謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月攻略 イグナーツ おすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20200115225717j:image

観察眼と言う名の千里眼……だと!?

今作唯一の眼鏡をかけているので、目が悪いはずなのに命中を上げる個人スキルを持つ矛盾……。
そんな妙な立ち位置なイグナーツについて解説する。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html


キャラ解説

商家の次男として生まれ、騎士になるために士官学校へ入学する。
しかしそれは父の意向で、本人は絵を描くことが好き。
その腕前は称賛をもらうほどで、人物から風景画まで幅広いジャンルの絵を描ける。
性格は良く言うと優しくて周囲に気を使え、悪く言えば引っ込み思案で流されやすい。

今作唯一メガネをかけているが、ペトラ曰く英雄の遺産と同じく、選ばれた人しかかけることができない特別なものらしい。
(メガネはその人の目に合わせて度数を変えて作るため、ペトラの言っていることもあながち間違いではない)


ステータス

f:id:Mark-LXiii:20200116184521j:image

一見すると地味なステータスだが、幸運はシャミアと同一1位。

技と速さも高めで、実はベルナデッタアッシュシャミア(デフォルト弓使い)の中で最も耐久がある。

力もイングリットと同じ成長率なので、意外と悪くないステータスをしていることがわかる。
ただしあくまでもデフォルト弓使いの中での話。
魔道士に転身しようにも魔力の伸びが低いし、前衛に転身しようものなら力と守備不足。

つまり弓から転身させると中途半端になりがちなので、転身したいなら何らかのサポートが必要になる。


紋章

平民のため無し


個人スキル

観察眼

命中+20の効果を持つ。
敵に回ると厄介この上ないスキルだが、仲間だと非常に頼もしい。
お陰で序盤から終盤、更にはルナティックでも命中の安定は保証されているため、他のスキルを選ぶことができるようになる。
唯一の欠点は技能経験値をフリー出撃で稼ごうとすると、壊れたり錆びた武器でも当てやすくなるため、敵があっさり倒れてしまうことである。


習得魔法

()内は習得する技能レベルを示す

黒魔法は「ブリザー(D)」「シェイバー(C)」「フィンブル(A)」
白魔法は「ライブ(D)」「リザイア(D+)」「リブロー(C)」「Mシールド(B)」。


特に強力な魔法を習得せず、デフォルト魔導士キャラよりも魔力が低い。

とは言え力と魔力の成長率がほぼ同じなので、工夫次第では魔道士としての活躍は可能。
魔道士として活躍させるなら、低い魔力で攻めるよりも「リブロー」や「Mシールド」を駆使したサポート要員のほうがいいだろう。


技能解説

得意技能は剣、弓、指揮と才能開花する理学(スキル「力封じ」を習得)の4つ。
指揮を得意にしている数少ないキャラ。

指揮レベルが上がると、強い騎士団を同行できるので、騎士団補正により低めの攻撃力を補うことができる。

前半~中盤辺りは周りより強い騎士団を同行させられるため、戦場でも頭角を現わせる。


苦手技能は飛行のみ。
クロードと同じく空から矢を放つためには、個人指導などで辛抱強く技能経験値をためないといけない。
無理に経験値をためなくても、イグナーツにしかできないことをすればいいので、苦手な飛行技能を鍛える必要は無い。


兵種解説

歩兵系

勇者(上級種)

過去作と違い能力が高くない上に、移動力が5で成長補正もソードマスター以下のため、兵種マスタースキル「力の覚醒」を習得したい人が一時的にクラスチェンジする兵種。


ソードマスター(上級種)

技と速さが高いため意外と歴代ソードマスターのような活躍が可能。
しかしデフォルト剣士のフェリクスと比較すると、力の成長率が低い上に紋章の効果もないため、攻撃力は全く期待できない。
兵種マスターしてもスキルを習得できるわけではないため、わざわざ剣の技能レベルを鍛えてクラスチェンジする価値は無い。


アサシン(上級種)

ソードマスター同様に攻撃力は期待できないが、高めの技と速さのお陰でアサシンとしての機能は成り立つ。
また兵種補正のお陰で、より技と速さの成長率が良くなることも利点。
兵種マスタースキル「滅殺」(技÷4%で一撃で敵を倒す)は元々の発動確立が低いため、発動確立はたかが知れている。


エピタフ(最上級種)

剣と才能開花した理学を鍛えればクラスチェンジ可能。
習得魔法のスペックが低いため、相手によって武器と魔法を使い分けないと活躍は難しい。
また今作は原則的に使用武器の制限が無いので、飛行系の敵に対しては弓で攻撃するなど、柔軟な立ち回りが求められる。


スナイパー(上級種)

兵種スキル「弓射程+1」のお陰で移動力5でも活躍は可能。

兵種マスターで習得する専用戦技「ハンターボレー」は低めの攻撃力を補える。

成長補正も技と幸運を上昇させるため、上級種解禁段階ではオススメ。
一方で広大な戦場が待ち受ける2部で、移動力の低さをどのように補うか手腕が問われる。


フォートレス(上級種)

壁役はできないため、兵種マスタースキル「大盾」の習得や、フリー出撃での重装技能経験値を稼ぐ目的でしかクラスチェンジしないだろう。


ウォーマスター(最上級種)

兵種スキル「必殺+20」と、力の成長補正が+15%なのが魅力的。
しかし斧と格闘の技能レベル両方ともを地道にA近くまで鍛えないといけないため、オススメするかと言われたらしない。
成長補正が加わってようやく力が50%になるので、乱数次第では苦労が水の泡に。
ロマンはあるものの、追い求める価値は無いだろう。


ウォーロック(上級種)

ウォーマスターと同じく乱数に恵まれると、魔導士に転身して活躍が見込める。
それでも最も威力の高い魔法が「フィンブル」なので、デフォルト魔道士のように暴れられるかと言われたら、脳筋プレイでは無理。

移動力4で魔法の射程距離も2しかないので、騎士団やスキルなどのサポートを駆使して、ポテンシャルを引き出すことで第3、第4の魔道士として活躍が見込める。


ダークビショップ(特殊上級種)

兵種スキル「呪縛」(隣接する敵の回避-20)を活かしたサポートをしたくても移動力4ではほぼ何もできない。
兵種マスタースキル「生命吸収」を習得したら他の兵種にクラスチェンジしたほうが無難。


ビショップ(上級種)

「リブロー」と「Mシールド」を使えるため、兵種スキル「白魔法回復+10」「白魔法使用回数×2」を合わせると遠距離の回復兼魔防を上げるサポート要員として活躍できる。

一定の活躍は見込めるが、エース級の活躍はできないため、回復要員が足りない場合に頼ろう。


踊り子(白鷺杯優勝)

サポートがイグナーツの仕事になりがちなので、いっそのこと完全サポート型の踊り子にする選択肢も出てくる。
魔法が使える兵種なので、遠距離回復も可能で近距離では回復、魔簿上昇、再移動とサポートに特化、更に「剣回避+20」も活かせる。
欠点は個人スキルを活かす機会が激減することと、成長補正が低いこと。


騎乗系

パラディン(上級種)

クラスチェンジまで若干手間取るが、パラディンの成長補正は高いので悪くない。

全体的に守備が低いものの、弓を装備させれば、高い機動力を活かして活躍ができる。

兵種マスタースキル「聖盾」も技が高めのイグナーツと相性が良い。
また兵種スキル「地形耐性」は地味ながらどんな地形にも突撃できる強さがある。
ローレンツやレオニーと比べるとステータスはやや劣る印象を抱くが、2人にはない命中の安定さがある。


グレートナイト(最上級種)

低い守備を補いつつ、機動力を手に入れられる。
守備はあくまで補う程度。
そのため盾になることはできない。
成長補正はパラディンより低いため、守備に拘らなければ、兵種マスタースキル「守備の覚醒」をさっさと習得して、他の兵種にクラスチェンジしたほうがいい。
ちなみにこの兵種では重装を鍛えることができるものの、馬術を鍛えることはできない。


ボウナイト(最上級種)

デフォルト兵種の最上級種。

移動力8と兵種スキル「弓射程+2」を活かした超広範囲から、個人スキルによって命中が安定した攻撃を繰り出せる。

成長補正は低いものの、スペックは高いので十分活躍できる。
弓をメーンにして戦う場合、攻撃範囲のボウナイト、攻撃重視のスナイパー、成長補正の高いパラディンの3択になるだろう。


ダークナイト(最上級種)

移動力7から魔法を放てるものの、正直ボウナイトのほうがクラスチェンジしやすく、使い勝手も良いので優先度はあまり高くない。
習得する黒魔法も3種類のみなので、使いどころを間違えると初級の「ブリザー」や武器での攻撃を余儀なくされる。


ホーリーナイト(最上級種)

正直ボウナイトのほうが使いやすい。
移動力7と遠距離回復「リブロー」の相性は良いが、使用回数が5回しかないため気軽に使えない。
兵種スキル「白魔法の達人」も「リザイア」にしか恩恵がないため微妙。
「地形耐性」もパラディンが習得するため、よほど「リブロー」を活かそうと思わない限りクラスチェンジはしない。


スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す

命中+20(アーチャー)

文字通り命中を+20する。
個人スキルと効果が重複するため、これを習得するとえげつない命中率になる。
確実に攻撃を当てたい人は習得しておくと安心できる。

 

鬼神一撃(ブリガンド)、
魔神の一撃(メイジ)

攻撃を仕掛ける際に前者は力+6、後者は魔力+6する。
低い攻撃力を少しでも補えるスキル。

高めの速さを活かして弓や魔法を使って敵の間合いの外から攻撃する際、追撃できれば最大12ダメージを加算できる。

 

力封じ(理学才能開花)、
魔防封じ(ダークナイト)

戦闘後、相手の能力を次の自フェーズまで低下させるスキル。
前者が力-6、後者が魔防-6。

鬼神や魔神の一撃と相性が良く、先に攻撃を行ってダメージを与えつつ弱体化して他のキャラで止めを刺す。


蛇毒(ダークマージ)

戦闘後相手のMaxHPの20%分追加ダメージを与えられる(撃破は不可能)。

一撃シリーズや封じシリーズと相性が良く、ボスや巨大魔獣と敵対するときに先鋒として攻撃することで、後続の負荷を減らせる。
個人スキルで命中も安定しているため、確実にサポートが可能。

 

大盾(フォートレス)、
聖盾(パラディン)

技%の確率で、前者は剣、槍、斧、格闘、魔物の攻撃を、後者は弓と魔法の攻撃を半減できる。

技が高めなキャラなので、せめて聖盾だけでも習得しておけば、弓や魔法で間接攻撃をメーンにした際役に立つ。

 

待ち伏せ(傭兵)、
怒り(ウォーリアー)

HPが50%以下の時に攻撃されると発動、前者は先に攻撃ができるようになり、後者は必殺+50。
鬼神と魔神の一撃と相性は悪いものの、反撃時の攻撃を無理やり上げられるスキル。
技が高めなので習得の価値はある。


生命吸収(ダークビショップ)

こちらから攻撃を仕掛けて敵を倒した際に与えたダメージの半分を吸収(回復)できる。
錬成やスキル、騎士団のサポートありきになりがちだが、HP管理を自分自身でできるようになるため、強力なスキル。
しかし男性限定且つ習得できる人数に限りがあるため、誰に習得させるか吟味したい。

 

重さ-3(重装技能レベルC)、
重さ-5(重装技能レベルA+)

武器、魔法や防具の重さを合計した値から数値分軽くする効果を持つ。
イグナーツの力はあまり高くないため、攻速の影響を受けやすく、せっかく高めの攻速を殺しかねない。
高めの攻速を確保するためにも、習得しておきたい。


最後に

幅広い可能性を持つキャラではあるが、結局のところ弓によるサポート役に徹したほうが全体の戦闘力が高くなる。
ビショップと違い、必須な役割ではない上に地味な役どころではあるが、イグナーツにしかできない立ち回りを存分に活かしてみてはいかがだろうか。
これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング