謎解きとゲームのブログ

謎解き公演の感想、実際にプレイしたゲームの攻略記事などを記載しているブログ

FE風花雪月 攻略 ヒューベルト おすすめ兵種&スキル

f:id:Mark-LXiii:20190827192505j:image

闇魔道士にならなくてもいいんだぜ?

ダークメイジやダークビショップは闇魔道専用兵種で、特殊条件を満たさないとクラスチェンジできないと発売前から注目していた。

そんな兵種がまだあるのかと思ったらもう無かったので個人的にはガッカリだった。

闇魔道試験パスが無いとクラスチェンジできない2兵種は実戦向きなのかも考察してみた。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

幼い頃からエーデルガルトの利になるよう働いている。
エーデルガルトが「死ねと命令したら死ぬの?」と尋ねると、「それによって利となるならば喜んで死にましょう」と答えるほど。
かゆいところに手を届かせるような仕事から裏の仕事まで幅広くこなし、主人公相手でも利にならないと判断したら容赦はしない。
エーデルガルトを第一に行動しているが、それは愛によるものかは本人のみぞ知るところ。


ヒューベルトは他学級の生徒と支援会話ができないのが残念なところ。
個人的には同じ従者であるドゥドゥーとの会話は聞いてみたかった。


味覚も学級内の生徒たちと変わっており、多くの生徒が苦みや臭みのある飲み物「テフ」を好物にしている。
実は怖い雰囲気を醸し出すために、眉毛とヒゲを剃っているのだが、効果てきめんのようでベルナデッタが立ったまま気を失うほど。


ステータス

f:id:Mark-LXiii:20200115175846j:image

全体的に高いステータスを持ち、その中でも魔力はリシテアに次いでハンネマンと同じく2位
技速さの伸びもまずまずで、耐久面や見た目に反して幸運や魅力の成長率も悪くない。
つまり非の打ち所がないため、非常に使いやすい魔道士になる。
逆を言うとバランス型なため、リアルな運が無いと低いステータスになってしまう。


紋章

影から主君を支えるベストラ家の出身だからか紋章を宿していない。


個人スキル

参謀役

計略のダメージを+5。
今作は騎士団を同行させることで自身の能力を強化することができる。
計略によって複数の敵にダメージを与えられたり、巨大魔獣のアーマーブレイクをする場面で活躍できるため、スキルの恩恵を得る機会は思いのほか多い。


習得魔法など

f:id:Mark-LXiii:20200902231155j:image

ヒューベルトの習得する闇魔法のうち「スライムβ」と「デスΓ」は3マス射程の魔法。

「カドゥケスの杖」(攻撃魔法の射程+1)なら紋章を持っていなくても使えるため、ボウナイトと同じ間合いで戦うことができる。
白魔法の「リカバー」は30+回復するため、全員のHPが多くなる2部で活躍できる。
余裕があれば習得しておきたい。


技能解説

得意技能は弓、理学、指揮に加えて才能開花する槍(戦技「氷槍」を習得)の4つ。
ステータスに加えて、得意技能も多くかなり優遇されている。

得意技能だけの兵種マスタースキルで戦力になれるのがありがたい。


苦手技能は斧、信仰、飛行の3つ。

斧に関しては前衛系の兵種マスタースキルを習得する際に重要な技能なのだが、ヒューベルトは後衛なので関係ない。
飛行に関しては「警戒姿勢」を習得しづらいが、別に無くても困らない。
さらに竜騎士の適正はゼロなので、竜騎士の兵種マスタースキル「守備封じ」や「必殺の覚醒」の習得は諦めたほうがいい。
魔道士のヒューベルトにとってこれらの技能が苦手でも致命的に困るわけではない。


兵種解説

ウォーロック(上級種)

理学の技能レベルをA近くまで鍛えればよいためクラスチェンジには困らない。
ただ兵種スキルが「黒魔法の達人」と「黒魔法使用回数×2」のため、闇魔道士のヒューベルトと全くかみ合わない。
唯一クラスチェンジの価値を見出すなら兵種マスタースキル「弓殺し」を習得すること。
成長補正もダークビショップと大差ないため、「弓殺し」を習得したら他の兵種にしたほうが良い。


ダークビショップ(特殊上級種)

ダークビショップになるためにはダークメイジにクラスチェンジできることが条件。
つまり闇魔道試験パスが2つ必要になる。
兵種スキルは「ドーラΔ」「魔神の一撃」「呪縛」(隣接した敵の回避-20)とウォーロックに比べればいいほう。
移動力が4しかないことと、遠距離魔法を習得しないため、2部の広い戦場では棒立ちになりかねない。
兵種マスタースキルは「生命吸収」は自身でHP管理ができるようになるため悪くないスキル。


ちなみにダークメイジの兵種マスタースキルは「蛇毒」、こちらから攻撃をした後に敵のMaxHPの20%削るもの。
これらの兵種マスタースキルが欲しいならクラスチェンジする価値はある。


踊り子(白鷺杯優勝)

魔法の使える兵種で、移動力が6になるため選択肢としては無くはない。
しかしヒューベルトはその高い魔力と高位の闇魔法を使って、1人で相手を倒すことや巨大魔獣すら屠ることができる。
その能力をより活かすために、踊り子はより適性の高いキャラにしたほうが賢明だろう。


ダークナイト(最上級種)

ヒューベルトは習得する闇魔法の種類が豊富なので、魔法が使えなくなる事態にはならないだろう。
またダークビショップの欠点である移動力を高めることができる。

(ダークビショップの移動力は4、ダークナイトの移動力は8で馬から降りると6)
後半になると戦場が広いため、移動力が低くて何も出来ずにお荷物になってしまうことも。
今作は馬から降りることができるので、騎馬だと移動コストがかかるところや、騎馬特効の相手がいるときは降りることによって、柔軟な対応が可能。
また兵種スキル「闇魔法の達人」で威力の底上げができるため、ヒューベルトを活躍させるにはこの兵種がオススメ。


スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す

闇魔法の達人(理学技能レベルS+)、魔神の一撃(メイジ)

前者は闇魔法を装備した際、与えられるダメージ+5。
後者はこちらから攻撃した際に魔力を6上げるスキル。
ただでさえ威力の高い攻撃を更に強くできる。
一見不要にも見えるが、

巨大魔獣や強いボスに対してヒューベルトの攻撃だけで倒せるようになると、他のキャラは別の行動ができるようになるため、戦略が広がる。
倒すことができなくても大ダメージを与えることはできるので、できればHPを半分以下にしてペトラ(個人スキルを発動させるため)へ繋げたいところ。


蛇毒(ダークマージ)

こちらから攻撃をした後、敵のMaxHPの20%を削る効果を持つ。
勿論倒した敵には発動しない。
ヒューベルトは攻撃力が高いので、このスキルを活用できる機会は少ないが、敵を倒しきれなかった際に真価を発揮するため、枠に余裕があれば習得してもいいだろう。


闇魔法射程+1(理学技能レベルS)

文字通り闇魔法の射程を+1できる。
射程3の「スライムβ」と「デスΓ」を習得するため、カドゥケスの杖とこのスキルのいずれかを採用する形になるだろう。
両立して最大射程5とダークナイトの移動力7を組み合わせて、ボウナイトの射程外から攻める手段をとる方法もあり。

この場合、最大射程5と移動力7を活かした広範囲にわたる攻撃が売りになる。


生命吸収(ダークビショップ)

こちらから攻撃を仕掛けた際に与えたダメージの半分を回復できるスキル。
攻撃しながらHP管理をできるようになるため、習得しておいて損はしない。
ただ敵の間合いの外から攻撃をしたり、一撃で敵を倒せるポテンシャルを持っているので、立ち回りに気をつけて敵から集中砲火を受けないようにすれば特に必要ない。


弓殺し(ウォーロック)

魔法を装備している際に弓装備の敵と戦うと、自身命中と回避を+20する。

間接攻撃をしてくる敵には同じく間接攻撃できる味方の反撃で倒したい場面が多いだろう。
守備の低い魔道士は弓による攻撃で受けるダメージも大きい。
それならば避けてしまえばいい。
更に今作は射程が長くなるほど命中が低下するので、このスキルの価値は高い。


命中+20(アーチャー)

文字通り命中を+20。
ヒューベルトが放つ闇魔法は命中率に不安が残るので、それを補うために習得する。
理学の技能スキルだけではその不安を拭いきれないため、命中+20も習得したい。
アーチャーの兵種マスタースキルだが、ヒューベルトは弓を得意技能としているので、そこまで苦労せずに習得できるだろう。


聖盾(パラディン)

技%で弓、魔法で受けるダメージを半減できる。
ダークナイトを目指すならパラディンは途中過程になるので、そのついでに習得を目指せる。
間接攻撃がメーンである以上、防御面も対策してあるほうが安心できる。
ヒューベルトの槍技能は才能開花対象なので、思ったより習得に苦労しないだろう。


重さ-3(重装技能レベルC)、重さ-5(重装技能レベルA+)

装備している魔法と防具の合計した重さから数値分軽くすることができる。
力の上がりにくい魔道士にとって非常にありがたいスキル。

魔法にも重さが設定されているので、実質攻速を上げられるこのスキルは最後まで頼りになるだろう。
個人指導や目標設定でコツコツとためれば自ずと習得できる。


戦技「瞑想」(格闘技能レベルB)

最大HPの50%を回復する。
戦技なので、これを選択すると攻撃できなくなるデメリットを持つが、周りに敵がいない状況ならむしろ優先度は高い。
また魔道士は戦技の枠が空きがちなので、格闘技能が苦手でなければ習得しておいて損はしない。
余裕があれば習得しておこう。


最後に

性格をはじめ、忠義の心や味の好みなどかなり癖があるのに、ステータスに関しては全体的に高めと変わったキャラ。
ヒューベルトはスカウト非対象のキャラなので、使用したい場合は必然的に黒鷲の学級の担任になる必要がある。
かなり頼れる存在なので、活躍の場が少ないのが残念。
数少ない出番の中でポテンシャルを引き出してほしい。
これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング