謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 シルヴァン おすすめ兵種&スキル

f:id:Mark-LXiii:20191017215640j:image

シリーズお馴染みになってしまったナンパ野郎

しかしナンパをするようになったのはあることがきっかけだった!?
軽いやつかと思いきや、意外な一面も窺えるシルヴァンについて解説する。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

女性を見かけるとすぐナンパをするのでチャラ男なのかと思えば、音楽や芸術鑑賞が趣味なところから育ちの良さを簡単に想像でき、仲間思いなところや魔道に精通している片鱗を見せたり、好きなものは盤上遊戯と切れ者の一面を見せる。
級長のディミトリやフェリクス、イングリットとは幼いころからの旧友。
個人的には旧友の女性であるイングリットとの支援会話は最初から最後まで楽しめる内容になっている。
実は支援会話でA支援までたどり着ける人数が圧倒的に少ないことや、なぜ彼がナンパをするようになったかは、ちょっとした闇が関わっている。

 

ステータス

成長面でいうと中の上といった印象で、特にずば抜けて高い能力は無ければ低い能力も無い。

デフォルト兵種がソシアルナイト→パラディンと前衛系なので、魔防は他よりも低くなってしまうことがある。
よく言えば万能系、悪く言うと器用貧乏な伸び方をする。
青獅子の中でもザ・真ん中といった感じで全てのステータスが全キャラの平均といった感じ。

魔力の伸びもそこそこあるので、ダークナイトやエピタフのような武器と魔法の使い分けができる。

黒魔法は「ファイアー」「ボルガノン」「アロー」「ライナロック」。
白魔法は「ライブ」「リザイア」「リカバー」「エンジェル」と習得魔法の質も前衛系キャラにしては悪くない。

実はシルヴァンのみ女主人公でプレイすると、他学級からのスカウト条件が無くなるため、始めから学級の人数をすぐに増やしたい場合は真っ先にスカウトしよう。

序盤は出撃枠が1つ余るためスカウトしない理由も無いだろう。

 

技能解説

得意技能は槍と斧に馬術の3つ。
そこに才能開花できる理学を加え、計4つが得意。
シルヴァンの成長率や得意技能を考慮すると、ダークナイトやグレートナイトあたりが目指すべき兵種になるか。
前者であれば得意技能だけで完結し、しかも相手によって武器と魔法の二刀流で効率良くダメージを与えられる。
しかも才能開花時に習得する「黒魔法回避+20」は黒魔法を装備しているときに回避が20上昇するスキルで、シルヴァンのみが習得可能。

グレートナイトは重装を自力で鍛えなければいけないものの、兵種補正で力や守備が高くなるので、前衛を任せられるようになる。
また飛行技能を鍛えないといけないが、ドラゴンマスターでの活躍も悪くない。
デフォルトでファルコンナイトのイングリットとともに支援効果も活かしつつ、高い機動力で翻弄することも可能。

 

苦手技能は弓のみ。
アーチャー、スナイパー、ボウナイトにクラスチェンジしづらくなるが、それぞれを兵種マスターするとスキル「命中+20」、専用戦技「ハンターボレー」、スキル「速さの覚醒」が習得できる。
弓は派生が少ない武器なので、はっきり言ってこれらのスキルに魅力を感じなければ放置していいだろう。

 

兵種解説

剣士系

勇者(上級種)

移動力が5で能力もそんなに高くないため、兵種マスタースキル「力の覚醒」の価値観をどう見るかである。
仮に「力の覚醒」を活かすなら他の覚醒スキルと合わせてダメージを受けないようにするか、敵の攻撃範囲や仲間の回復範囲に入らないようにするプレイイングが求められる。

 

ソードマスター(上級種)

力が高くないため、専用戦技「流星」の火力が活かしきれない。
回避に特化できるわけでも無いので、適正は低い。

 

アサシン(上級種)

苦手な弓技能レベルをCまで鍛えないといけないため、クラスチェンジ自体が大変。
それに加え、アサシンの能力はシルヴァンといまいちかみ合わないので、クラスチェンジさせるか微妙なところ。

 

エピタフ(最上級種)

剣を自力で鍛えないといけないが、兵種スキル「剣の達人」「黒魔法の達人」により、物理と魔法の威力を底上げできるスキルを習得しているのは、火力不足に陥りやすいシルヴァンにとってありがたい。
普段は剣と魔法を使い分けて攻撃し、いざというときに英雄の遺産「破滅の槍」で攻める戦法もとれる。
シリーズをやりこんでいる人ほど陥りやすいのは、得意な得物以外は使えないと思い込んでしまうこと。
今作の仕様を活かした攻め方が可能。

 

騎馬系

パラディン(上級種)

今作のパラディンは全体的なステータスが高く、兵種マスタースキルに「聖盾」を習得する。
しかし、武器しか使えないため火力不足に悩まされがち。
「破滅の槍」を使えば火力も補えるが、武器耐久値が少ないため乱用は禁物。

 

グレートナイト(最上級種)

中途半端になりがちな力と守備を底上げできる。

兵種マスタースキル「守備の覚醒」でHPが25%以下になると守備が+8され、勇者の兵種マスタースキル「力の覚醒」と相性がよく、シルヴァンの能力を補える。
しかしこうしないと活躍できないのが辛く、下手するとやられてしまうので、上手に立ち回らせたい。

 

ダークナイト(最上級種)

エピタフと同じ攻め方が可能。

最上級兵種では才能開花を含む得意技能だけでクラスチェンジできる唯一の兵種。

武器と魔法の二刀流、機動力を活かして立ち回れることも強み。

エピタフでも可能だが、唯一習得できる「黒魔法回避+20」を活かして敵の攻撃を避けながら反撃できる。

しかし魔法の使用回数が底を尽きないように注意しよう。
力や魔法でごり押しではなく、相手によって攻め方を変える姿は切れ者のシルヴァンらしいか。

 

ホーリーナイト(最上級種)

信仰の技能レベルを上げる必要がある上に、「黒魔法の達人」で威力を底上げできないのがツラい。
その代わりに「地形耐性」を習得しているが、活躍する場面は少ない。
白魔法はエピタフでもダークナイトでも使えるため、兵種マスタースキル「魔防の覚醒」を習得させる必要が無ければ用無しか。

 

飛行系

ドラゴンマスター(最上級種)

今作の飛行系は兵種補正や成長補正がよく活躍させやすい。

飛行技能を鍛えればよいだけで、槍と斧は得意技能のため相性も良い。

飛行特効に気を付けないといけないことと、飛行系は連れていける騎士団が同じ飛行系に限定されてしまうため、騎士団による能力補正がやや低めになってしまい、計略の質も落ちてしまうことが欠点。

 

その他

ウォーマスター(最上級種)

格闘術を鍛えれば、クラスチェンジ可能。
兵種スキルが「斧の達人」「格闘の達人」「必殺+20」と優秀だが、シルヴァンの成長率がこれに追いつかない。
兵種マスタースキルに「切り返し」を習得するが、無理にクラスチェンジする必要はないか。

 

踊り子(特殊兵種)

踊り子で二刀流+サポートと更に戦術を増やし、白鷺杯で優勝した際に習得できるスキル「剣回避+20」と「黒魔法回避+20」を合わせることで、回避特化にすることも可能。
しかし、今まで他のプレイヤーが育てたキャラを見てきたが、踊り子にするキャラは9割以上女性キャラ。
つまりそうゆうことである。

 

スキル解説

()内は兵種マスターする兵種や条件を表記。

黒魔法回避+20(理学を才能開花時に習得)

黒魔法を装備している間、回避を+20するスキル。

黒魔法を使い切らないように気を付けないといけないが、回避を+20できると目に見えて攻撃を避けるようになる。

 

警戒姿勢(飛行技能レベルB)

攻撃せずに待機すると回避+15。

更に頑張って飛行技能レベルをA+まで上げると「警戒姿勢+」になり待機した際に上昇する回避が+30とパワーアップする。
「黒魔法回避+20」と組み合わせると強力。

 

守りの用兵術(指揮技能レベルB)

騎士団の消耗を半減させるスキル。

回避上昇補正を持つ騎士団を同行させて、上記のスキルによる回避上昇を更に促す。
万が一攻撃が当たっても騎士団が壊滅しにくいようにサポートさせる。

 

生命吸収(ダークビショップ)

攻撃を仕掛けて倒した際に、与えたダメージの半分を吸収するスキル。
警戒姿勢と相性は悪いが、これを習得させると自身のHP管理は楽になる。

闇魔法試験パスを2つ必要とするが、青獅子の学級だと余ってしまうので、シルヴァン用に使っても構わないだろう。

 

鬼神の一撃(ブリガンド)、魔神の一撃(メイジ)、金剛の一撃(アーマーナイト)

いわゆる一撃シリーズ。
攻撃を仕掛ける際に力(鬼神)、魔力(魔神)、守備(金剛)を+6するスキル。

生命吸収とは相性が良い。

微妙な能力を攻撃を仕掛けるときだけでも補って前線に出れるように工夫。
実は魔防を+6する「明鏡の一撃」もあるが、エピタフを兵種マスターしないと習得しないため、活躍の機会が少ないと思い除外。

 

最後に

女主人公だとどの学級でも序盤から活躍できるキャラ。
しかしA支援ができるキャラが主人公以外では、フェリクスとメルセデス、イングリットにドロテアの4人しかいないことや、成長率からの期待値をみると第2部以降は頭脳プレイを求められることが多い。
趣味レーションゲームなので頭を使うゲームなのだが、活躍させるには更に頭を使うかも。
まぁシルヴァンは盤上遊戯が好きなので許してほしい。
ちなみに熱いのが苦手で、5年後の服装も同じファーガス王国のキャラと比べても防寒対策が少ない。
ゴーティエ家の領地が最北の地だから寒さに慣れて暑さに慣れる機会がなかったからだろう。
これを読んで気になった人はシルヴァンを活躍させてみては?
これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング