謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

脱出率1%の超難関公演第2作!!

f:id:Mark-LXiii:20191224175533j:image

あの牢獄の中には秘宝が眠っている!?

そんな噂が無くても謎解き好きにとっては気になる「ある牢獄からの脱出2」を参加した感想を記載。

概要

開催場所

アジトオブスクラップ東新宿GUNKAN302
アジトオブスクラップ大阪ナゾビル

プレイ時間

60分(説明解説込みで100分)

プレイスタイル

舞台は同じでも牢獄1とは全く異なるルーム型

人数

最大10人

料金

一般 : 前売券 3,000円 / 当日券 3,500円
学生 : 前売券 2,500円 / 当日券 3,000円(平日のみ)
グループチケット : 29,000円

公式サイト

https://realdgame.jp/event/rougoku2.html


プロローグ

あの牢獄には秘密があった!?
かつて脱獄不可能と言われた牢獄から脱出を果たしたあなたの元に「あの牢獄の中には秘宝が眠っている」と噂が耳に入る。

その秘宝を手に入れるために再びあの牢獄へ向かうのであった。
もう一つの噂を知らずに……


参加した感想

プロローグやタイトルから察しの通り、「牢獄からの脱出」(以下牢獄1)と同じ場所で今回のゲームは行われる。

前作を遊んでいなくても楽しめるため、どちらから遊んでもよい。

ストーリー上、前作の設定を知っているとニヤける演出なども無い。
つまり前作に引き続き演出を楽しむ公演ではなく、謎解きを楽しむ公演である。


前作にはいなかった設定が追加されているため、同じ牢獄でも違う楽しさが待っている。
つまりこちらから先に遊んでから牢獄1に挑戦しても両方楽しめるようになっている。


謎解きの感想

謎の難しさは相変わらずだが、脱出成功率はおよそ20%と、牢獄1より脱出率は高い。
これをみると簡単と思いがちだが、ルーム型公演の脱出率はだいたい3割前後のものが多い。
ルーム型の平均よりは下回っているため、この公演を簡単だと高を括るのはよくない。


仕様は牢獄1と異なっているが、謎の難しさはそこまで変わっていない。

私は10人で挑戦したが序盤の謎を解くまでに40分を費やしてしまった。
油断をしないで謎解きと探索を頑張ってほしい。

 

牢獄2の大謎は10人集まってもなかなか解けない難易度で立ちはだかるため、皆んなの力を合わせて文殊の如き知恵を発揮して欲しい。


最後に

一部演出が過激なものになっているため、苦手な人は事前に会場へ連絡をとり、その旨を伝えておいたほうがいいだろう。
公演自体に過激なは無いため、謎解きを行う際に影響は無いと思うが用心に越したことはない。

落ち着いて行動すれば怖くはないので、煽られても冷静でいよう。

と言うのも参加した際に過剰反応する人がいて、「そんなに反応する⁉︎」と逆にシラけて冷静になってしまうほど。

苦手な人のために敢えて言うと暗い部屋に入るため、これがダメな人はスタッフに要相談か、参加を控えたほうがいいかも。

謎解きを楽しむ公演なので、脱出率2割ほどの謎を楽しんでほしい。

これからもどうぞよろしく


リアル脱出ゲームランキング