謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月攻略 フレン おすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20191201093752j:image

かわいらしいくるみ割り人形!?

1部の序盤から中盤辺りは絡んでくるが、それ以降端役になってしまう微妙な立ち位置。
そして口の動き方に違和感を抱いてしまう彼女について記載。

 

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

セテスとは年の離れた妹。
他に身内がいないため修道院に身を置いている。
とあることがきっかけで主人公の学級に加わることになる。
見た目の割に落ち着いているかと思えば、意外と知らないことも多く、かつてセテスと2人で人里離れた場所で暮らしていた影響が出ている。

個人的にはセテスとの支援会話CやBのやりとりが面白くオススメ。
支援会話Aでは2人について詳しく知ることができる。


ステータス

f:id:Mark-LXiii:20191201094740j:image

成長率をみるとメルセデスに似た成長率だが、幸運の伸びがワースト1位タイ。

HPもワースト2位タイと成長率だけで見ると、魔力と技、魔防の3つしかまともに伸びない。

各学級の回復手が育っていると正直育てる必要性は薄いように思える。

しかしフレンが習得する黒魔法は「ウインド」「ファイアー」「シェイバー」「エクスカリバー」。
白魔法は「ライブ」「リザイア」「レスト」「レスキュー」「リザーブ」を習得する。
特にリザーブがあると回復手を一手に担えるため、これがフレンの価値を上げていると言っても過言ではない。
更にレスキューは習得できるキャラがフレンとベルナデッタしかおらず、実質フレン専用魔法といっていい。

加入が1部の中盤なので、活躍させるならしっかり技能経験値を積んでいきたい。


技能解説

得意技能は槍と信仰、そして才能開花する理学の3つ。
飛行技能は苦手ではないので天馬騎士になることもできるが、理学と信仰が得意なことと魔道士よりの成長率から、素直に魔道士として活躍させたほうがいいだろう。
魔力が高いため、充分な攻撃力が見込める。

HPこそ低いものの、魔防は全キャラ1位の成長率で、守備も魔道職のリンハルトとハンネマンに次いで高い水準を誇るため、魔道職で活躍できる。

 

苦手技能は重装と馬術。
重装系の兵種にクラスチェンジしても活躍は見込めないが、「重さ-3」や「大盾」は魔道士でも活用できるため、これらが習得しづらいのはマイナス。
しかし、苦手技能だからとあきらめるのではなく、個人指導などで無理やり鍛えてでも習得する価値はあるスキルなので、無理やりでも鍛えよう。


兵種解説

魔道歩兵系

ウォーロック(上級種)

兵種スキルに「黒魔法の達人」「黒魔法使用回数×2」と黒魔法に特化した兵種。

習得魔法は全て射程2だが、「カドゥケスの杖」で射程を1伸ばすことができ、紋章一致のため毎ターン開始時の回復量も多い。

しかし理学を才能開花した際に習得するスキルが「魔力封じ」のため、火力強化はできず、活躍もそこそこ止まりだろう。
またエクスカリバーはリンハルト、アネット、クロードも習得可能なので、金鹿の学級以外ならばフレンにこだわる必要はない。


ビショップ(上級種)

兵種スキル「回復量+10」「白魔法使用回数×2」と自身の「セスリーンの紋章」、リザーブのお陰で回復手を一手に担える。
移動力が4しかないことと、リザーブの最大射程が魔力を1/4にしたぶんしか無いため、2部の広大な戦場だと届かないことも。
そしてリザーブは4回しか使えないため、使うタイミングも重要になる。

攻撃魔法をリザイアにすれば、反撃時に敵の体力を吸収するため、低めの耐久を補うことができる。


グレモリィ(最上級種)

兵種スキル「黒魔法使用回数×2」「白魔法使用回数×2」があるため、攻撃魔法を使い切ることは無いだろう。
気になることは、回復量や攻撃力が下がってしまうことが致命的になってしまうか否か。

もし気にならないなら、移動力5のグレモリィのほうがいい。
ちなみにウォーロック、ビショップとグレモリィの成長率補正はさほど変わらない。


踊り子(白鷺杯優勝)

フレンは学級の生徒なので、白鷺杯に出場することが可能。
回復手がすでに間に合っていているなら、なくはない。
あとは踊り子自体の価値観をどう見ているか。


魔道騎兵系

ダークナイト(最上級種)

機動力が7あるため、ウォーロックより戦場で活躍できる。
また兵種スキル「黒魔法の達人」のお陰で火力も十分。
使える黒魔法も4種類あるため、状況によって使い分けをすれば、魔法が使えなくて困ることはないだろう。

ただリザーブが2回しか使えなくなるため、回復手段を他で確保する必要性が出てくる。
更に苦手な馬術を鍛えるために個別指導やフリーバトルができる環境がないとクラスチェンジは難しい。


ホーリーナイト(最上級種)

ダークナイトと同じく機動力が7あるため、機動力に優れる。
しかしビショップと異なり、白魔法の使用回数や回復量も増えないため、その状態でも回復手として機能できていれば問題ない。
むしろ機動力や兵種スキル「白魔法の達人」を活かして攻撃に転じやすくなる。
フレンを回復手一筋にさせるか、苦手な馬術を鍛えてまで攻撃を兼任させるかで価値観が変わる兵種。


スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す

信仰技能Lv5(信仰技能レベルA+)

白魔法を使えば自ずと鍛えられるスキル。

レベル5になると命中+10、回避+20、必殺回避+10の補正が得られる。

フレンは耐久力が低いので、敵の攻撃を躱す可能性を増やし、こちらの攻撃を確実に当てるようにできるので、基本的なスキルだがとても重要。


回復(ビショップ)

毎自フェーズ開始時に最大HPの20%を回復するスキル。
「カドゥケスの杖」と合わせることで回復量を増やせるため、自身のHP管理が簡単にできるようになる。
更に白魔法の「リザイア」で攻撃すれば低い耐久面をさほど気にする必要性は無いだろう。
フレンはHPこそ低いが、守備魔防は魔道士の中では高いほうになるので、基本的な組み合わせだからこそ使い勝手も良い。


弓殺し(ウォーロック)

魔法を装備している際に弓装備の敵と戦うとき、命中回避+20。
弓による攻撃は魔道士にとっても厄介だが、このスキルを習得するだけで、敵に対してマウントをとれる。
後述する回避を上昇させるスキルと組み合わせれば、弓兵をカモ扱いできる。


命中+20(アーチャー)

文字通り命中+20するスキル。
魔法は地形による回避補正を無効化できるものの、2部の後半にもなるとハードでも命中率が若干不安になってくる。
ルナティックは序盤から命中不安との闘いになりかねないため、それを防ぐためにも習得しておきたい。


警戒姿勢(飛行技能レベルB)、警戒姿勢+(飛行技能レベルA+)

攻撃せずに待機した際、前者は回避+15、後者は回避+30するスキル。
先述した信仰技能Lvのスキルと合わせることで回避率を高められる。

フレンは仲間になった段階から、ペガサスナイトへクラスチェンジすることができるため、飛行技能の経験値を魔道士の中では効率よく積める。
ただし、降りている間は飛行の技能経験値を積めないので注意しよう。


回避の覚醒(ファルコンナイト)

HPが25%以下になると回避+30。
警戒姿勢と組み合わせると凄まじい回避率を誇るようになる。
ただしHP管理が重要になるため、白魔法のリザイアでは管理できず、「カドゥケスの杖」も毎フェーズHPを回復する効果があるため装備できない。

制約がかかる分、その見返りも大きい。


重さ-3(重装技能レベルC)、重さ-5(重装技能レベルA+)

装備している武器or魔法と防具を合わせた重さを減らすスキル。
フレンにとって重装は苦手技能だが、このスキルは攻速を確保するために習得したい。
追撃や回避を上昇させて損することはない。


最後に

フレンは技の成長率も悪くないので、技能経験値を稼ぐ余裕があるなら「大盾」や「聖盾」も習得していいだろう。
習得白魔法も「リザーブ」や「レスキュー」と貴重な魔法を習得できる。

しかし加入時期がやや遅いことと、支援会話できる相手が少ない欠点をもつ。
前者は育成面において他のキャラが育ってきた頃に加わると、正直育てにくいことも。
それ以上に大変なのは後者。
2部に出てくる敵はハードでも強いため、支援による命中回避補正はたよりになる。

各学級の生徒は同じ学級内全員とB以上の支援補正(B以上だと命中回避+7、A以上は命中回避+10)を得られるが、フレンは一部キャラに限られる。

言いかたを変えればどの学級でも一定の活躍が見込めるので、回復手が欲しい人やフレンが好きな方は育ててみては。
これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング