謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

東京ドームシティ×ワンピース脱出

f:id:Mark-LXiii:20190902181738j:image

猛暑日だとツラいので9月を推奨

毎年夏期恒例みなっている東京ドームシティの謎解きはワンピースの映画とコラボ。

普段謎解きから謎クラと幅広い人達に楽しめるようになっていると実際に参加して実感したので、その理由と感想を記載。

概要

開催場所

東京ドームシティ

プレイ時間

3時間〜8時間以上

プレイスタイル

東京ドームシティのアトラクションに乗る周遊型

人数

1人〜

料金

f:id:Mark-LXiii:20190902182924j:image

価格は税込。

小人は小学生以下

公式サイト

https://realdgame.jp/one-piece2019/?utm_source=20190603_event&utm_medium=reald&utm_campaign=onepiece2019

 

プロローグ

映画の世界観をオマージュしたこの公演。

そう、ゴールドロジャーが隠した秘宝を手に入れるために謎を解き明かすのだ。

謎を解くだけじゃなく、麦わらの一味などの海賊と対決することも。

全ての謎を一番先に解き明かしてお宝を手に入れよう!

 

幅広い層が楽しめる仕組み

今回は謎解き要素より東京ドームシティのアトラクションを満喫できる内容になっている。

そのため1人で参加して全てを楽しむならワンデーパスポートが必須になる。

該当しているアトラクションの多くに謎解きや探索が盛り込められており、中にはアトラクションを純粋に楽しむものも。

序盤は麦わらの一味をはじめとした海賊との対決に3勝以上する必要がある。

誰と戦うかは自由に選べるので、全員と戦うことも、好きな相手と戦ったり最小人数で先に進むなど、あらゆるニーズに答えられる形になっている。

 

またやり込み要素として宝探しがあり、宝箱が東京ドームシティに隠されている。

宝箱を見つけるには闇雲に歩きまわると疲れてしまう。

しかし宝箱に場所を示すヒントがあるので頑張って見つけてほしい。

しかしそれでも東京ドームシティの四隅隅々まで歩く勢いなので長期戦は確実。

暗くなると探しにくくなるため、朝一から参加することをオススメする。

 

謎解きの感想

この公演の3年前に開催された「黄金遊園地からの脱出」と難易度で比べると、こちらのほうがライトになっている。

ワンピースが小さな子どもに人気なことと、謎解きが普及している影響で初心者にも楽しめるように調整したからだろう。

序盤の対決形式は、1人で全員と戦うにはワンデーパスが必要。

3人以上なら分担すれば、5回アトラクション券で足りるようになる。

対戦する海賊も好きな相手を選べばいいので、最小人数の3人でも良い。

実はアトラクションに乗らなくても勝てる海賊が3人以上いるので、5回アトラクション券を温存することも可能。

中盤以降の大謎も初心者向けの難易度なので、謎クラにとって難しいことはないだろう。

比較的スムーズにエンディングを迎えられると思う。

 

ここまでだと謎クラにはやり甲斐のない公演に感じるが、謎クラには是非宝箱を探し出してほしい。

やり込み要素のため難易度が高く、謎クラでも満足できる内容になっており、探し出すには骨が折れる。

先述したが、東京ドームシティの四隅を歩き尽くすので、時間と体力に余裕を持って挑戦しよう。

やり込み要素をコンプするためには、解き甲斐のある難しい謎を解く必要があるので、謎クラであればコンプリートをオススメする。

 

最後に

コンプリートを目指すなら過去に行われた東京ドームシティの周遊の中で一番歩くので、歩きやすい格好のほうがいい。

また1日かけて遊ぶ場合は、お昼にコラボフードは如何だろうか。

値段はお高いのでためらってしまいがちだが、たまの贅沢を楽しんでもいいかもしれない。

ちなみに料理と言えば、麦わらの一味にコックであるサンジがいる。

彼との対決はどんなものになるのか……。

これからもどうぞよろしく


リアル脱出ゲームランキング