謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 ペトラ おすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20190827004619j:image

蝶のように舞い、蜂のように刺す!

ペトラのステータスはブリギット出身だからか独特な数値。

これを活かさない手はないので具現化してみたが、運命力を求められるので使いこなせるかはあなたにかかっている。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

フォドラの南西にある島々を治める「ブリギット諸島」を治める王の孫娘であり、次期女王。
先の戦争で帝国に負けたのを機にアドラステア帝国へ留学という名目の人質として滞在。
次期女王として座学や鍛錬だけでなく、帝国との関係改善に努めている。


ブリギットでは自然と共生する文化(我々で例えると先住民族)が根付いているので、ペトラ自身も狩りや木登りは得意。
フォドラの文化とは大きく異なるためか探求心が強く、「腕を見せろ」のような表現を汲み取るのが苦手。


余談だが、今作はほぼ全員に年齢が設定されており、ペトラは下から3番目である。


ステータス

f:id:Mark-LXiii:20191219185152j:image

魔防以外を見ると全体的に高い能力を誇る。

特に技と速さは目を見張るものがあり、速さは黒鷲の学級内では最速かつ全キャラの中でもトップタイ。
技も学級内ならベルナデッタに次ぐ2番目で、全体で見ても高い位置にいるため、どの兵種になってもこの両者は高い数値を期待できる。
またHP、力、幸運もそこそこ高いため、前衛系としての役割は果たせる数値になれるだろう。
問題は耐久面。
守備はそこそこの値にはなれそうだが、魔防はほとんど伸びないだろう。
具体的に言うとレベル40になっても20を超えるか怪しいので、魔防はできない。


個人的スキル「狩りの掟」は残りHP50%以下の相手に対して必殺+20されるスキル。
ペトラは技の成長率が高めなことを活かして、体力のある巨大魔獣の止めを刺す役目に適任。


技能解説

得意技能は剣、斧、弓、飛行の4つ。
ペトラのデフォルト兵種はアサシンとドラゴンナイトの2つで公式から優遇されているキャラ。
ゲーム上のデフォルトはアサシンだが、ドラゴンマスターにしても活躍は可能。

ただし従来の竜騎士より守備面の耐久も期待できないので注意。
騎乗系兵種以外はいずれかの得意技能に該当するため、クラスチェンジしやすい利点を持つ。


苦手技能は理学と信仰。
とは言え魔力の伸びは低いため、実質苦手技能は無いと認識して良い。


兵種解説

歩兵系

ソードマスター(上級種)

ペトラの高い技や速さを更に引き延ばせる兵種。

追撃性能が高くなり、力もそこそこあるため専用戦技「流星」(通常攻撃3割の攻撃を5連続)の火力も確保できる。

兵種スキル「剣の達人」と「剣必殺+10」はペトラと相性も良い。
欠点を挙げると「流星」を多用すると武器がすぐ壊れてしまうことと、移動力が5しかないこと。


アサシン(上級種)

上級種ながら移動力も6ある点と、森に対して平地と同じように移動できるのが魅力。
そして剣と弓は両方ともペトラの得意技能なので、この兵種になるまでの道のりは険しくないだろう。
火力はソードマスターより劣ってしまうが、兵種スキル「忍び足」によって敵から狙われにくくなるため、耐久面を気にする必要性が減る。


兵種スキル「鍵開け」は宝箱の回収にも貢献してくれる。


フォートレス(上級種)

鈍足で守備が高いタンク職の為、相性は最悪。
兵種マスタースキル「大盾」など必要なスキルを取得するとき以外クラスチェンジする必要は無い。

 

スナイパー(上級種)

移動力が5しかないものの、兵種スキル「弓射程+1」があるため、そこまで気にならないか。
専用戦技「ハンターボレー」(2回攻撃)で火力も確保できるため、ダメージソースだけで言うと同じ黒鷲の学級にいるベルナデッタより優秀になることも。
ただスナイパーより使い勝手のいい兵種はたくさんあるので、これにこだわる必要も無い。

 

ウォーリアー(上級種)

この兵種にしたほうがいいメリットがないため、兵種マスタースキル「怒り」を習得させたら、他の兵種にしたほうが活躍できる。


踊り子(白鷺杯優勝)

実はペトラと踊り子の相性がいい。
理由は踊り子へクラスチェンジできるようになるとスキル「剣回避+20」を習得するから。
アサシンと違い移動コストがかかるものの、移動力は同じ6。

ペトラの低い耐久も踊ることで戦う機会を減らせば気にならなくなる。

魔法はからきしだが、必要なときに前線へだして、高い回避と必殺で活躍してもらうこともできる。


騎馬・飛行系

パラディン(上級種)

槍と馬術を鍛えないとクラスチェンジできない点と、速さの成長補正が下がるデメリットは発生するが、実は悪くない兵種。
ペトラの速さは高いため、パラディンになってもそれがある程度保てることと、パラディン自体の能力バランスの良さと兵種スキル「槍の達人」と「地形耐性」が優秀なこと。


ただ今作は階段や荒地などの騎馬系のみ移動コストがかかる地形の存在、飛行系兵種のスペックが高いことから兵種マスタースキル「聖盾」を習得できれば用無しになってしまうか。


グレートナイト(最上級種)

フォートレスの硬さとパラディンの能力のバランスを組み合わせた兵種だが、ペトラとの相性は微妙。
欠点もパラディンと同じなので、兵種マスタースキル「守備の覚醒」を習得したら用無しになるだろう。


ボウナイト(最上級種)

自力で槍と馬術の技能を鍛えないといけないが、その見返りは大きい。
兵種の成長補正はほとんど無いものの、移動力8と兵種スキル「弓射程+2」により超広範囲の攻撃が可能。
敵の射程外から攻撃すれば、低い耐久も気にする必要がないため、活躍が見込める兵種。


ファルコンナイト(最上級種)

槍の技能レベルをA近くまで鍛えないといけないが、見返りは大きい。

ペトラのステータスとファルコンナイトは相性が良く、魔防と魅力を除くとデフォルトでファルコンナイトになれるイングリット以上の能力になれる。

黒鷲の学級には飛行系兵種の適性が高いキャラが少ないので、貴重な存在。
今作は特特効を防ぐアイテムやスキルの両方が存在し、機動性やステータスも高いので、選ばない選択肢がない。
もともと高い速さを活かした回避と兵種スキル「回避+10」が組み合わさることで高い回避を誇るようになる。


ドラゴンマスター(最上級種)

ファルコンナイトと異なり、槍の技能レベルをCまで鍛えればいいため、クラスチェンジしやすい。

速さや回避に特化しているファルコンナイトと異なり、力や守備に優れる。
ペトラの耐久だとたかが知れているので、守備面は期待できないが、ドラゴンマスターでも十分な速さを確保できるので、力が伸びやすい分活躍も見込める。
ドラゴンマスターにも兵種スキル「回避+10」があるため、回避も高い値になる。


スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す

警戒姿勢(飛行技能レベルB)、警戒姿勢+(飛行技能レベルA+)

攻撃せずに待機した際、回避+15(警戒姿勢+だと回避+30)する。

もともと高い回避を更に上昇させることで、ペトラの耐久面をカバーできるようになる。


剣回避+20(白鷺杯優勝)

剣を装備している間回避+20。
先述した警戒姿勢と相性が良い。
ファルコンナイトやドラゴンマスターでこのスキルを使う場合は兵種スキル「回避+10」とはかみ合うが、「槍or斧の達人」を活かせない

ことを頭に入れておこう。


待ち伏せ(傭兵)、怒り(ウォーリアー)

ともにHP50%以下で攻撃された際に発動。
前者は先に攻撃できるようになり、後者は必殺+50される。
両者とも習得までに時間を要するが、ペトラの個人スキルと相性抜群。
HP管理が大変だが、必ず反撃できるよう工夫すれば、HP半分以下のときに敵をなぎ倒す恐怖の存在と化す。
仮に敵のHPも半分以下だと個人スキルの補正も加わるため、必殺発動率がとんでもないことになる。

 
回避の覚醒(ファルコンナイト)、必殺の覚醒(ドラゴンマスター)

ともにHP25%で発動。
前者は回避+30、後者は必殺+30。

今まで紹介したスキルと相性が良いため、全て組み合わせれば回避と必殺が通常ではありえない値になる。

HP管理に細心の注意を払うが見返りはとても大きく、ペトラらしさも引き出せる。

 

最後に

ペトラの耐久力をどう補うか考えるよりは、その低い耐久力を如何に利用するか考えた方がペトラのポテンシャルを引き出せるだろう。

紹介したスキルや兵種はHP管理を誤ると倒されてしまうため注意しよう。

尖ったステータスになるため扱いが難しいが、しっかり指導や指揮をすれば強力なキャラなのでかわいさと強さの両方を堪能しよう。

ちなみにベルナデッタに5年の歳月で背が抜かれるのは意外かな。

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング