謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月攻略 リシテア おすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20200110174409j:image

魔力さえあれば十分

金鹿の学級に所属するリシテアは生徒の中で最年少ながら類まれなる魔道の力を持つ。
今回はそんな魔法少女のポテンシャルを最大限引き出す方法を記載する。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html


キャラ解説

全学級の最年少。
年少ゆえの性格なのか子ども扱いされることを嫌っている。
とは言え、夜の修道院を一人で歩けないほどお化けが苦手。
合間を見つけてはコッソリ食べて至福のひと時を過ごすほどお菓子が大好き。
背も他の生徒より低いと三拍子揃っているので、皆から子ども扱いされない日はなかなかやってこなさそう。
またお姉さんの立場になれたり、大人っぽくなれると、とても嬉しそうにするところも子どもっぽく見られてしまうのだろう。
コーデリア家の一人娘できょうだいがいないかったので、単純に憧れもあるのかもしれない。
本人は必死で魔道を究めようとしている努力しているので、天才と言われ努力を蔑ろにされることを嫌っている。


ここだけの話、実はペトラと同い年。


ステータス

f:id:Mark-LXiii:20200110175242j:image

魔力は全キャラトップ、技はクロードとトップタイ、速さも高水準を誇りこの3つがしっかり成長すれば活躍できる。

耐久面をはじめ幸運や魅力もない女だが、「テュルソスの杖」を装備させることでリシテアのポテンシャルを引き出せる。

「テュルソスの杖」はグロンタース家に伝わる英雄の遺産で、攻撃魔法射程+2の効果を持つ。


リシテアにはグロンタースの大紋章が宿っているため、紋章一致で杖の効果(一定の確率で「大盾」「聖盾」が発動)を引き出すことが可能。

ローレンツは小紋章の為、充分に引き出すことができず、他の紋章持ちの魔道士キャラは攻撃魔法の射程は伸ばせるものの、紋章一致の効果は発動しない。


つまり敵の射程外から強力な魔法攻撃でせん滅できるキャラだが、杖が無いと紙耐久が露呈してしまうため、必然的に防具が確定するキャラである。


紋章

カロンの小紋章

戦技を使用した際に、たまに5ダメージを加算。
魔法をメーンに戦うので、この紋章ははっきり言って不要。


グロスタールの大紋章

魔法攻撃をした際に、まれに5ダメージを加算。
リシテアは魔法で攻撃するキャラなので、この紋章と相性が良い。
先述したが「テュルソスの杖」に秘められたポテンシャルを完全に引き出せるキャラ。


個人スキル

「天才」

戦闘で手に入る技能経験値が2倍になるため、実戦経験で強くなるタイプ。

つまり苦手な槍や斧も、装備させた状態で副官で戦えば無理やり技能経験値を稼げる。

教育指導で入手できる経験値は従来通りだが、アーマーナイトになれれば、効率よく技能経験値を稼ぐことができる。


習得魔法

()内は習得する技能レベルを示す

リシテアは闇魔法と白魔法を習得する。
闇魔法は「ドーラΔ(D)」「ウォームΖ(D+)」「ルナΛ(C)」「ダークスパイクΤ(B)」「ハデスΩ(A)」
白魔法は「ライブ(D)」「リザイア(D+)」「エンジェル(C)」「ワープ(B)」「アプラクサス(A)」


ウォーロックと闇魔法の相性は良くないうえに、リシテアは見ての通り女性なのでダークビショップにクラスチェンジできない。

そのため必然的に目指す兵種も決まってくる。
白魔法も回復魔法は「ライブ」しか習得しないため、超攻撃型の魔道士なのは一目でわかる。


技能解説

得意技能は理学、信仰と指揮に加えて才能開花する剣の4つ。

ステータスや習得魔法、得意技能を考慮すると、前衛で武器を持って活躍するのは自殺行為。

魔法武器が存在するものの、数を用意するのは容易でないため非現実的。
魔道系兵種のほうが活躍できるだろう。


苦手技能は槍、斧と重装に才能開花する前の剣。
才能開花後でも槍と斧が苦手なため、ほとんどの前衛兵種にクラスチェンジしづらい。
しかし他のキャラと違って、個人スキルを活用して強引に技能経験値を増やせるため、指導と実践を上手に活用してほしいスキルを習得しよう。


兵種解説

歩兵系魔道士

ウォーロック(上級種)

デフォルト兵種なのだが、闇魔法を使うリシテアにとって相性は悪い。

兵種スキル「黒魔法の達人」「黒魔法使用回数×2」の効果を受けないからだ。

成長補正によって魔力がとんでもなく高くなることと、兵種マスタースキル「弓殺し」を習得できるので、クラスチェンジする価値はある。


ビショップ(上級種)

回復魔法が「ライブ」のみなので、この兵種にする利点はほとんど無い。
強いて挙げれば兵種マスタースキル「回復」が習得できるくらいである。


エピタフ(最上級種)

剣を才能開花させると比較的楽にクラスチェンジできるが、兵種スキル「剣の達人」「黒魔法の達人」との相性は悪い。

成長補正も速さが下がってしまい、兵種マスタースキルも「明鏡の一撃」なのでクラスチェンジする価値はほとんど無い。


グレモリィ(最上級種)

先述した歩兵系魔道士はどれも適正が低いので、消去法で考えてグレモリィ一択になる。

兵種スキル「闇魔法使用回数×2」「白魔法使用回数×2」はリシテアの強力な魔法の使用回数を倍にでき、兵種マスタースキル「魔力の覚醒」を習得するため優秀。

リシテアは遠距離魔法を習得しないので、全体からみて低い移動力5をどのように補うかが重要になる。
ちなみにワープの使用回数も2回に増えるため、移動力の低い他のキャラをサポートすることができる。


踊り子(白鷺杯優勝)

踊り子でも高い魔力がキープでき、8種類の攻撃魔法を習得するため、全く攻撃できないシチュエーションはまず来ないだろう。
グレモリィと比べると成長補正が劣ってしまうものの、自身の移動力6に加えて再移動による仲間のサポートができる。

魔力の成長率は成長補正無しでも高いため、初期の魔法でも充分倒せることも多い。
そして移動力も6に増えることから、他に踊り子候補がいなければ、候補にあがってくる。

 

騎乗系魔道士

ダークナイト(最上級種)

苦手な槍技能をC近くまで上げないといけないものの、

移動力が7になるうえに、唯一兵種スキルに「闇魔法の達人」を習得している。
つまり機動力と攻撃面を強化でき、超攻撃型のリシテアが誕生する。

遠距離魔法を習得できないリシテアにとって、攻撃回数が増えるので、活躍の機会も増える。
見た目に難ありという苦情は今回受け付けないので悪しからず。


ホーリーナイト(最上級種)

ダークナイトと同じく苦手な槍技能をC近くまで上げないといけないものの、
移動力が7と優秀で兵種スキルに「白魔法の達人」「地形耐性」を習得している。
「エンジェル」と「アプラクサス」は攻撃型の白魔法なので、ダークナイトほどではないが達人スキルの恩恵を受けられる。

ダークナイトには無い「地形耐性」を活かして計略で火の海と化した戦場にも臆せず進める強みを持っている。


スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す

弓殺し(ウォーロック)

魔法を装備している際に、弓装備の敵と戦う際に命中回避+20。
殆どの敵は間合いの外から攻撃できるが、スナイパーやボウナイトは同じ間合いで戦うこともある。

リシテアの守備は全キャラ最低なので、一撃が致命的なダメージになることもあり得るため、攻撃が当たらないようにしたい。


魔神の一撃(メイジ)

スキルの効果は攻撃を仕掛ける際に魔力+6。
リシテアは魔力が高いため一見不要に見える。
しかしソードマスターや魔道士にペガサスナイトを相手にする際、このスキルが活きてくる。

膨大なHPを誇る巨大魔獣相手にも、一撃で屠れる可能性が増すので、有効な場面は思っている以上に多い。


闇魔法の達人(理学技能レベルS+)

闇魔法を装備した際に与えるダメージを+5
地味なスキルだが、確実にリシテアの攻撃力を上げられる。

他のスキルと異なり、ただ闇魔法を使っていれば個人スキルの効果も相まって習得できる強みがある。


闇魔法射程+1(理学技能レベルS)

文字通り闇魔法の射程を+1するスキル。

「テュルソスの杖」と合わせれば、射程を+3にすることが可能。

つまりボウナイトの射程外から攻撃できるようになる。


待ち伏せ(傭兵)

最大HP50%以下で敵から攻撃されたときに発動、先に攻撃を仕掛けることができる。
剣は才能開花対象なので、習得には困らない。

リシテアの紙耐久を利用してHPを減らし、高い魔力で敵を一撃で倒すスタイル。

ただ倒しきれないときは、リシテアが危ないのでどれだけ魔力や必殺を高められるかが鍵になる。

 

魔力の覚醒(グレモリィ)

最大HP25%以下になると魔力を8加算する。

死と隣り合わせになるが、リシテアの攻撃力を上げられるため、紹介したどのスキルとも相性が良い。

ただ次に攻撃を受けるときは間違いなく倒されてしまうので、立ち回りには細心の注意が必要。


重さ-3(重装技能レベルC)、重さ-5(重装技能レベルA+)

魔法や防具の重さを合計した値から数値分軽くする効果を持つ。

力の成長率が低いリシテアにとって上級の魔法を使うと攻速に影響してしまう。

その影響を軽減するためにも、苦手な重装技能だが習得しておきたい。

 

戦技「瞑想」(格闘技能レベルB)

最大HPの50%を回復する。
戦技なので、これを選択すると攻撃できなくなるデメリットを持つが、周りに敵がいない状況ならむしろ優先度は高い。
また魔道士ゆえに戦技の枠が空きがちなので、格闘技能が苦手でなければ習得しておいて損はしない。
余裕があれば習得しておこう。


最後に

リシテアの耐久は紙当然だが、多くの敵を一撃で屠れるほどの強大な魔力とそれをサポートできる技と速さを身につけられるため活躍できる。
個人スキルのお陰でどんな兵種やスキルも他のキャラより習得しやすい利点や、「テュルソスの杖」の効果を十分に発揮できる恩恵もあるため、紙耐久でも活躍が見込める。
紹介したスキルも「重さ-3or-5」以外は得意技能だけで習得できるスキルなので、リシテアの強さを知っている人もまだ知らない人も活躍させてはいかがだろうか。
これからもどうぞよろしく