謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 セテス おすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20191221100638j:image

剣士じゃない……だと!?

初期兵種が判明したときにこの思いを抱いた人は多いのでは?
今回はFEシリーズおなじみの声優、子安武人さんがCVのセテスについて記載。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html


キャラ解説

教祖レアと共にセイロス教団を支えている人物。
そのため気難しい人物と思われがちだが、彼なりに教団のことを考えてのことで立場上、仕方ないのだろう。
そんなセテスも心を休めるために餌をつけないで釣りをしたり、子どもたちのために寓話を考えていることも。


妹のフレンに対しては過保護の一言。
本人は自覚がないようで、声のトーンも全く違う。
あまりの過保護ぶりにフレンからは鬱陶しがられている。
個人スキルも「過保護」で隣接している女性キャラの受けるダメージを2減らすスキル。
ヒルダの「おねだり」やレオニーの「男勝り」と組み合わせれば双方の個人スキルを活かすことが可能。


ちなみに自学級の生徒を除いたキャラはスカウトをして加入するが、セテスは勝手に仲間になるため、加入に気づかない人も多かったのではないだろうか。


ステータス

f:id:Mark-LXiii:20191221101328j:image
成長率は見ての通り意外と高水準。

なぜかマヌエラと魔力の成長率が同じ。
習得魔法も黒魔法は「ウインド」「シェイバー」「ボルガノン」「エクスカリバー」と悪くない。
白魔法は「ライブ」「リザイア」「リカバー」の基本的な3つを習得する。
キッホルの大紋章は戦技を使用するとたまに反撃を封じる効果を持つ。

初期能力も高いため、即戦力からの1軍入りも可能。

今作はデフォルトの竜騎士がセテスだけなので、他のキャラと兵種が重複しない。
しかし加入時期が1部の終盤なので、育成する時間が学級の生徒よりは短い。
きちんと育てれば最後まで活躍できるが、出撃枠がなければ無条件で2軍行きになってしまう。
ちなみ生徒ではないためレベルアップした際に必ず2つ上がる仕様は無い。


技能解説

得意技能は剣、槍、斧、指揮と飛行。
仲間になるタイミングが遅い分、得意技能である槍、斧、指揮、飛行は技能が高いため、すぐに別の兵種へクラスチェンジできる。

そのおかげで兵種マスタースキルを習得しやすく、汎用性の高いスキルを集めやすいのは参加加入が遅い分ありがたい。
重装に関しては個別指導や目標設定などで強化する必要性があるものの、斧の技能レベルが高いため、アーマーナイトやフォートレスの試験に低確率ながらも合格すれば、早期段階でのクラスチェンジも可能。
剣の技能レベルがEながら得意技能なのは、セテスのCVである子安さんが今までのシリーズで剣士キャラのCVをしていたからネタとしての設定なのだろう。


苦手技能は馬術。
最上級種のほとんどが騎馬系兵種なので、それらの兵種マスタースキルを習得しづらい。
しかし馬術の技能レベルは初期値のEなのに仲間になった段階からソシアルナイトへクラスチェンジできる謎仕様のお陰で、ある程度は経験値を積みやすい。

 


兵種解説

歩兵系

ソードマスター(上級種)

完全なネタかと思いきや実用性の高い兵種。
デフォルト剣士のフェリクスと同じようなステータスなので、使い勝手も悪くない。

専用戦技「流星」はキッホルの紋章を発動させるために一役買っていることもあり、実用性が高め。
ただし剣の技能レベルは低いためそれを鍛える手間と、移動力5をどう補うかが課題。


アサシン(上級種)

兵種スキル「忍び足」に頼らなくても高めのステータスになるが、育てていない状態で個人スキルを活用したいならクラスチェンジもアリか。
つまりクラスチェンジまでに手間がかかる割に活躍の幅が狭いので、オススメはしない。


エピタフ(最上級種)

なぜか魔力の成長率がマヌエラと同じため、魔力の成長が覚醒すれば選択肢に入ってくる。
習得する黒魔法もなかなか悪くないので、剣と魔法を上手く使い分けて活躍できなくもない。
機動力を考えるとダークナイトやホーリーナイトにしたいところだが、苦手な馬術をどう鍛えるかが課題。


フォートレス(上級種)

移動力が4しかないことに加え、セテスは守備の成長率が高くないので、フォートレスとの相性はよくない。
しかし技の成長率はいいため、兵種マスタースキル「大盾」を習得するためにクラスチェンジする価値はある。


スナイパー(上級種)

セテスの成長率はスナイパーとの相性がいいため、本職キャラより高いステータスで活躍が見込める。
とは言え初期兵種のドラゴンナイトのほうがスナイパーより使いやすいため、弓の技能を一から鍛えるほどの見返りは無い。


ウォーマスター(最上級種)

実はカスパルと同じような成長率でもあるため、格闘術を鍛え上げれば活躍が見込める。
兵種スキルも「斧の達人」「格闘の達人」「必殺+20」と優れており、成長補正もセテスと相性がいい。
ただ見た目や戦うさまがシュール。


飛行系

ドラゴンマスター(最上級種)

デフォルト兵種、ドラゴンナイトの上級種。

今作のドラゴンマスターは能力補正、成長補正、兵種スキル「再移動」「斧の達人」「回避+10」とスペックが高い。
初期ステータスの技能レベルだとクラスチェンジも簡単なので、素直に上級種にさせるだけで活躍できる。

この兵種の存在が騎馬系兵種の価値を下げているといっても過言ではない。
兵種マスタースキルを習得させる以外の目的で騎馬系兵種にするくらいならドラゴンマスターのほうが活躍できる。


スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す

警戒姿勢(飛行技能レベルB)、警戒姿勢+(飛行技能レベルA+)

攻撃せずに待機した際、回避+15(警戒姿勢+だと+30)。
セテスの場合これを他と組み合わせて相乗効果を狙うにはドラゴンマスターや騎士団の補正のみになってしまうが、このスキル自体優秀なので他の兵種にしても活かすことができる。


命中+20(アーチャー)

文字通り命中を+20するスキル。
竜騎士で戦う際、兵種スキルに「斧の達人」があるので火力のでる斧を使いたいところ。
しかし斧は命中にいささか不安を残すため、それを補う目的で習得したい。
このスキル自体汎用性が広いため、セテスも活用できる。


重さ-3(重装技能レベルC)、重さ-5(重装技能レベルA+)

武器と防具の合計した重さを数値分減らすことができる。
斧装備は重いものが多くセテスの力だけではどうしても攻速に影響してしまうため、その影響を軽減する。
ドラゴンマスターなら飛行特効無効の「アウロラの盾」(重さ0)を装備すれば重い斧を装備でき、歩兵系なら紋章付きの盾を装備してもこのスキルで攻速減少を軽減できる。


生命吸収(ダークビショップ)

こちらから攻撃を仕掛けて敵を撃破した際に、与えたダメージの50%分自身のHPを回復するスキル。
習得まで手間がかかることと、闇魔法試験パスが残っていないと習得できないものの、これがあると攻めながらHP管理ができるようになる。
この方法は男性キャラなら誰でもできるため、エースキャラに習得させれば活躍すること間違いなし。


最後に

加入時期が遅いものの、ステータスや成長率はいいので、デフォルト以外の兵種でも活躍させたり、高い汎用性を活かして多様な兵種にすることも可能。
しかし個性を活かすにはキッホルの大紋章を活かした戦技が主流になるため武器を消耗しやすく、スキルもセテスの個性を活かしたスキル選択は難しいため、他のキャラでも代用できてしまう。
つまりセテスが加入した段階で戦力を補強したいときに育てて、戦力が十分であれば育てる必要は無いキャラ。
とは言え、過去作の初期上級種キャラの中ではスペックやポテンシャルは高いので育ててみてはいかがだろうか。
これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング