謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 ヒューベルト おすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20190827192505j:image

闇魔道士にならなくてもいいんだぜ?

ダークメイジやダークビショップは闇魔道専用兵種で、特殊条件を満たさないとクラスチェンジできないと発売前から注目していた。

そんな兵種がまだあるのかと思ったらもう無かったので個人的にはガッカリだった。

闇魔道試験パスが無いとクラスチェンジできない2兵種は実戦向きなのかも考察してみた。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

戦場での役目

初期ステータスに違わぬ成長をするので、後衛から魔法で仕止める戦い方が基本。

信仰は苦手技能なので闇魔法だけで戦場に立つことになる。

ヒューベルトが習得する闇魔法はどれも使いやすく、ヒューベルト自身魔力をはじめステータスはそこそこ高い(守備は前衛ほどではないが)ので活躍する機会は多い。

ちなみに黒魔法と闇魔法は同じ理学の技能がレベルアップすることで習得できる。

しかし魔法の種類は別物なので、ウォーロックの兵種スキルを全く活かせないので注意しよう。

 

おすすめ兵種

ダークナイト(最上級種)オススメ度★★★

ヒューベルトは習得する闇魔法の種類が豊富なので、魔法が使えなくなる事態にはならないだろう。

またダークビショップの欠点である移動力を高めることができる。

(ダークビショップの移動力は4、ダークナイトの移動力は8で馬から降りると6)

後半になると戦場が広いため、移動力が低くて何も出来ずにお荷物になってしまうことも。

今作は馬から降りることができるので、騎馬だと移動コストがかかるところや、騎馬特効の相手がいるときは降りることによって、柔軟な対応が可能。

また兵種スキル「闇魔法の達人」で威力の底上げができるので、ヒューベルトを活躍させるにはこの兵種がオススメ。

 

ダークビショップ(特殊上級種)オススメ度★☆☆

ダークビショップになるためにはダークメイジにクラスチェンジできることが条件。

つまり闇魔道試験パスが2つ必要になる。

兵種スキルは「ドーラΔ」「魔神の一撃」「呪縛」、兵種マスタースキルは「生命吸収」。

ヒューベルトにとってオススメのスキルかと言われるとそうでもない。

ちなみにダークメイジの兵種マスタースキルは「蛇毒」、こちらから攻撃をした後に敵のMaxHPの20%削るもの。

これらの兵種マスタースキルがほしいときは兵種マスタースキルを習得しよう。

 

踊り子のオススメ度☆☆☆

魔法の使える兵種なので無くはない。

しかしヒューベルトは魔法で、援護だけで無く1人で相手を倒すことや巨大魔獣すら屠ることができる。

その能力をより活かすために、踊り子の適性が高いキャラにしたほうが賢明だろう。

 

おすすめスキル

理学Lv、命中+20

ヒューベルトが放つ闇魔法は命中率に不安が残るので、これらのスキルでそれを補う。

理学の技能スキルだけではその不安を拭いきれないため、命中+20も習得したい。

アーチャーの兵種マスタースキルだが、ヒューベルトは弓を得意技能としているので、そこまで苦労せずに習得できるだろう。

 

弓殺し

ウォーロックの兵種マスタースキル。

魔道書を装備している際に弓で攻撃されると、自身命中と回避を+20する。

間接攻撃をしてくる敵には同じく間接攻撃できる味方の反撃で倒したい場面が多いだろう。

守備の低い魔道士は弓による攻撃で受けるダメージも大きい。

それならば避けてしまえばいい。

更に今作は射程が長くなるほど命中が低下するので、このスキルの価値は高い。

 

魔神の一撃

メイジの兵種マスタースキル。

こちらから攻撃した際に魔力を6上げるスキル。

ヒューベルト自身魔力や闇魔法自体威力が高い。

一見不要にも見えるが、巨大魔獣や強いボスに対して一撃で撃破できる可能性を生ませることが可能。

習得に苦労しない点も魅力。

 

聖盾

パラディンの兵種マスタースキル。

技%で弓、魔法で受けるダメージを半減できる。

ダークナイトを目指すならパラディンは途中過程になるので、そのついでに習得可能。

間接攻撃がメーンである以上防御面も対策してあるほうが、安心できる。

ヒューベルトの槍技能は才能開花対象なので、思ったより習得に苦労しないだろう。

 

重さ-3

重装の技能レベルをCにすることで習得可能。

力の上がりにくい魔道士にとって非常にありがたいスキル。

魔法にも重さが設定されているので、実質攻速を3も上げられるこのスキルは最後まで頼りになるだろう。

個人指導や目標設定でコツコツとためれば自ずと習得できる。

 

育成の流れ

今回はオススメ度の高いダークナイトに絞って解説する。

貴族→修道士→メイジ→(ソシアルナイト→)ウォーロック→(パラディン→)ダークナイトの順でクラスチェンジすれば、スムーズにダークナイトになれるだろう。

序盤のソシアルナイトにクラスチェンジするためには槍Cと馬Dの技能レベルが必要になるため、個別指導や目標設定をしっかり活用しよう。

槍は才能開花対象、馬術も苦手技能では無いので苦労はしないはず。

命中不安も拭いたい場合はアーチャーも経由することになるが、これも得意技能なのでそこまで苦労はしないだろう。

闇魔法系の兵種は兵種マスタースキルを取得したい場合はクラスチェンジすれば良い。

個人的にはウォーロックの弓殺しのほうが実践向けなので、あまりオススメしない。

 

最後に

ヒューベルトはスカウト非対象のキャラなので、使用したい場合は必然的に黒鷲の学級の担任になる必要がある。

個人的にはかなり頼れる存在なので、活躍の場が少ないことのは残念。

今後のアップデートで活躍の場面が増えるのか期待したい。

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング