謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月攻略 レオニー おすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20200204184605j:image

見ててよ、師匠‼︎

前衛として非常にポテンシャルが高く、活躍させやすいキャラ。

汎用性が高く、特殊なスタイルでなくても活躍できる強さがある。

今回はそんなレオニーの解説と活用法を紹介。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

同盟領にあるサウィン村の出身。

士官学校には村に借金をして入学したため、それを返すために倹約した生活を送っている。

 

見た目から想像できると思うが、女子力は0で同じ学級のヒルダとは真逆。

お洒落に気を使う暇があれば勉強に打ち込む性格で、自身の女子力が低いことを自覚している。

自覚しているが、シルヴァンに声をかけられないことを気にしたり、恋慕のことになるとしどろもどもになる一面もある。

 

ステータス

f:id:Mark-LXiii:20200208051428j:image

魔防以外のステータスに注目するとあのイングリットより優れていると言っても過言ではない。

魔力と魔防以外の成長率が40%以上と高水準なので、よほど運に恵まれない限り活躍できるだろう。
速さがペトラ、イングリット、ツィリルと同じトップタイ、技もクロードとリシテアのトップコンビに次いでカトリーヌと同着。

低い魔防をどのようにして補うかが課題になる。


紋章

平民のため紋章を持っていない

 

個人スキル

負けず嫌い

味方男性キャラと隣接しているとき、自身の与えるダメージ+2かつ受けるダメージ-2。
レオニーは前衛キャラなので、同じ金鹿の学級ではローレンツやラファエル、クロードと共に戦う機会が多いだろう。
特にクロードの得物である弓との相性は良く、クロードで敵の体力を減らしてからレオニーで止めを刺す基本的なスタイルで個人スキルを発動できることが強み。

ヒルダシルヴァン→レオニーと攻撃を繋ぐと全員の個人スキルを発動させられる。

多少敵から狙われる位置から攻撃をしても、個人スキルさえ発動していれば耐えることも可能。

更に同じ効果を持つシルヴァンと隣接させると双方を強化できる。

わざわざ個人スキルを発動させるために特別な戦略を練る必要がないのはありがたい。


習得魔法

()内は習得する技能レベルを示す

黒魔法は「ファイアー(D)」「ボルガノン(C)」「ライナロック(A)」
白魔法は「ライブ(D)」「リザイア(D+)」「リブロー(C)」「レスト(B)」


習得する魔法の質は思いのほか悪くないが、魔力の成長率が低いため使用する機会はほとんど無いだろう。
強いて言えば「レスト」による毒や弱体化の回復ができるようになるとありがたいくらいか。


技能解説

得意技能は槍、弓、馬術の3つ。
得意技能が3つしかなく、これらを全て活かすとなれる最上級種もボウナイトしかない。
苦手技能が無い数少ないキャラクターなので、この利点を活かして技能レベルを上げたほうがいい。


兵種解説

歩兵系

ソードマスター(上級種)

技と速さだけでなく力や守備も高いので、従来のソードマスター以上の活躍が期待できる。
しかしデフォルト剣士のフェリクスと比べると、紋章による効果と英雄の遺産「アイギスの盾」を使いこなせるため見劣りしてしまうのが残念。
移動力5も広い戦場だと戦う機会が減ってしまうためマイナス評価になってしまう。


アサシン(上級種)

ソードマスターの欠点である移動力は6と解消され、森の地形に対して移動コストが発生しないことも大きい。

兵種マスタースキル「滅殺」(技÷4%で敵を倒す)も高い技のお陰でそこそこの発動率。
低い魔防も兵種スキル「忍び足」(敵から狙われにくくなる)のお陰である程度は補えるため相性は悪くない。


スナイパー(上級種)

同じ学級のイグナーツと比べると魔防と命中率が低い(イグナーツが高すぎ)ものの、他の能力はレオニーのほうが高いため、「近接反撃」を活用した前衛系スナイパーとして活躍できる。

移動力は5しかないが、兵種スキル「弓射程+1」のお陰で歩兵系の中では広い攻撃範囲を誇り、兵種マスタースキル「ハンターボレー」を活かせば大ダメージも期待できる。


フォートレス(上級種)

速さが高いため、この兵種についても高めの攻速が期待できる。

更に力と守備が高くなるため、デフォルトでフォートレスになるキャラより使いやすい。
しかし他の兵種と比べると速さが段違いに下がってしまうことと、移動力が4しかないので、レオニーのポテンシャルを考えると盾職にするのは勿体無い。


ウォーリアー(上級種)

技と速さがヒルダより高いため、命中や追撃に期待できる。
とは言え兵種自体が上級種止まりなので、兵種マスタースキル「怒り」を習得したら、他の兵種にクラスチェンジしたほうがポテンシャルを活かせるだろう。


踊り子(白鷺杯優勝)

個人スキルの特徴やレオニーの成長率を考慮すると、踊り子だと成長補正が殆ど無いため、ポテンシャルを引き出す上で勿体無い。
「剣回避+20」を習得するので、これを目的としても良いが、踊り子の再行動を使って活躍したい人は他のキャラにした方がいいだろう。

 

騎馬・飛行系

パラディン(上級種)

移動力8、兵種スキル「槍の達人」「地形耐性」と上級種ながらスペックが高く成長補正も高い。

速さの成長率を10%下げてしまうが、レオニーの速さは高いためそこまで気にならない。

兵種マスタースキル「聖盾」もレオニーの高い技を活かして、低い魔防を補えるようになるので理にかなっている。
得意技能だけでクラスチェンジできるフェルディナントシルヴァン、ローレンツより速く、イングリットより力や守備が高くなる。
階段や荒れ地などの地形コストに気をつけよう。


グレートナイト(最上級種)

パラディンより力と守備に優れるが、機動力と速さに劣る。

兵種マスタースキル「守備の覚醒」を活かして、魔道士以外の敵を受け止める壁役として機能できることも。

他の壁役と違い、「切り返し」無しで追撃できるくらいの速さを身につけられる強みがある。

ステータス次第では壁と遊撃を兼任できるようになる。


ボウナイト(最上級種)

移動力8と兵種スキル「弓射程2」から繰り出す攻撃範囲が優秀。
また攻撃射程が4なので、敵から少し離れている味方男性キャラの隣へついて、強引に個人スキルを発動して攻撃できる。

成長補正は低いが、それ以上のポテンシャルが発揮できる兵種。


ファルコンナイト(最上級種)

高い機動力と成長補正を誇る兵種。

レオニーが苦手とする魔防の成長率を補うため、運が良ければすべてにおいて隙の無いキャラになることも可能。

飛行系でも弓を使えるため、対飛行系に対して絶対的な強さを誇る。

持ち前である速さを更に伸ばすことができるため、場合によっては全員の中で最速なることもあり得る。


ドラゴンマスター(最上級種)

ファルコンナイトは速さと魔防の成長補正を上昇し、こちらは力と守備が伸びる。

実はドラゴンマスターも速さの成長補正があるので、魔防以外の能力を高くしたい場合はドラゴンマスターのほうが良い。
しかし魔防が低くなってしまうので、遠距離魔道士の的になってしまうリスクが上がるため対策は必須。


スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す

鬼神の一撃(ブリガンド)

こちらから攻撃をする際に力+6。

仲間の男性キャラが体力を減らした後、レオニーでとどめを刺すスタイルができる。

巨大魔獣やボスと戦う際に、個人スキルと組み合わせて攻撃面を強化をできる。

 

大盾(フォートレス)、聖盾(パラディン)

技%の確率で前者は剣、槍、斧、格闘、魔物の攻撃を、後者は弓と魔法の攻撃を半減できる。

レオニーは技が高いため、このスキルが発動する機会は多い。

更に個人スキルと組み合わせることで更なる耐久を得られる。

 

命中+20(アーチャー)

文字通り命中を上昇させる。

地味なスキルだが弓をメーンに戦う際、弓射程を伸ばす兵種スキルのデメリットとして、本来の射程を1つ伸ばすごとに命中を20下げてしまう。

弓で戦う際は習得しておきたい。

 

各種達人スキル(該当技能レベルS+)

該当武器を装備すると攻撃+5(これは力や武器威力を上昇させない)。

これも地味なスキルだが、とどめ役として確実に倒す上で攻撃力は上げておきたい。

同名の兵種スキルと効果重複する。

 

各種必殺+10(該当技能レベルS)

該当武器の必殺+10。

達人スキルより堅実性に欠けるが、技が高いレオニーにとって期待値は高くなる。

怒りや必殺の覚醒と組み合わせて必殺の発動率を上昇させても良いが、スキル枠の都合上とどめ役として攻撃力を上昇させるスキルを入れられなくなってしまう。

逆を言うとスキルに頼らずともとどめをさせるぶんの攻撃力があれば、必殺の発動率を上げたほうが良い。

 

警戒姿勢(飛行技能レベルB)、警戒姿勢+(飛行技能レベルA+)

攻撃せずに待機した際に回避+15(警戒姿勢+だと+30)。

攻撃すべき敵はいないけど、個人スキルを発動させたいときにこれがあると敵フェーズで集中攻撃を受けても、その攻撃を躱しやすくなる。

飛行系の場合は地形による補正を受けないため、スキルや騎士団でしっかり強化させておきたい。

 

重さ-3(重装技能レベルC)、重さ-5(重装技能レベルA+)

武器と防具の合計した重さを数値分軽くするスキル。

前衛で戦う機会が多いので、防具による強化で攻速に影響してしまい、追撃できなくなることがある。

速さの成長率は高いものの、アサシンやファルコンナイト相手にも追撃してほしいと求めるなら、このスキルを習得させておいたほうがいい。

 

最後に

兵種解説で魔道系兵種を紹介しなかったのは魔力の成長率が低いため、活躍できないと判断したから。
ただレオニーは魔防の成長率が低いため、魔道系兵種の試験に合格すると基礎能力ボーナスで魔防を上昇させるケースが多い。


レオニーのは苦手技能が無いため、技能経験値を取得する余裕があれば狙っていこう。

 

今回のおすすめスキルはとどめ役としての役割を果たすためのものを紹介。

個人スキルを発動させると耐久性も上がるため、HPを一定以下にして発動させるスキルは活用しづらいと思い紹介しなかった。

逆に一定以下でも耐久性が上がっているため倒されにくい利点もあるので、どのように活躍させるか検討してほしい。

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング