謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 ディミトリ おすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20191017221002j:image

今作の正統派主人公?

3人の級長のうちシリーズの伝統になっている「マスターロード」の名を継ぐもの。
青獅子の級長であるディミトリの紹介と解説を記載する。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

ファーガスの次期国王が級長として士官学校へ。

主人公の言葉を借りるなら、好青年だがどこか陰りのある人物で、発売前に発表された5年後の彼を見るとその陰りが前面に出ている感じ。

実際青獅子の学級の担任になれば、ディミトリの陰りと葛藤、そして成長を見ることができる。

ここで詳細を記載してしまうとネタバレになってしまうため、実際にその目で見て欲しい。


ステータス

シリーズ経験者にわかりやすく言うと戦士がロードになった感じ。
力基準で他のステータスを見ると、低すぎると感じてしまうくらい。
力を除いてステータスを見るとバランスが良いので、力の伸びがいい意味でおかしいのだ。

ただ成長率の運が悪いと技や速さも低くなってしまうので、これらの成長率を下げる重装や騎馬系へのクラスチェンジは必要最低限にとどめたほうがいいだろう。

耐久面は前衛系の割に守備が低く、高い力を活かして敵をせん滅しようと前へ出すと、あっという間に返り討ちに合うくらいの体感。

魔防に関しても伸びは高くなくメーンキャラ補正もあり、敵魔道士の的になりやすく、上手く立ち回らないとやられてしまう。

 

技能解説

得意技能は剣、槍、指揮に加え、才能開花する馬術の4つ。
今作の槍は耐久度が最も低く、鉄の槍は耐久度が30しかない。
青獅子の学級だとディミトリだけでなく、シルヴァンやイングリットもデフォルトは槍の使い手なので、鋼以上の武器を使えるようになるまでは武器不足にならないように気を付けないといけない。
1部の中盤で耐久力が50もある「死神の鎌」(鎌だが槍扱い)を入手できれば資金面も楽になる。
ただ得意技能だけで見ると、ロードやソードマスター、パラディン系統しかクラスチェンジできなくなる。

パラディンの兵種マスタースキル「聖盾」は魅力的な一方で他の習得スキルが乏しくなりがち。

今作は竜騎士や重装系は斧技能を上げないとクラスチェンジできなくなっている。

そしてディミトリはその斧が苦手技能になっているため、他の前衛系キャラよりスキルの習得が限られてくる。

何回もフリーバトルに出撃できるのであれば、無理やり技能レベルを上げることも可能だが、そうでない場合は他の前衛キャラとは違う立ち回りになるため、注意して指示したい。
他に苦手としている技能は理学だが、ディミトリの魔力は低いため気にする必要はない。


兵種解説

剣士系

勇者(上級種)

斧を無理やり鍛えないとクラスチェンジできない。
ステータスや移動力に魅力は無いため、兵種マスタースキル「力の覚醒」が必要なければ存在を忘れていい。


ソードマスター(上級種)

力が高いことと剣が得意技能、そして専用戦技「流星」との相性も良いため活躍が十分見込める。
……が同じ学級内にフェリクスがいるため移動力5しかない剣士を増やしても機動力がガタ落ちするため、わざわざクラスチェンジする必要はないか。


アサシン(上級種)

森系の移動コスト0と速さを補える利点はあるが、そのぶん力が落ちる。
兵種スキル「忍び足」で級長補正の的になりやすさを消すことは可能。


騎馬系

パラディン(上級種)

移動力8と高いステータス、そして兵種スキル「槍の達人」「地形耐性」と兵種マスタースキル「聖盾」と魅力的な面が多い。
しかし速さの成長率に下降補正が働くため、運が悪いと鈍足キャラになってしまう。

ディミトリ自身速さの成長率はそこまで高くないので、速さが低い場合は控えるべきか。


グレートナイト(最上級種)

無理やり斧技能を鍛えないとなれない兵種。
ディミトリの場合アーマーな分守備は高いが、他はパラディンの劣化になってしまう。
パラディンでも力は十分高く、速さの下降補正も同じ。
兵種マスタースキル「守備の覚醒」が必要なければ、これも存在を忘れていい。


ボウナイト(最上級種)

弓を鍛えないとなれない兵種。

高い機動力と兵種スキル「弓射程+2」による4マス離れたところからの攻撃は魅力だが、兵種成長率の補正は低め。

階段や荒れ地など騎馬系の機動力が削がれない戦場での活躍は期待できそう。


飛行系

ドラゴンマスター(最上級種)

無理やり斧技能を鍛えないといけないが、オススメな兵種。

高い機動力やもともと高い力に加え、速さや守備も他の兵種より高めになる。

魔防を苦手としているのはどの兵種でも変わらないため、それと弓に気をつければOK。
槍と違って斧は威力と耐久が高いため、縦横無尽に暴れることが可能。


その他歩兵系

スナイパー(上級種)

移動力が5しかないものの、兵種スキル「弓射程+1」と専用戦技「ハンターボレー」は優秀。
ただ弓を鍛え上げないといけないほど、敵に飛行系がわんさかいるわけでもないので、わざわざクラスチェンジする必要はないだろう。


ウォーマスター(最上級種)

無理やり斧技能を鍛えないといけない兵種。
兵種スキル「斧の達人」「格闘の達人」「必殺+20」と兵種マスタースキル「切り返し」、更に専用戦技「戦鬼の一撃」を兵種マスターすると習得する。
ディミトリのステータスとウォーマスターの相性はいい。
ただウォーマスターにしなくてもディミトリの場合活躍が見込めるので、わざわざクラスチェンジする必要性は低いか。


踊り子(白鷺杯優勝)

本人は代表になることを拒んでいるのもあり、踊り子にさせても活躍は見込めないだろう。
ディミトリの高い力を活かすなら、むしろ踊られる立場になったほうが活躍できるのは明白。


マスターロード(専用兵種)

シリーズといては珍しい槍歩兵系最上級種。
専用兵種で槍歩兵系は「聖魔の光石」のエフラム以来で、最上級種ではシリーズ初。

EP16開始すると無条件でクラスチェンジできるため手間がかからない。

それに加えマスターロードの成長補正も悪くなく、移動力も6で兵種としてのスペックもいい。
専用戦技「幻月」は攻撃後1マス前進する。
槍専用なので耐久値が減ってしまうのは痛いが、歩兵系にとって1マス進めることの意味はとても大きいので、ここぞという場面で使える。

得意技能だけを鍛え上げても安定した活躍できるようになっているため、初心者向けのメーンキャラと言えるだろう。


スキル解説

()内は習得条件を示す。※兵種の場合はマスタースキルを指す。
先述した通り、ディミトリは初心者でもマスターロードで十分活躍できる。
習得スキルも、「槍の達人」「槍必殺+10」「槍術Lv」「聖盾」「技+4」でOK なのだが、詳細は後述。


槍の達人(槍技能レベルS+)、槍必殺+10(槍技能レベルS)、槍術Lv5(槍技能レベルA+)

槍装備時に攻撃を+5(槍の達人)、必殺を+10(槍必殺+10)、命中と回避を+15ずつに必殺回避+10(槍術Lv5)と性能を底上げするスキル。
槍をずっと使っているうちに習得できるため、おのずと強くなることができる。
その途中で習得戦技のうち「魔物突き」が一撃でアーマーを破壊できるためオススメ。


聖盾(パラディン)

技%で発動し、弓と魔法によるダメージを半減する。

魔防が低いディミトリにとってありがたいスキル。

ディミトリは敵の的になりやすいため、少しでもダメージを減らせるこのスキルで救われることも多いだろう。


技+4(馬術技能レベルC)

その名の通り技を+4するスキル。

先述した聖盾の発動確立を上げるだけでなく、命中や必殺をわずかながら上昇させるため、一見地味だが役に立つスキル。

聖盾を習得するうえで必ずと言っていいほど習得できるため手間もかからない点も魅力。


移動+1(馬術技能レベルA+)

その名の通り移動力を+1するスキル。
このゲームをプレイしている人なら、移動力が高いほど有利に立ち回れることを知っているはず。
もしパラディンなどの騎乗系兵種を長く使っていた場合は習得することもあると思うので、相手を凌ぐ機動力で翻弄しよう。


命中+20(アーチャー)

弓技能を鍛えないといけないが、武器攻撃だけでなく計略の命中も+20するため万が一外すリスクも無くなる。
天刻の拍動も使える回数に限りがあるので、無駄遣いしなくて済むことを考えると寄り道の価値はあるか。


待ち伏せ(傭兵)

HP50%以下で発動、相手から攻撃された際に反撃可能なら先に攻撃する。
狙われやすい点と、反撃で倒しやすい点を活かしたスキル。
直接攻撃しかしか来ない敵だらけ、かつ一撃で倒せる敵に対して無双できる。
しかしこの状況を作り、維持できる場面は限定されがち。
反撃を経った一撃で倒すにはディミトリの力でも難しいため、他のスキルや武器の錬成による強化をしたい。


最後に

今回は初心者でも使えるスキルを紹介したが、これらでも活躍できるだろう。

エーデルガルトの専用兵種は移動力と速さが低いため、活躍が見込めない。

クロードも専用兵種で活躍できるが飛行系のため、対策が必要になってくる。

ディミトリの専用兵種は初心者でも活躍でき、複数あるストーリーの中でもシリーズ王道の内容と言えるだろう。

ストーリーを楽しみながらディミトリの人柄も変化を見守ってみよう。

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング