謎解きとゲームのブログ

謎解き公演の感想、実際にプレイしたゲームの攻略記事などを記載しているブログ

FE風花雪月 攻略 エーデルガルト おすすめ兵種&スキル

f:id:Mark-LXiii:20190827192601j:image

彼女を生かすのかそれとも殺してしまうか

この記事はどの兵種で育成すればエーデルガルトのポテンシャルを最大限引き出せるか考察したものである。

才能開花をさせたほうがいいのか、専用兵種でいいのかと悩んでいる方には必見である。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

アドラステア皇帝イオニアス9世の四女。
姉が3人いることから多くのきょうだいと側室がいることは容易に想像できる。
そんな彼女がなぜ次期皇帝の立場になっているのは、なんとなく察することができるだろう。


同じ学級のキャラと支援会話をする際も最初は級長として話しているが、絆が育んでいくと仲間として話すようになり、話す内容にも情が込められるようになっている。
リンハルトとの会話が顕著に現れているので、会話を聞いてもらいたい。


斧を得物に戦うためか化粧を普段からしていない。
しかしその分髪の手入れは余念がないので、イングリットやレオニーよりお洒落には気を使っていたり、自分の恥ずかしいところを見られて慌てふためく姿は年相応のかわいらしさがある。

 

ステータス

f:id:Mark-LXiii:20191221111340j:image

全体的に高い成長率になっており、力に関してはディミトリに続きフェリクスと同率2位。

更に黒鷲の学級の級長だけあって前衛キャラでありながら魔力の成長率も高く、魅力の伸びもいい。
しかし言いかたを変えると力と魅力以外は突出していないので、運が悪いと残念なステータスになってしまうことも。
同じ前衛のフェルディナントと守備の成長率は同じなので、盾職にさせるにはスキルや騎士団によるサポートがないと厳しい。


紋章

セイロスの小紋章

戦技使用時、たまに威力上昇(+3)。
戦技を使いたい場面は、敵に大ダメージを与えたいとき。
つまり戦技を使いたい場面と紋章の効果が合致しているため、ここぞというときに頼れる。
更に2部になると手に入るエーデルガルト専用の斧「アイムール」。

アイムールの専用戦技「狂嵐」を使って敵を倒すと再行動ができる(武器が壊れるまで同じフェーズで何回も可能)。

このチートとも言える戦技の効果をより引き出すために、セイロスの小紋章は一役買ってくれる。


もう1つの紋章

主人公との支援がC+になると解禁される。
発動場面が限定されるセイロスの小紋章と異なり汎用性が高い。
その分発動確率はあまり高くないので、発動したらラッキーくらいに思ったほうがいいだろう。


個人スキル

皇帝の血統

自身の取得経験値が1.2倍になるスキル。
他の生徒より早く育つため、それだけ能力値が高くなる。
エーデルガルトは全体的に成長率が良いため、個人スキルとかみ合っていると言える。


2部に入ると攻撃せずに待機すると魔防を+4する効果が追加。

これにより敵の魔法攻撃にも耐性が得られるため、盾職としても役割を遂行しやすくなる。
盾にしなくても前衛職は魔防の伸びがイマイチになりがちなので、ある程度補えるのはありがたい。


習得魔法など

f:id:Mark-LXiii:20200902224515j:image

珍しく黒魔法と闇魔法の両方を習得する。
……がエーデルガルトはヒューベルトやリシテアと異なり「闇魔法射程+1」や「闇魔法の達人」を理学の技能レベルを上げても習得しない。

つまり強い闇魔法を強化する術が兵種スキルに限られている。
逆の言いかたをすると使用回数の多い黒魔法は強化できるので、多くのザコを倒すことは可能。


技能解説

得意技能は剣、斧、指揮、重装と才能開花する理学(才能開花時「黒魔法必殺+10」を習得)の合計5つ。
得意技能だけでみるとエーデルガルトが目指す兵種は、エピタフか斧を活かした兵種になる。

エピタフは力と魔法の成長率が良いため、二刀流で活躍しやすい。

斧を活かした兵種の候補はグレートナイトとドラゴンマスター、そして専用兵種カイゼリン。

どれも前衛系だが、それぞれ特徴が微妙に異なるため兵種解説を参照してもらいたい。


一方で苦手技能は弓と信仰の2つ。
斧を得物とする場合、「命中+20」を習得するまで大変なことが厄介。
信仰も魔法を使う際に、回復手段が欲しいので習得までに時間と労力がかかってしまうデメリットが発生する。
苦手技能を一切鍛えなくても困ることは無いが、さらなる強化を図る際どうしても足枷になっているのはつらいところ。
 

兵種解説

歩兵系

ソードマスター(上級種)

力が高いうえに成長率も良いため、デフォルト剣士のフェリクスみたいな攻撃力も期待できる。
ソードマスターの専用戦技「流星」はエーデルガルトの高い力とセイロスの小紋章、更に兵種スキル「剣の達人」「剣必殺+10」と相性が良いため高ダメージを期待できる。
しかしペトラや本職のフェリクスより速さが劣りがちなので、追撃はあまり期待できないだろう。

そして移動力5と「流星」の武器消費の激しさをどうカバーするかが課題になる。


エピタフ(最上級種)

魔法と剣技を両立できるため、相手に合わせた柔軟な攻めが可能。
しかし兵種スキル「黒魔法の達人」は闇魔法の「ルナ」「ハデスΩ」と相性が悪いので注意。

移動力が6で力も高いので基本的には武器で戦い、鎧兵や間接攻撃の敵が多い場面で魔法を使えば効率よく敵を倒すことができる。

武器と魔法の使い分けが最も適任なキャラになっている。


踊り子(白鷺杯優勝)

白鷺杯優勝時に「剣回避+20」のスキルを習得できるため、攻撃をかわしつつ倒すこともできる。
成長補正や攻撃力はエピタフより劣るものの、剣技、魔法、踊りと汎用性が高い。
しかしエーデルガルトのポテンシャルを引き出すには他の兵種にした方が良い。


専用兵種
カイゼリン(EP16開始時)

フォートレスの実質上級互換。
その理由は移動力が5であること。
つまり2部の戦場でもフォートレスより移動に困らないので、これだけで採用しやすくなる。
更に兵種変更のステータス補正で守備が高くなるため盾職の役目も果たしやすい。

また2部で追加された個人スキルの効果を活用すれば、敵を一手に引き寄せて体力を削ってから仲間で止めを刺すことも可能。

惜しむ点は速さが極端に低くなる点と見た目が全くかわいくないことである。


騎乗・飛行系

パラディン(上級種)

上級種ながら移動力8と兵種スキル「槍の達人」と「地形耐性」は優秀。

成長補正も速さを10%低下させるが、他のステータスの成長率を上昇させるため悪くない。

今作はパラディンでも斧が使えるため、「狂嵐」から再行動を発動させることが可能。
つまり敵を倒しさえすれば、ゲームバランスを崩壊させるほどの機動力を手に入れられる。

ただし今作の騎馬は移動コストの地形が多いため、足元をすくわれないようにしよう。


グレートナイト(最上級種)

パラディンより移動力が1劣るものの、兵種スキル「斧の達人」と兵種変更した際のステータス補正で力や守備がパラディンより高いため、こちらのほうが威力は上。
ただ成長補正はパラディンより高くないため、一概にもパラディンより優秀かと言われるとそうでもなく一長一短がある。

「狂嵐」を活かした機動力は健在だが、こちらも移動コストに阻まれやすい。


ダークナイト(最上級種)

パラディンやグレートナイトと異なり魔法が使えるため、異なる立ち回りが可能。
しかもエピタフと異なり「黒魔法の達人」だけでなく「闇魔法の達人」も兵種スキルになっているため、闇魔法の威力も高くなる。

武器による攻撃は低くなってしまうが、武器と魔法のうち有効な手段で攻撃できるようになる。
「狂嵐」による再移動も可能なので、魔法を使って活躍したい方はこの兵種がオススメ。


ファルコンナイト(最上級種)

騎馬系以上の機動力が特徴。

弓特効の弱点を持つが、2部の序盤で特効を無効化できる防具が手に入るため、割と早い段階から弓を気にしなくて済むようになる。

兵種スキルに「斧の達人」は無いため攻撃力は若干低いものの、それに頼らなくとも力の成長率が高いため気にならない。

更にステータス補正と成長補正のお陰で速さと魔防が高くなるため、魔防+4の個人スキルの効果を追加すれば魔導士相手にも引けを取らなくなる。


ドラゴンマスター(最上級種)

最もエーデルガルトと相性が良い兵種。
ファルコンナイトと同じ特徴を持つが、兵種スキル「斧の達人」があるうえにファルコンナイトより力と守備に優れる。

更にステータス補正や成長補正で速さも上がり、弱点の弓特効も専用防具で防げる。

しかも魔防の低さも同行させる騎士団である程度補うことが可能で、どんな地形も無視して移動できる機動力を持つ。
そこに「狂嵐」による再移動が加われば、向かうところ敵なしの状態になる。
レベルアップ時にきちんとステータスが上昇したらの話だが。


スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す。

鬼神の一撃(ブリガンド)

攻撃を仕掛ける際に力+6。

アイムールの専用戦技「狂嵐」を使って再行動したい場合、少しでも攻撃力を上げておかないと倒せないのでほぼ必須のスキルになる。

またソードマスターとの相性も良い。
専用戦技「流星」も攻撃を仕掛けたときにしか発動せず、その威力を上げられるため。


剣の達人(剣術技能レベルS+)、剣必殺+10(剣術技能レベルS)
斧の達人(斧術技能レベルS+)、斧必殺+10(斧術技能レベルS)

達人スキルは対応する武器を使って攻撃する際に威力+5。
必殺スキルは対応する武器を装備すると必殺+10。

これらは「流星」や「狂嵐」を活かすために必要となる。

つまり鬼神の一撃と合わせて習得しておきたいスキル。


待ち伏せ(傭兵)、怒り(ウォーリアー)

HPが半分以下で攻撃された際に発動、前者は先制攻撃、後者は必殺値を+50する。
盾職として敵をひきつけるうちに減ってしまう体力を逆手にとって敵を撃破していくスタイル。
耐久次第では倒されるリスクを背負うことになることもあれば、HPが全く減らないこともあり得る。
活用するなら騎士団などを使い、必殺を高めておくことで敵を倒せるように工夫しておきたい。
 

大盾(フォートレス)、聖盾(パラディン)

技%の確率で、前者は剣、槍、斧、格闘、魔獣の攻撃を、後者は弓と魔法の攻撃を半減する。
待ち伏せ、怒りの組み合わせと同じく盾職用のスキルだが、こちらは耐久特化型。
盾としての役割を確実に努めたいならこちらを採用しよう。

 

警戒姿勢(飛行技能レベルB)、警戒姿勢+(飛行技能レベルA+)

攻撃せずに待機すると回避+15(警戒姿勢+だと+30)。

2部の個人スキルと相性が良く、待機するだけで魔防と回避を上昇できる。

飛行系の兵種スキル「回避+10」や回避を上昇させる騎士団を同行させることで、敵の攻撃を躱しつつ敵を倒すため5つのスキル枠を無駄にすることなく強化が可能。

 

重さ-3(重装技能レベルC)、重さ-5(重装技能レベルA+)

武器と防具の合計した重さを数値分軽くするスキル。

地味なスキルだが強力な武器はだいたい重いので、エーデルガルトは斧を得物にしているので、恩恵を得ることは多い。
ちなみに同名のスキルは効果を重複するが、重装系は元々鈍足なこととエーデルガルトは力が高いので、効果を重複させる必要は無いだろう。
 

最後に

専用兵種カイゼリンや魔法を使った二刀流も紹介したが、エーデルガルトのポテンシャルと飛行系兵種との相性を活かしたほうが活躍できるだろう。
また力が高く専用斧「アイムール」の性能が他の武器より群を抜いているため、上手に活用したいところ。

消耗してもタイタニスや砂漠に棲まう巨虫が落とすアガルチウムを使って修理することで耐久値を戻すことができるため、活用しない手は無いだろう。
級長の中で最も優遇されている彼女のポテンシャルを十分に発揮してほしい。
これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング