謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月攻略 マリアンヌ おすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20200201140344j:image

「この血が戦えと……!」

サポートに特化した白魔法を習得するが、工夫次第では超攻撃型魔道士になれるマリアンヌ。
今回はそんなマリアンヌのポテンシャルを紹介!

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html


キャラ解説

嫌いなものが自分自身と書かれている通り、自信を嫌い否定している。
更に人と接することもしないので、表情も暗く俯きがち。
しかしそんな彼女も先生や同じ学級の生徒達が接していく中で、多少なりと変化が起きているのか、5年後の彼女は士官学校時代と印象がだいぶ変わっている。
余談だがローレンツ曰くマリアンヌは静謐(せいひつ)な美人とのこと。

 

動物が好きで、表情から何を考えているかわかるほど。
つまり表情の変化がわかるくらい動物とともに過ごし、観察をしていることになる。
ちなみに歴代作品の中には愛馬や愛竜に名前がついていることがあり、今作ではマリアンヌが良く面倒を見ている馬に「ドルテ」と名前がついている。


ステータス

f:id:Mark-LXiii:20200201175753j:image

気になってしまうのは守備の低さ。

これはリシテアに次いでワースト2位タイでドロテアと同じ。

そのドロテアと比較すると魔力や魔防が高い。

他の回復役であるリンハルトメルセデスフレンと比べると力と守備以外は高いほうか。

突出する能力こそは無いがムラの無いステータスになりやすい。


紋章

何らかの小紋章

武器攻撃時、まれに威力を5上げる。
力が低いため、武器で攻撃する場面があるならば魔法武器で攻撃するとき。
しかしマリアンヌは魔道士キャラなので、この紋章が発動する機会は殆ど無いだろう。


個人スキル

動物愛

騎馬か飛行系の味方と隣接している際、ターン開始時HP20%回復。
条件さえ満たせば、「回復」と同じ効果を持つスキルになる。
逆を言えば条件を満たさなければ回復しないので、スキル「回復」よりもHP管理をしやすいスキルになっている。


習得魔法

()内は習得する技能レベルを示す

黒魔法は「ブリザー(D)」「トロン(C)」「シェイバー(B)」「フィンブル(A)」
白魔法は「ライブ(D)」「リザイア(D+)」「リブロー(C)」「サイレス(B)」「オーラ(A)」


デフォルト白魔法使いであるリンハルトメルセデスフレンの中で、唯一「トロン」を習得する。

そのため攻撃に転じるときも、攻撃範囲の面で頭1つ出てくるのは大きい。
更に「サイレス」は魔法を使えなくするため、遠距離魔法使いの動きを封じている間に距離を詰められるので便利。

習得する黒魔法は全て必殺値を上昇させる効果を持つので、スキルや騎士団を組み合わせるととんでもない攻撃力を生む。

 


技能解説

得意技能は剣、信仰、馬術、飛行と才能開花する槍(戦技「氷槍」を習得)の5つ。

意外なことに斧を苦手としていないため、ウォーリアーや竜騎士の兵種マスタースキルも習得できる。

どの兵種マスタースキルが欲しいか考えて計画的に指導していこう。


苦手技能は格闘と重装。
女性は格闘系の兵種が存在しないため放っておいても問題ない。
ただ重装は守備の上がりにくいマリアンヌにとって貴重な守備の基礎能力ボーナスを得る機会が無くなってしまう。

浴室や個人指導を駆使して地道に技能レベルを上げておこう。


兵種解説

歩兵系

ソードマスター(上級種)

剣が得意技能なのでクラスチェンジまではさほど困らないだろう。
魔法剣を装備すれば活躍できないことも無いが守備が低いため前衛に行くことはできず、専用戦技「流星」は武器耐久を9消費するためソードマスターの良さを活かせるか危うい。


アサシン(上級種)

兵種スキル「忍び足」のお陰で敵からほとんど狙われることなく移動できるため、ソードマスターと違い魔法武器での活躍はしやすい。
特に魔法弓は竜騎士に対して絶大な強さを誇る。
ただアサシンに拘る必要があるかと言われると微妙。


エピタフ(最上級種)

魔法剣と黒魔法を駆使して戦うスタイル。
兵種スキル「剣の達人」「黒魔法の達人」と紋章の効果を両方活かせる。
移動力6と攻撃範囲を活かして活躍させやすいが、魔法の使用回数に気をつけることと成長補正で速さを10%下げるため鈍足になりやすいことに注意しよう。


スナイパー(上級種)

兵種スキル「弓射程+1」のお陰で移動力5でも活躍は可能。
ただ他の前衛系兵種と同じく魔法武器のほうが敵を倒しやすい。
習得魔法を全て犠牲にしてでもスナイパーにする価値があると思ったらクラスチェンジしてもいいだろう。


ウォーロック(上級種)

兵種スキル「黒魔法の達人」「黒魔法使用回数×2」のお陰で、持ち前の黒魔法を活かせる。

「フィンブル」をはじめ習得魔法の威力こそ低いものの全ての魔法に必殺補正があるため、必殺を高める騎士団を同行させて敵陣の中で活躍させることも可能。

この大胆な戦略をできるようになれば、低い移動力も気にならない。


ビショップ(上級種)

兵種スキル「白魔法回復量+10」「白魔法使用回数×2」を活かして遠距離からのサポートに特化できる。

そのため移動力4もさほど気にならず、サポート特化のため射程を伸ばす「テュルソスの杖」や「カドゥケスの杖」を他の魔道士に装備させられる。
攻撃型のウォーロックとは正反対のスタイル。

「リブロー」による回復と「サイレス」による敵魔道士の動き(主に遠距離魔法)を封じることで「リブロー」の消費を抑えつつ仲間たちが間合いを詰められる。

また近づいてくる敵には必殺の高い黒魔法で返り討ちにすることもできる。


グレモリィ(最上級種)

ウォーロックの攻撃型とビショップのサポート型を両立させることができる。
特化したそれぞれと比べてスペックはやや劣るものの、敵陣の中に突っ込ませながら白魔法のサポートができる。
兵種スキル「黒魔法使用回数×2」「白魔法使用回数×2」によって、魔法が使えなくなる事態は避けられる。

「魔導の杖」「癒しの杖」を装備すれば威力や回復力をある程度補うことができるだけでなく、状況に合わせて使い分けることも可能。

魔道士キャラは持てるアイテムに余裕があるので、複数の杖を持つことは容易い。
つまり射程を伸ばす杖も持っていける。


踊り子(白鷺杯優勝)

移動力6で魔法が使えるものの、成長補正が殆ど無いうえに魔法の使用回数も威力や回復量に補正がかからない。
「剣回避+20」のスキルも習得するため、敵をひきつけて回避に徹したり、黒魔法の反撃、白魔法や踊りによるサポートもできる。
多彩な戦法をとれる分、魔法に関してのサポートが薄いので注意しよう。


騎乗系

パラディン(上級種)

ダークナイトやホーリーナイトを目指しているなら槍や馬術の技能経験値を積むのに最適。
槍も馬術も得意技能なので、クラスチェンジには困らないだろう。
ただマリアンヌ自身の力と守備が低く、魔法が一切使えないので兵種マスタースキル「聖盾」を習得したらさっさとクラスチェンジしたほうが賢明。


ボウナイト(最上級種)

移動力8と兵種スキル「弓射程+2」を活かした超広範囲から攻撃できるため、パラディンよりも耐久面を気にしなくて済む。
魔法弓を使えば紋章の効果を期待しつつダメージも与えられ、「聖盾」を習得していれば間接攻撃を行う敵と対峙してもダメージを軽減する可能性がある。
ただし魔法弓による攻撃が確保できればの話で、習得魔法も使えなくなるのはマイナス


ダークナイト(最上級種)

移動力7と黒魔法の射程を活かした広い攻撃範囲が魅力。
兵種スキル「黒魔法の達人」によって威力が上昇するため、攻撃を仕掛けて倒す機会が増える。
魔法の使用回数は増えないため、反撃で倒すスタイルで戦う際は残り使用回数に注意しよう。


ホーリーナイト(最上級種)

兵種スキル「白魔法の達人」は「リザイア」と「オーラ」にしか加護が得られず、回復量も増えないためダークナイトより使い勝手は良くない。
「地形耐性」の兵種スキルを持っているため、火の海でも関係なく進めるが、このくらいしか利点は無い。
後は兵種マスタースキル「魔防の覚醒」が欲しいか否か。


ファルコンナイト(最上級種)

高い機動力を誇るものの魔法が使えないため価値観としては微妙。
兵種スキル「回避+10」と兵種マスタースキル「回避の覚醒」に加えて「警戒姿勢+」回避を上昇する騎士団、更に魔法剣を装備して「剣回避+20」を使えば、自身の魔力と紋章の効果を活かせる。
魔法剣さえ確保できれば可能な戦術ではあるが、その確保が非常に大変。


ドラゴンマスター(最上級種)

活躍させるならファルコンナイトと同じ戦術になる。
ただ見た目と能力が微妙に違う程度なので、どちらにするかは好みでよい。


スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す

命中+20(アーチャー)

文字通り命中を+20する。
魔法は地形による回避上昇を無視できる仕様を持つため、このスキルを習得して確実に命中させるようにしたい。


待ち伏せ(傭兵)、怒り(ウォーリアー)

HPが50%以下の時に攻撃されると発動、前者は先に攻撃ができるようになり、後者は必殺+50。

マリアンヌが習得している魔法と相性が良い。

一撃で倒すことで魔法の消耗を防ぐこともできるため習得まで手間がかかるものの、攻撃型で活躍させたい人は習得しておきたい。


魔力の覚醒(グレモリィ)、必殺の覚醒(ドラゴンマスター)

HPが25%以下で発動、前者は魔力+8、後者は必殺+30。

先述した「待ち伏せ」「怒り」との相性が良く、覚醒時の必殺補正は合計で+80になる。

更に必殺補正ができる騎士団を同行させることで100%に近い必殺を相手にお見舞いすることができる。
HPが少ないので、射程外からの敵に攻撃されないこと、必殺の一撃で確実に倒すこと、個人スキルが発動しないように注意しよう。


祈り(プリースト)

HP1以外の時に致死ダメージを受けた際、幸運%でHP1を残して耐える。

覚醒状態からの事故死を防ぐことができる。

確実に防げないが、無いよりははるかにましである。
アイテムの傷薬をもっていれば発動後に使用することで、再び発動条件を満たせる。


重さ-3(重装技能レベルC)、重さ-5(重装技能レベルA+)

武器や魔法と防具の重さを合計した値から数値分軽くする効果を持つ。
マリアンヌの力は低いため攻速の影響を受けやすい。
追撃のリスクを減らすためにも習得しておきたい。


最後に

個人スキル、紋章、習得魔法のうちどれを活かすかでマリアンヌの立ち回りは大きく変わってくる。

好きなスタイルで活躍させてほしいが、魔法武器を使うスタイルは使用回数に制限がつくためオススメしない。


5年の歳月で変わる見た目や、紋章や魔法を活かした場合の立ち回り、そして主人公とのS支援内容など、かなりギャップの強いキャラになっている。
そんなマリアンヌのポテンシャルが伝われば幸いである。
これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング