謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 リンハルト おすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20190827004536j:image

黒鷲の翼ちぎる白魔道士

セスリーンの小紋章の効果(一定確率で回復量を5増やす)でビショップや、その派生であるホーリーナイトによる活躍が想像しやすい。

しかしリンハルトは黒魔法も得意としており、黒鷲の学級で唯一の黒魔法を習得できる。

今回はそんなリンハルトのおすすめスキルと兵種について記載する。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

「朝寝」や「夕寝」をするほど昼寝が大好きで、時間があれば寝ている一方で、やる気が出てるときは寝る間を惜しむほど打ち込んでいる。
自分なりのやり方でやっていることを強制する、いわゆる土足で踏み入ることを嫌っており、自分に世話を焼かせるエーデルガルトを「教育熱心な母親じゃないんだから」と一蹴するほど。
相手に対して説明する際も、効率が悪かったり、相手のためになってないと判断すると面倒くさがって説明しなくなる。


アドラステア帝国の六大貴族、政務卿のヘヴリング伯と名門の出身だが、当の本人はそのしがらみに全くとらわれず、気ままに過ごしている。
その気ままさにはドロテアに「貴族でもそんな生きかたがあるのか」と言わせたほど。


ステータス

f:id:Mark-LXiii:20191226185523j:image

魅力以外のステータスが30%以上と全体的に高めなのが魅力。

一方50%以上のステータスは0、しかし兵種補正が加わると40%台のステータスは低く感じないだろう。
HPの成長率は30%とイマイチだが、魔道士だけで見比べると平均くらいである。
ちなみに生粋の男性魔道士は他にヒューベルトとハンネマンの計3人で、当たり前だが女性専用兵種のグレモリィにクラスチェンジできない。


習得する黒魔法は「ウインド」「ファイアー」「シェイバー」「ボルガノン」「エクスカリバー」。
白魔法は「ライブ」「リザイア」「リブロー」「レスト」「ワープ」。
先述した紋章の効果による「ライブ」「リブロー」を使い、回復役を担うことが多い。
そして黒魔法も優秀なため、ドロテアやヒューベルトと並んで魔法による攻撃も可能。
しかし2人と違って射程3の魔法を習得しないので、これに関しては魔法射程を伸ばす杖やスキルでサポートすればよい。
更に風魔法の使い手なので必殺が発動しやすく、黒鷲の学級で唯一習得できる風魔法「エクスカリバー」(飛行特効)は是非習得したい。


技能解説

得意技能は理学と信仰。
成長率や習得魔法、そして得意技能から素直に魔導士として指導したほうが活躍できる。
問題はどの魔道兵種にしてどんなスキルを習得させるか。
そのうえで大切なのが苦手技能。
斧と格闘の2つだけなので、スキルによるサポートを行うために必要な技能経験値も苦手技能を無理やり鍛えるときより少なくて済む。


兵種解説

歩兵系

ウォーロック(上級種)

兵種スキル「黒魔法の達人」「黒魔法使用回数×2」と黒魔法に特化した兵種。
デフォルトは白魔法使いだが、習得する黒魔法も「エクスカリバー」をはじめとした風魔法と、威力のある炎魔法を習得するためウォーロックとしても活躍が見込める。

広大な戦場で移動力4がネックになるので、どう補うかが課題。


ビショップ(上級種)

兵種スキル「白魔法回復量+10」「白魔法使用回数×2」「地形耐性」と回復に特化した兵種。
ウォーロックと同じ移動力4だが、遠距離回復魔法「リブロー」を使うことで離れたところからでも十分活躍できる。

魔力の半分がリブローの射程になるため、魔力が高いほど遠くからの支援を可能としつつ、自身近くに現れた増援を「リザイア」で対処できる。
黒魔法でなく「リザイア」で対抗する理由は敵の体力を吸収しながら戦えるため、倒されるリスクを軽減できるから。


「地形耐性」を習得しているので、燃えている場所に止まってもダメージを受けないことは地味ながら助かる。


ダークビショップ(上級種)

兵種スキルは「魔神の一撃」「ドーラΔ」「呪縛」の3つ。
ウォーマスターとほぼ同じ成長補正なので、兵種マスタースキル「生命吸収」を必要としなければ、2つの闇魔法試験パスを他のキャラへ回すことができる。


エピタフ(最上級種)

剣の技能経験値を1から鍛えないとクラスチェンジできず手間がかかる。
兵種スキルは「剣の達人」「黒魔法の達人」と黒魔法の威力が伸ばせて移動力も6ある一方、速さの成長補正を10%下げてしまう。

この利点と欠点を天秤にかけて得だと思ったらクラスチェンジしてもいいだろう。
ちなみに兵種マスタースキルは「明鏡の一撃」(攻撃を仕掛ける際に魔防+6)。


踊り子(白鷺杯優勝)

移動力が6になるものの、それ以外の恩恵は無い。
魔法を使える兵種だが、使用回数や威力、回復量は増えないためオススメしない。


騎乗系

ダークナイト(最上級種)

兵種スキル「黒魔法の達人」で威力を底上げできる。
更に技能経験値ボーナスで「エクスカリバー」を早く習得できることも評価できる。

ここまではエピタフと同じだが、こちらが優れている点は移動力7で再移動可能な機動力を兼ね備えていること。
馬術を鍛えないといけないが、序盤から個人指導や目標設定で長期的に鍛えれば問題ない。
魔法の使用回数が増えないものの、最上級種に慣れる頃には使える魔法の種類も豊富なので、そこまで深刻になる必要はないだろう。

 


ホーリーナイト(最上級種)

ビショップと比較すると優れている点は機動力のみ。
「白魔法回復量+10」や「白魔法使用回数×2」が無いため、回復役としては力不足になりがち。

移動力が7とビショップの倍近くあるため、これを活かして隣接して「ライブ」を使わないと「リブロー」が打ち止めになってしまう。

つまりビショップとは戦場での立ち回りが大きく異なってくる。


スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す

弓殺し(ウォーロック)

魔法を装備している際に、弓装備の敵と戦うとき命中回避+20。
遠距離攻撃で恐れるのは魔法と弓。
魔法は魔防が高いため恐れることは無い。
しかし弓は物理攻撃のため、大ダメージを受けてしまう恐れがある。

それを防ぐために弓殺しで回避を高めて避けてしまう算段。


黒魔法射程+1(黒魔法技能レベルS)、白魔法射程+1(白魔法技能レベルS)

特定の色魔法の射程を1伸ばすスキル。
実は魔法の射程を1伸ばせてHP回復効果をセスリーンの紋章一致で受けられる「カドゥケスの杖」があるため、これで事足りる人は習得しなくても良い。
しかし両者の効果は重複するため、魔法の射程をさらに伸ばしても良い。

射程が4以上になればボウナイトの弓攻撃に対して確実に反撃できるようになるため、弓殺しと相性が良くなる。


重さ−3(重装技能レベルC)、重さ-5(重装技能レベルA+)

魔法と防具の合計した重さを数値分減らすスキル。

今作の攻撃魔法には重さが設定されているので、力が上がりにくい魔道士系キャラにとって攻速の影響は受けやすい。

風魔法は総じて軽いものの、光魔法の「リザイア」がやたら重く力だけで攻速の影響を無くすには40まで上げないといけない。
そんなムキムキにはならないので、このスキルで補って攻速の影響を軽減しよう。


祈り(プリースト)

HP2以上で致死ダメージを受けた際に幸運%で、HP1残して耐える。
リンハルトの幸運は比較的高め(運による)なので、あるとないじゃ大違い。

 
回復(ビショップ)

毎ターン開始時に最大HPの20%回復できる。
「カドゥケスの杖」と相性が良い。
他のキャラの白魔法技能経験値を稼ぐ機会を減らしてしまうが、リンハルトのHP管理が楽になる。


警戒姿勢(飛行技能レベルB)、警戒姿勢+(飛行技能レベルA+)

攻撃せずに待機した際、回避+15(警戒姿勢+の場合は+30)。
関係ない飛行技能レベルを上げないといけない割に回避率の重複させることはできないため、一見無駄に見える。
実は個人スキル「居眠り」(攻撃せずに待機した際、最大HPの10%回復)を同時発動できる利点があるため紹介。


最後に

男性魔道士はグレモリィになれないため、ほかの魔道兵種での立ち回りを要求される。
リンハルトは白魔法も黒魔法も器用に使いこなせるため、今回紹介した兵種ならどれでも活躍できるだろう。


実はフレンと習得魔法や紋章、立ち回りが重複している。
フレンは「リブロー」を習得しないため小回りがきいたり、グレモリィになれないことを逆に活かしても面白いだろう。

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング