謎解きとゲームのブログ

謎解き公演の感想、実際にプレイしたゲームの攻略記事などを記載しているブログ

FE風花雪月 攻略 メルセデス おすすめ兵種&スキル

f:id:Mark-LXiii:20191002190250j:image

究極の白魔道士、見参‼︎

得意技能が少なく苦手技能が多い為、一見役に立たなそう。

しかし回復手を1人で担えるポテンシャルを秘めている。

今回はそんなメルセデスについて解説する。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤6,980円+税

フォドラコレクション盤9,980円+税

追加コンテンツ2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

かつては帝国の貴族だったが、紆余曲折を経てファーガス神聖王国の国民になっている。
年表でもさらっと書かれているが、他国へ移り住むことは決して容易ではないだろう。
そこまでしないといけない事情、そして苦労がこの一文だけでも窺い知ることができる。


祈りの習慣は長い教会暮らしによるもので、更に他の生徒たちより年上なこともあってか、学級内でも穏やかなお姉さんの立ち位置。
現に年子の弟がいるため、ついお姉さんになってしまうのだろう。
またシルヴァンの本性をわかったときや、イエリッツァとのくだりはメルセデスの人柄がよくわかるのでぜひ見てほしい。

 

ステータス

f:id:Mark-LXiii:20191221113837j:image

成長面で言うとメルセデスの成長率は悪いほうではない。
回復手らしいステータスになるが、レベルアップ時の運に恵まれない限り、ステータスが極端に低くならないだろう。
力や守備の値も魔道士の中では低くないので、意外と耐久力に優れる。
特にアネットより守備も魔防も高くなるため、打たれ強くなる
反対に技がアネット低くなりがちだが、回復を担当することが殆どで、習得魔法も命中が高く、地形による回避上昇は受けない仕様なのでほとんど気にならない
他学級の白魔法使いであるマリアンヌより力や守備に優れ、リンハルトより魅力が高い。

 

 

紋章

ラミールの小紋章

回復魔法使用時、稀に使用回数を消費しない。

メルセデスは「ライブ」「リブロー」「リザーブ」と回復手段が豊富。
ビショップやグレモリィの兵種スキル「白魔法使用回数×2」を活かせば回復魔法が尽きることはないだろう。
それでも広範囲の仲間をまとめて回復できる「リザーブ」の使用回数が増えるのは有り難い。
まさにメルセデスにぴったりな紋章と言える。

 

ラファイルの宝珠(英雄の遺産)

f:id:Mark-LXiii:20200514203206j:image

装備すると特効と必殺を無効化できる。
紋章一致でスキル「大盾」と「聖盾」を発動。
後ろから回復役に徹する場合、敵から狙われることはまず無いので、装備させる必要性は無い。
特効無効を活かして仲間(青獅子だとイングリット辺りか)に渡そう。


個人スキル

奉仕の喜び

回復魔法でHPを回復すると、自身も体力を回復する(回復量は半減)。
つまりメルセデスは回復役にしろと製作側のメッセージとも受け取れる。
ちなみに「リザーブ」を使った場合は最も回復した値の半分が自身の回復量になる。


習得する戦技、魔法、騎士団スキル

※一部共通して習得するスキルは割愛
弓術を才能開花時、戦技「ウィークショット」を習得

f:id:Mark-LXiii:20200423183330j:image
武器に関しては最初から得意技能が無いため、基本的な戦技しか習得しない。
魔法に関しては、ご覧の通りメルセデス以上に白魔法の適性が高いキャラはいないだろう。
「リブロー」「レスト」「リザーブ」と遠距離から回復できる魔法を揃えているからである。
魔道士は移動力が低く、仲間達は縦横無尽に戦場を駆け回るので、遠距離で回復できるキャラが1人いるだけでHP管理が楽になる。
特に「リブロー」「リザーブ」の両方を使える唯一のキャラで、回復させたい人数によって使い分けが可能。
兵種によっては回復役をメルセデス1人に任せることができ、他の仲間は攻撃することができる。
更に個人スキル「奉仕の喜び」で回復したHP分自身の体力も回復するため自分のHP管理も楽にこなせる。

 

武器技能

得意技能は理学と信仰の2つでいかにも回復手らしい特技となっており、弓が才能開花対象である。

回復系の兵種にすれば魔防が高くなるため、魔法の打ち合いで負けることはないだろう。

更にウォーロックを兵種マスターすれば「弓殺し」を習得するため、遠方から弓で狙われても攻撃を避けてくれる。

信仰だけでなく、理学の技能レベルを上げておけば、リザイア以上の強い魔法で応戦も可能。

 

苦手技能は剣、槍、斧、重装と前衛系兵種の適性は低い。

しかし無理矢理でも重装の技能レベルをCまで上げて「重さ-3」を習得させ、メルセデスの攻速をサポートさせたいところ。

しかしメルセデス自身の成長率は魔道士向けなので、前衛兵種は必要最低限にとどめて、魔道士系の兵種を極めれば充分に活躍できる。

 

兵種解説

特殊兵種

踊り子(白鷺杯優勝)

移動力6が最大の魅力。
再移動させることができるので、回復の必要性がない場面でも仲間のサポートが可能
しかし魔法が使えるものの、回復量や使用回数は何も強化されない為、本当に回復させたいときに役に立たないなんてオチだけは避けるべき。

 

上級種

スナイパー

才能開花で得意になっても力が低いため、活躍するには魔法弓が必要。
そもそもメルセデスが弓を使うときは対魔道士に使う程度なので、本来の役割が持てなくなる兵種を究める必要は無い。


ウォーロック

兵種スキル「黒魔法の達人」「黒魔法使用回数×2」を有しており、いわゆる攻撃型魔道士。
戦いながら必要に応じて回復するスタイル。
理学レベルAで「ライナロック」を習得するため、攻撃役として立ち回ることは可能だが、同じ青獅子のアネットと比べてしまうと、習得魔法のスペックや魔力のポテンシャルに差が現れてしまう。
それでも青獅子の学級で魔道士になるデフォルトキャラはアネットとメルセデスだけなので、2人で活躍させるスタイルもアリ


ビショップ

兵種スキル「白魔法回復+10」と「白魔法使用回数×2」が優秀なので、回復役特化ならこれ以上にない兵種
先述したようにメルセデスはリブローとリザーブを使えるが、両方とも使用回数が少ないためとても相性が良い。
ビショップのメルセデスがいるか否かで戦場の安定感は全然違うだろう。
移動力が4しかないことが欠点だが、リブローとリザーブはともに遠距離魔法なので、そこまで気にならない
 

最上級種

ボウナイト

兵種マスタースキル「速さの覚醒」を習得するが、後ろから回復することがメルセデスの仕事。
つまりHPが25%以下になることはまず無い。


ダークナイト

移動力が7、兵種スキルの「黒魔法の達人」とメルセデスを攻撃要員にしたい場合は選択肢に入る。
習得する黒魔法の種類も多いので、全てを使い切ることは無いだろう。
実際にはアネットと双璧をなす存在として戦場を駆けるのが現実的か。


ホーリーナイト

兵種スキル「白魔法の達人」は一見使いにくそうなスキルだが、「リザイア」の威力を上げるため、敵から攻撃されてダメージを受けても反撃で回復することで、耐久面を強化でできる。
ダークナイトのような攻撃面は確保できないが、「地形耐性」の兵種すきるがあることと、成長補正が少し上回ることがダークナイトに無い利点。


グレモリィ

兵種スキル「白魔法使用回数×2」と「黒魔法使用回数×2」が頼りになる。
回復量や黒魔法の威力を底上げ出来ないが、グレモリィになる頃だとメルセデスも充分育っているはず。
移動力が5で両方の魔法使用回数が2倍なことをどう見るかである。
ビショップやウォーロックの完全上級互換では無いため、どの長所を優先させるか、どのように立ち回らせるかが問われる。


特級兵種(DLC)

トリックスター

成長補正は高いものの、使用できる魔法の回数が半減になってしまうため、回復役本来の立ち回りができなくなる。
苦手な剣を鍛えても得られる対価が、メルセデスからみて大したことは無い。


バトルシスター

格闘は苦手でないものの、力が低いため大したダメージにならないこと。
兵種マスタースキル「格闘回避+20」も活用できない。
更に魔法の使える回数が半減してしまうため、クラスチェンジする意味は無い。


ダークペガサス

兵種マスタースキル「魔力変換」は全能力を+3するため、前衛で戦う場合は積極的に習得したい。
また兵種スキルにもなっているため、もう1つの「黒魔法の達人」と合わせて飛行魔道士としての適性が高い。
更に英雄の遺産「ラファイルの宝珠」を最も活用できる状態になる。
高い機動力から攻撃、回復をこなすことができ、遺産によって耐久面も確保できるが、魔法の射程を伸ばす場合はスキルに頼る形になる。


ヴァルキュリア

兵種スキル「黒魔法射程+1」によって間合いを有利にとれる。
成長補正がダークナイトやホーリーナイトより低いもののクラスチェンジまでの条件が楽。
回復をこなしながら、必要最小限だけ前に出ることで敵を倒す器用な立ち回りもできるようになる。

 

おすすめスキル

()内はどの兵種をマスターすれば良いか示す。

弓殺し(ウォーロック)

魔法を装備している際、弓装備の相手に対して命中と回避を+20する。

魔道士の立場上、射程外から攻撃される弓はまさに天敵。

これを習得することで、射程外からの攻撃を避けて間合いを詰めて倒そう。

弓は離れた場所から攻撃すると命中が下がってしまうので、弓殺しとの相性は抜群である。

 

回復(ビショップ)

毎ターン開始時に自身の最大HPの20%を回復する。

個人スキル「奉仕の喜び」で回復するたびに自身のHPも回復するが、スキを突かれても対処できるように習得する価値はある。

祈りだと幸運%に依存するため、運要素が絡んでしまう。

運に頼らないでメルセデスの生存率を上げるなら迷わずこれを習得させよう。

 

命中+20(アーチャー)

自身の命中に+20する。

攻撃に転じた際役立つスキル。

メルセデスの技はそこまで高くないため、命中を補う意味で大切。

実は武器だけでなく、魔法や計略でも上乗せするため役立つ場面は多い。

後衛にいても、弓兵や機動力の高い飛行系は厄介。

飛行系は兵種スキルに「回避+10」を習得しているため、これを使って確実にこちらの攻撃を当てよう。

 

守りの傭兵術(指揮技能レベルB)

同行している騎士団の消耗を半減させるスキル。

騎士団の消耗具合は連れているキャラのダメージに依存する

つまりノーダメージだと全く消耗しない。

騎士団の壊滅は計略が使えないだけでなく、能力の底上げが出来なくなるため、全てのキャラにとって役に立つスキル。

 

重さ-3(重装技能レベルC)

装備した魔法と防具の重さ合計値から-3する。

このブログではもうおなじみ。

重装は苦手技能だが、個別指導や目標設定、アネットと一緒にグループ課題をこなしたりとコツコツ鍛えることは可能。

メルセデスは力が低く、速さも高くないので、コツコツ鍛える価値は充分にある。

 

戦技「瞑想」(格闘技能レベルB)

最大HPの50%を回復する。
戦技なので、これを選択すると攻撃できなくなるデメリットを持つが、周りに敵がいない状況ならむしろ優先度は高い。
また魔道士ゆえに戦技の枠が空きがちなので、格闘技能が苦手でなければ習得しておいて損はしない。
余裕があれば習得しておこう。

 

魔力変換(ダークペガサス)

敵フェーズで魔法攻撃を受けた際、次の自フェーズ終了まで全能力+3。
メルセデスは魔防が高く、ワザと敵魔道士に突っ込んでスキルを発動しやすい。
回復役に徹しているときはあまり活用できないが、前衛に出るなら絶対習得したい。

 

最後に

メルセデスは得意技能が少なく、苦手技能が多いので、紹介したスキルや兵種以外を習得するにはフリーマップでどれだけ技能と兵種経験値を積めるか、どれだけ個別指導や目標設定を掲げるかにかかっている。

とは言え回復役ベースで働かせた場合、紹介したスキルで事足りるので、無理やりあらゆる兵種をマスターさせずに、必要な兵種をマスターさせつつ、効率よくレベルアップさせたほうが戦場で活躍できるだろう。

聖女にするか、魔法乙女にするかはあなた次第。

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング