謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

気軽に参加できる謎解き「オールナイトニッポン脱出」

f:id:Mark-LXiii:20200202110732j:image
気軽に参加できる謎解き「オールナイトニッポン脱出」

ある刑務所からの脱出から始まったこのシリーズ。
今回は実際に放送されているラジオ番組「オールナイトニッポン」とのコラボ公演。
謎解きに馴染みの無い人でも楽しめる配慮がされているので、感想と合わせて紹介する。


※謎解きの核心は記載していないが、公演内容の一部がわかる記事になっているため、読む際は自己責任でお願いしたい。

概要

開催場所

東京ミステリーサーカス(TMC)

プレイ時間

15分(説明解説込みで30分ほど)

プレイスタイル

ラジオブース内で生放送を聞きながら謎を解くルーム型

人数

1〜4人

料金

一般: 1,500円(税込)

グループチケット:5,600円(税込)

公式サイト

https://mysterycircus.jp/ann/?utm_source=190719_main&utm_medium=reald&utm_campaign=ann

 

プロローグ

あなたたちは伝説のラジオ番組「オールナイトニッポン」の新人パーソナリティ。現在は深夜2時45分。深夜3時から始まる「オールナイトニッポン0(ZERO)」の準備をしているところだ。

そんな中、生放送中の「三四郎のオールナイトニッポン」にリスナーからのお便りに、混じって『時限爆弾』が届いてしまう!犯人からの声明はこうだ。

「15分以内にこの爆弾を解除してみろ。ただし、放送を止めたり、警察に通報すればその瞬間に即ドカンだ!期待してるぜ、伝説の生放送をな……‼︎」

このままだと、50年以上続いたオールナイトニッポンの歴史が大爆発とともに終わってしまう!三四郎の2人から情報を聞き出し、この爆弾を解除できるのはあなたたちだけだ!

生放送を聞きながら些細な情報をキャッチし、このオールナイトニッポン最大の危機を乗り越えろ!!!

(公式ホームページより引用)

 

感想

この公演はラジオブースの中で爆弾の爆発を防ぐために謎や暗号を解き明かす公演。
中はオリジナルのラジオブースになっていて、なかなか手の込んだセットになっている。
「扉を開けるとそこは別世界」は大げさな表現だが、世界観に十分浸ることができる。


席を立たなくても楽しめるようになっているため、部屋の隅々をくまなく探索する要素は従来のルーム型と比べてかなり低く設定されている。

ルーム型の公演は会場(ホール)型より難易度が高いものが多い中、謎自体も易しめに設定されており、世界観と謎解きを楽しめる公演。

同じ短時間の狭いルーム型である「ある沈没船からの脱出」と比べるとかなり易しめ(個人的感覚)に設定されているので、初心者が4人で参加しても成功したときの喜びを味わると思う。


三四郎の生放送を聞きながら謎を解くスタイルなので、耳が聞こえない人は参加する前に検討したほうがいい。

オールナイトニッポン及び三四郎のファンにとっては終始2人の声が聞ける内容になっている。
またオールナイトニッポンの各曜日パーソナリティの芸能人も出番は少ないが、この公演のために収録した音声もあるのでファンの方にとってはありがたいだろう。


今回はラジオブースを再現しているので、前面に大きさガラスがある。

謎解きの様子が分からなかった今までの公演と違い、中の様子が丸見えになっている。

この状態でもネタバレになることは無く、むしろ公演に参加している人の様子をみられるため、謎解きを経験してない人にとっては雰囲気がわかるので、参加への検討材料になる。

15分公演なので回転率も良く、込み具合によってはその日のうちに参加できることも魅力の1つ。


普段のルーム型の公演はゲームが開始するとともに、謎解き慣れしている人たちが椅子や引き出しをくまなく探し出すので、慣れてない人にとっては異様な光景で引いてしまうこともある。
謎解きの醍醐味は自分たちの力で活路を切り開くことだが、それは所詮慣れている人たちの価値観。
一方この公演はゲーム開始時に三四郎の2人から指示があるため、謎解きに慣れてない人も何をすればいいのかが明白になっている。

つまり初心者の人でも謎解きの世界に入りやすい配慮がされているので、制限時間の全てを謎解きで楽しむことができるだろう。


最後にこの公演はブースを使った記念写真を撮ることもできる。
フォトスポットは張りぼてが多い中、本格的なブースを使って撮影できる公演は少ないので、参加した際はいかがだろうか。
これからもどうぞよろしく


リアル脱出ゲームランキング