謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

謎解き×ゴジラ は世界観にどっぷり浸れる公演だった

f:id:Mark-LXiii:20191028183222j:image

あのゴジラが新宿に襲い掛かる!?

2018年の4月頃に初演を向かえた映画「シン・ゴジラ」とのコラボ公演が一か月限定のリバイバル。
この公演の魅力と独自の楽しみ方を紹介。

概要

開催場所

東京ミステリーサーカス(TMC)地下1階

プレイ時間

60分(説明解説込で約100分)

プレイスタイル

ゴジラに翻弄される公演型

人数

1〜4人

料金

前売券

一般:3,300円

グループチケット:12,000円

リピーターグループチケット:12,000円

 

当日券

一般:3,800円

グループチケット:14,000円

リピーターグループチケット:14,000円

 

公式サイト

https://mysterycircus.jp/shin-godzilla/?_ga=2.234018583.849529921.1572255017-163848111.1571042062


プロローグ

あのゴジラが突如東京に出現。
どうやらゴジラは東京を破壊しながらこちらへ向かっているようだ。

そのゴジラから日本を守るため組織された通称「巨災対」。

あなたはその一員になり、自衛隊や研究所、霞ヶ関など日本の全てを駆使しないと日本は守れないだろう。
ゴジラ到着まであと60分。
ゴジラとの対決に勝利することはできるのか


参加した感想

名前くらいは聞いたことがあるだろうゴジラと対峙する公演。
今までは画面越しでゴジラの凄さしかわからなかったが、この公演では実際にゴジラと対峙する人の立場になるため、映画さながらの臨場感を味わえる。

エヴァンゲリオンを手がけている監督が「シン・ゴジラ」の監督をしているので、公演中はエヴァのBGMが流れている。
BGMだけ聴くと世界観がごっちゃになってしまうが、それは映画自体がコラボみたいなものだから、遊び心によるものだろう。
更に映画さながらの体験ができる場面もあり、今では多く開催されているTMCのコラボ公演で、より世界観に入り込めるシステムの先駆けになった。
初演時は先駆けだったため、どちらかと言うと今まで行われたオリジナルの謎解き公演と同じ仕様になっており、コラボの世界観より今まで築いた謎解きのセオリーを重視している。
そのため初演時に参加できなかった謎解き好きの人達でも楽しめる内容になっているだろう。


この公演は初演時から一度参加した人達がチームを組んで挑むリピーターが流行っている。

謎解き公演は全く同じ内容を何度も行っているので、答えの知った状態で挑むことは言ってしまえばカンニング。
なぜわざわざ2回目に参加するかというとシン・ゴジラの世界観に合わせ、スーツ姿でリピートする人たちが多い。

それだけ惹かれる世界観を持った公演だということがわかる。


謎解きの感想

今作の謎解きは謎を解いているというよりも、ゴジラ対策の情報を見つけるになっていたいたので、スーツ姿でゴジラの対策を立てている状況がまさに映画さながら。

この状況に臨場感を持ちたい人達がリピーターとして参加している。
肝心の謎解きについて、どんな謎が出ていたかはネタバレ防止のために伏せておくが、序盤から中盤までは今までの謎解き公演と比べても難しいわけではない。
強いて言えばきちんと現場の隅から隅まで観察しておいたほうが、ゴジラへの対策は万全になるだろう。
状況を把握した上で、見落とした情報がないかよく確認して、この公演の世界観に浸ってほしい。


最後に

今回は4人1チームでゴジラを止めるため奔走するが、それぞれに何らかのお偉い役職を振り分ける。
その役職で遊ぶこともできるため、遊び心のある公演になっている。
リピーターはスーツで参加する人が多い中、迷彩服で参加してもおり、これでも公演を盛り上げることができるだろう。
持っている人はこの機会に着てみてはいかがだろうか。


そして注意点を1つ。

リピーターで参加する場合は必ずリピーターグループチケットを購入しよう。

これを忘れてしまうと、初対面の初演に参加した人と同じチームになってしまい、気まずい雰囲気になる恐れがあるからだ。
公演を全力で楽しみたいなら気まずい雰囲気だけは絶対に避けよう。
これからもどうぞよろしく


リアル脱出ゲームランキング