謎解きとゲームのブログ

没頭している趣味について載せてます

旬架集闘 感想

f:id:Mark-LXiii:20190326135207j:image

謎三昧の1日でした!

伸びしろのある4団体が集結した謎解きイベントに参加した感想を載せます。

※現在終了している公演です。

概要

公演場所

ビジョンセンター田町

公演日

2018年12月29日

プレイ時間

各公演60分(説明解説込みで90分くらい)

プレイスタイル

全てホール型

人数

全て最大6人

 

各公演の感想

SHREDDER 君と見た最後の記憶

f:id:Mark-LXiii:20181230103332j:image

最初に参加したのはCODE5による公演。

 

少女とロボットを題材にしたストーリーで4団体の中で最も儚い内容でした。

 

謎の難易度は最も低い印象で、SNSをみてみると全公演全チーム成功だとか。

実際謎を解くと難易度も高くなく、オーバーキルをしたので、逆に最後の答えが合っているか疑心暗鬼に陥ってしまったくらいでした。

 

前日にトラブルがあったそうで、ここまで立て直したのは流石ですが、大手のSCRAPが同じことをしたら叩かれていたのは目に見えてわかりますし、難易度も最後の謎をもう少し動線を明確にして難しくしても良かったのではないでしょうか。

 

惑星謎 Escape from Unknown Planet

f:id:Mark-LXiii:20181230103343j:image

次に参加したのはEsca PLUGGEDによる公演。

とある惑星に不時着した少女を助けるストーリーでした。

 

この公演は唯一失敗してしまった公演でした。

謎の質が高いだけでなく、最後の謎は動線や理論をしっかりと整えないと答えが導き出せないものだったので、なかなか質の高い公演だったと思います。

また演出も本格的で世界観に浸ることができたので個人的には好きな公演でした。

 

ネクスト ネスト

f:id:Mark-LXiii:20181230103356j:image

3つ目はpolarisによる公演。

2つ目の公演とまさかの宇宙被りでしたが、こちらは自分たちが惑星に不時着、その星の謎を解くストーリーでした。

 

謎に関しては小謎の難易度は高くなく、ストーリーや大謎も動線がはっきりしていたので、悩むことなく解くことができました。

 

印象としては謎解き制作をする上でしっかり基本を押さえていましたが、解く側に回るとその基本が丸見えだったので、上手く隠すことが出来ればもっといい謎になったと思います。

 

KOKUSAIMONDAIからの脱出

f:id:Mark-LXiii:20181230103409j:image

最後はdot zipによる公演。

とある悪者によって仕掛けられた激臭を謎や暗号を解いて無効化するストーリーでした。

 

最後の公演で若干疲れていたところに4公演中最も多い物量で悪戦苦闘しながらもなんとか成功できました。

ただ途中手間取ってしまった場面があったので、もっと余裕のある対面は作れたと思います。

 

この公演もしっかりした世界観があり、茶番劇を入れることで他の公演と違う特色を出せたのは印象に残るのでよかったと思います。

 

最後に

あとは色々と変更や調整があり大変だったと思いますが、全体的な運営が円滑であれば言うことはありません。

 

今回を機にもっといい公演になれば1人の謎クラとして嬉しいですね。

これからもどうぞよろしく