘術の技能レベルをAにすればいいので、両方とも得意技能であるドゥドゥーにとっては難しいことではないだろう。

 

理由その2

「斧の達人」「格闘の達人」「必殺+20」と兵種スキルが優秀で、格闘術のポテンシャルを引き出せること。

格闘術は命中が高く、武器の重さも軽い反面、威力が低い。
その火力不足になりがちな欠点をウォーマスターの兵種スキルで補うことができる。

ドゥドゥーのステータスとウォーマスターのスペックは相性がよいため、ドゥドゥーに戦場で活躍させる機会が得られる。

 

理由その3

兵種マスターによって習得するスキル「切り返し」と専用戦技「戦鬼の一撃」が強力なこと。

「戦鬼の一撃」は斧でないと発動できないが、「重装」「騎馬」「飛行」「魔獣」「竜」の5種類に対しても有効な一撃を放てる。

有効なので武器威力2倍止まりだが、斧は最も威力の高い武器なので、高威力な斧を持たせて放つ一撃はまさに強力なものになる。
場合によっては格闘術の2連攻撃よりも強い場合があるので、斧を1つ持たせると戦略幅が広がるため便利。


切り返しはスキル解説で記載するためここでは割愛する。


スキル解説

()内は兵種マスターなどの習得条件を示す

切り返し(ウォーマスター)

HPが50%以上に攻撃されたときは必ず追撃を行う。

このスキルによってドゥドゥーの鈍足を完全にカバーできる。

また個人スキルとの相性も良く、守備も高いため物理攻撃に関しては50%以上をキープすることはそれほど難しくない。
更に高い力を活かして、命中安定の格闘術でも高いダメージが期待でき、命中不安を補えれば高威力の斧で大ダメージを与えられるので、ドゥドゥーを活躍させるためには必須と言っても過言ではない。
ただこの状態だと魔法攻撃に弱い弱点は克服できていないため、ほかのスキルでサポートする必要がある。


魔殺し(グラップラー)

格闘を装備している際に魔導書を持っている敵に対して命中と回避が+20。
魔法は地形による回避補正を無視するため、安定した命中が売り。
魔防がほぼ皆無のドゥドゥーにとって脅威そのものだが、このスキルで確実に回避を上昇させる。

ただ注意しないといけない点は魔導書を持った敵でないと効果が発揮されない点。
魔法武器には効かないので注意が必要。

 

斧技能、格闘技能(それぞれ技能レベルが一定で習得)

命中、回避、必殺回避を底上げするスキル。
基本的なスキルだが、この基本能力が大事。

というよりこの補正がないと、命中や回避が心許ない。

個人的には魔殺しが常時発動する格闘の技能があれば充分。
専用戦技「戦鬼の一撃」を多用する方は斧の技能スキルで命中安定を図ろう。


斧必殺+10、格闘必殺+10(それぞれの技能レベルS)
斧の達人、格闘の達人(それぞれの技能レベルS+)

前者は対応する武器の必殺値を+10、後者は対応する武器を装備すると威力を+5するスキル。
実はこれらのスキルは重複が可能で、兵種スキルと合わせると攻撃を+10にできる。
ちなみにこの増幅分は力にも武器威力にも加算されないので、攻速が上昇したり特効によって与えるダメージが増幅したりはしない。


命中+20(アーチャー)

斧は命中不安が気になるので、その不安を解消することが目的。
ただ斧技能の命中補正とドゥドゥーのステータスによっては不要なこともある。


警戒姿勢(飛行技能レベルB)

攻撃せずに待機すると回避率が+15される。
苦手技能である飛行の技能レベルを上げないといけないが、個人スキルとの相性は最高。
特に苦手な魔法攻撃をかわす可能性を高めるので、とても重要。

魔殺しと組み合わせると回避率を+35あげることができ、これを元々の回避に加算できる。
更にA+まで鍛えられれば警戒姿勢+になり回避も+30とパワーアップする。
苦労必至だが、ここまで鍛えれば魔法に対して回避を+50できるので安心して前へ出せるようになる。


最後に

ウォーマスターの欠点は斧でないと間接攻撃ができないため、魔導士相手には苦労してしまうが、如何にして対策するのか先生としての戦略を問われているキャラ。
青獅子の学級でないと育成や操作ができないため、今まで低スペックと二軍行きにしていた人は、1回だけでも日の目を見させてはいかがだろうか。

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング