謎解きとゲームのブログ

このブログは筆者であるMark-Lxiiiが自身の体験に基づいたことを記載しています。

圧倒的 トネガワ 脱出

f:id:Mark-LXiii:20181230222056j:image

忘年会にぴったりな脱出公演に参加してきました。

それはSCRAPが開催している「悪魔的大忘年会からの脱出」

 

「中間管理録トネガワ」とコラボした謎解き作品で、アナタは「帝愛グループ」の新人黒服。

年に一度の忘年会が開かれるその日に、会長である兵藤 和尊から「つまらん! ワシを満足させる忘年会に60分以内に作りあげなければ、灼熱の鉄板の上で焼き土下座だ!」

危機感を募らせた中間管理職の利根川 幸雄は新人黒服に「会長が喜ぶ宴会芸を披露してもらいたい!」

出来なければ新人黒服も焼き土下座……

(ホームページより転用、原文はこちら)

f:id:Mark-LXiii:20181230230640j:image

今回の公演最大の特徴は至る所にガヤをいれられること‼︎

それは原作でお馴染みの「ざわ……」「僥倖」「コングラッチュレイション」を司会の説明中や謎を解いているときなど随所に盛り込むことができるためです。

通常なら司会の説明中は静かに聞いていることが殆どですが、この公演は逆に「ざわわ……」「ざわざわ……」とガヤを入れることで原作に近い世界観を味わうことができます。

今回は関東で参加しましたが全国で行なっている公演なので、地域によって特色がでるかもしれませんね。

f:id:Mark-LXiii:20181231095517j:image

世界観にもっと入り込みたいかたは「黒服」の格好をすればOK。

今回我々は新人黒服となるため、黒スーツとサングラスをかければより原作の世界観に浸れます。

今回は6人1チームで参加しますが、6人分のチケットがまとめて購入できる「グループチケット」があるので、気心のしれた人達6人で参加する際は全員黒服の格好をするものアリ。

f:id:Mark-LXiii:20181231095529j:image

肝心の謎解きは、原作のアニメが深夜時間帯の放送で内容も大人向け、すると参加する方も大人が多い、つまり謎の質は謎クラでもやりがいのある難易度、となっています。

とすると初心者は殆ど解けずに終わってしまうのでは?

ご安心ください、謎解き公演を楽しんでいただくための「ヒントカード」があります。

これは謎が解けなくてヒントが欲しい際にのぞいてみてください。

欲しいヒントがきっとそこにありますよ。

それでもわからない場合は先輩黒服(スタッフ)からヒントをもらうこともできます。

f:id:Mark-LXiii:20181231100006j:image

そして最後に流れるスタッフロールにも注目してください。

思わぬ人物が出てきてビックリすると思いますよ。

その人物が出てきたとき会場がリアルに「ざわざわ……」して、私も思わずビックリしてしまいました。

f:id:Mark-LXiii:20181231100014j:image

圧倒的世界観、圧倒的窮地、そして圧倒的理不尽から僥倖を掴み取れ!

これからもどうぞよろしく