謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 ローレンツ おすすめ兵種&スキル

f:id:Mark-LXiii:20200214235903j:image

知れば知るほど味のあるやつ

最初の印象とは違い人柄を知っていくといい人だとわかる味のあるキャラ。

今回はそんなローレンツの人柄とポテンシャルについて解説。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

キャラ解説

一見貴族の立場を振りかざす人なのかと思ったが、彼なりに信念を持っている。

一言で言うと人柄を知れば知るほど彼の良さがわかってくる。

クロードのことを好敵手として対立しながら認めていたり、マリアンヌに対し気をつかった一言など、ふとしたところに見える人柄が彼の魅力と言えるだろう。

 

ステータス

f:id:Mark-LXiii:20200216105408j:image

見ての通り全体的に高い成長率を誇る。

これといった長所こそは無いものの、成長のバランスは主人公を彷彿させる。
強いて言えば幸運が低いが、これも比較をしたら低い程度。
しかしバランス型の宿命は実際の運。
レベルアップした際に能力が上昇しないと意味がないので、殆ど2つしか上がらない可能性も持ち合わせている。


紋章

グロスタールの小紋章

魔法攻撃をした際、稀に威力上昇(+5)。
ローレンツは武器も魔法も高い成長率を誇るため、この紋章による恩恵を得る機会はある。
リシテアのそれよりも発動率は低いものの、魔法で戦う限り紋章の効果が腐ることは無いだろう。


個人スキル

名門貴族

騎士団を同行させているとき、与えるダメージ+2
今作のコンセプトと非常にマッチしたスキル。

騎士団の能力補正に加え個人スキルが発動するため確実にスキルを発動させることができる。
武器や魔法関係なくダメージを+2できることも強み。


習得魔法

()内は習得する技能レベルを示す

黒魔法は「ファイアー(D)」「アロー(C)」「ライナロック(B)」「アグネアの矢(A)」
白魔法は「ライブ(D)」「リザイア(D+)」「リカバー(C)」「Mシールド(B)」


「ライナロック」や「アグネアの矢」を習得するため、魔法での攻撃ソースも十分。
しかし使用回数が少ないため、敵によって攻撃する魔法を使い分けるプレイイングが求められる。


射程3の「トロン」や遠距離魔法を習得しないため、「黒魔法射程+1」のスキルや「テュルソスの杖」を活用して射程を伸ばそう。


白魔法は一見使わなさそうだが、「リカバー」は前衛のキャラの体力回復、「Mシールド」は遠距離魔法の脅威を緩和できるため有効。
ともに隣接しないと使えないため、前衛系のキャラが習得できる意味は大きい。

回復の選択肢が多いほど戦略の幅も広がるので、魔法攻撃をするなら習得させたい。


武器技能

槍、理学、馬術の3つが得意なので、これだけをみるとダークナイトがデフォルトの最終目標。
成長率を考慮してもダークナイトの適正は高いので素直にクラスチェンジして良い。
苦手な技能は格闘術。
「魔殺し」は無くても活躍は見込める上に、武器で戦う機会も多いため、戦技「瞑想」を入れる枠に余裕があるか微妙。


兵種解説

特殊兵種

踊り子(白鷺杯優勝)

個人スキルと騎士団で自身の能力を高められるので、やはり前衛に出して敵と対峙したいところ。
白鷺杯優勝時に「剣回避+20」を習得できるが、剣を得意技能としていないため、習得しても活用できるか微妙。


上級種

勇者

兵種スキル「剣の達人」「待ち伏せ」を活かすなら、体力が半分以下にさせて他のスキルと活用させる形になる。
ただ剣と斧の技能を1から鍛えないといけないため、結構手間。
その手間の割に得られる強さは他のキャラでも実現できるため、ローレンツで拘る必要もない。
また移動力が5しかないこともネック。


ソードマスター

魔法剣を使いこなすことで、物理と魔法の二刀流が可能。
ともに剣で攻撃するため兵種スキル「剣の達人」「剣必殺+5」を活用できる。
物理と魔法の成長バランスが良いため、上手く使い分けができる(リアルな成長による)。
ただ魔法剣を確保することと、低めの移動力5をどう補うかの2点が課題。


アサシン

上級種ながら移動力が6で森に関してコスト0。

兵種スキル「忍び足」のお陰で敵から狙われにくくなることを利用して、攻撃重視の騎士団やスキルを活用して大ダメージを与えることが可能。

速さの成長補正がつくため多少は低い速さを補うことができる。

 
フォートレス

魔防の成長率が高いため、物理と魔防の両方に対して壁になることも可能。

防具や騎士団を駆使することで更に壁性能を高めることができる。
しかし速さが低くなるため追撃を諦めること、魔力の成長率を殆ど無駄にすること、移動力を犠牲にすることとデメリットも存在する。


パラディン

他のデフォルト兵種であるフェルディナントシルヴァンレオニーと比べて魔防が高いぶん速さが低い。
その魔防が高いことや、兵種マスタースキル「聖盾」を活かして、敵魔道士から味方を守るための壁役として適任。
逆に速さが低いため、追撃をしづらくなる。

そのためスキル「重さ-3」や装備品「速さの腕輪」などで攻速を補うか、追撃をしなくて済む立ち回りが求められる。


ウォーリアー

魔防が高いので、魔導士相手にも突撃できる。
最小限のダメージで相手を倒すことがものの、この役割をわざわざウォーリアーにして行う必要は無い。
兵種マスタースキル「怒り」を習得したらさっさと別の兵種にした方がいいだろう。


スナイパー

移動力や成長補正はあまり高くないが、

兵種スキル「弓射程+1」と兵種マスターで習得する専用戦技「ハンターボレー」が優秀。

「ハンターボレー」は威力を補うことができるため、敵の射程外から反撃を受けることなく大ダメージを与えられる。

魔法弓を使ってソードマスターのような二刀流もとい二弓流が可能。
攻撃範囲が広い分ソードマスターより置き去りになることは無いだろう。
魔法攻撃に拘る場合、魔法弓の入手に苦労することは間違いない。


ウォーロック

移動力が4、遠距離魔法や「トロン」を習得しないため、「テュルソスの杖」や「黒魔法射程+1」に頼らざるを得なくなる。
他のキャラに移動のサポートをしてもらったうえで、近づいてくる敵を魔法や武器で倒すスタイルになるだろう。
ただ集中攻撃を受けても平気な耐久を持ち合わせていないので、騎士団やスキルによる耐久面の強化や、技と体力を減らすことでポテンシャルを引き出せるスキルを併用しないと活躍はできない。


ダークビショップ

兵種スキルが「ドーラΔ」「魔神の一撃」「呪縛」とウォーロックよりローレンツのポテンシャルを発揮させることが難しい。
「呪縛」による隣接した敵の回避低下を狙うのもアリだが、素直に兵種マスタースキル「生命吸収」を習得するまでの間、我慢すると割り切ったほうが良いだろう。


ビショップ

兵種スキル「白魔法回復量+10」「白魔法使用回数×2」があるものの、移動力が4しかないため、隣接して「ライブ」や「リカバー」を使うことは難しいだろう。
そもそも魔力の成長率もいいため兵種スキルに頼らずとも「リカバー」の回復量は保証されているので、わざわざビショップで活躍させる必要は無い。


最上級種

ドラゴンマスター

今作の飛行系兵種はかなり優遇されているため、ローレンツもその恩恵にあやかれる。
ステータス補正と成長補正により、前衛系としてやや低い力、速さ、守備を解消。
また竜騎士の欠点である低い魔防をローレンツ自身が解決している。
上手くいけばお互いの欠点を補いあえる最高の兵種だが、レベルアップ時の運が悪いと中途半端器な用貧乏に終わることも。

 
エピタフ

ソードマスターのような物理と魔法剣の二刀流だけでなく、習得魔法の攻撃も可能。

兵種スキル「剣の達人」「黒魔法の達人」によって高めの攻撃を繰り出すことができる。

移動力も6なので、5年後の広い戦場でも、部隊から置いて行かれることは無いだろう。

欠点を挙げると速さの成長補正を10%下げてしまうこと。

ローレンツの速さはそこまで高くないので注意しよう。


グレートナイト

ステータス補正で力と守備を補えるが、ステータス補正と成長補正によって速さが低下するため、鈍足は解消できない。
ここは開き直って機動力のある壁役として活用したほうが良い。

フォートレスよりやや耐久は落ちるものの、防具や騎士団の補正で壁役を果たせるなら機動力で勝る分フォートレスより活躍の幅は広がるだろう。

 
ボウナイト

移動力8と兵種スキル「弓射程+2」による広い攻撃範囲が売り。
魔法弓が手に入れば、物理と魔法の使い分けのできる。

相手の射程外から一方的に攻めることもできるが、魔道士相手に高い魔防と射程を活かして反撃で倒すことも可能。

魔道士は守備が低いため、速さが育っていれば難なく倒せるはず。


ダークナイト

エピタフのように武器と魔法による二刀流が可能。
移動力7と騎馬による再移動、場合に応じて馬から降りて移動コストを回避できるため、機動力ではエピタフと比べるまでもない。
また成長補正でもこちらも速さ補正は-5%。
やや下がってしまうものの、エピタフや他の騎馬兵種と比べれば良いほうで、他の成長補正も悪くない。

兵種スキルは「黒魔法の達人」のみだが、総合評価でエピタフにするなら得意技能だけでクラスチェンジできるダークナイトのほうが良いだろう。


ホーリーナイト

兵種スキル「白魔法の達人」は「リザイア」しか威力が上がらないので恩恵は少ないものの、ダークナイトと同じく速さの成長補正は-5%。
魔法の使えるパラディンとして認識すれば活躍できなくもない。
ただそれならダークナイトのほうで済む話。
強いてホーリーナイトの利点を上げるならば兵種スキルに「地形耐性」を習得していることと、ダークナイトより僅かにだが成長補正で勝ること。


特級種(DLC)

トリックスター

速さの成長補正によって低めの速さを補うことができる。
魔法を少し使えるため「リカバー」や「Mシールド」よるサポートが可能。
更に専用戦技「トリック」を使うことで敵からの攻撃を引き受けることができる。
魔防が高いので魔法攻撃を受けることは容易だろう。
その際反撃で敵を倒せる手段を用意しておきたい。


推奨スキル

()内はどの兵種をマスターすれば良いか示す。

鬼神の一撃(ブリガンド)
魔神の一撃(メイジ)
金剛の一撃(アーマーナイト)
明鏡の一撃(エピタフ)
清流の一撃(トリックスター)

いわゆる攻撃を仕掛ける際に能力を上昇。
効果は上から、力+6、魔力+6、守備+6、魔防+6、回避+30。
アサシンやボウナイト、トリックスターのような敵からの反撃を受ける機会が少ない場合に有効。
金剛や明鏡はスタータス次第では無くても十分活躍が見込める。


待ち伏せ(傭兵)
怒り(ウォーリアー)

HPが半分以下且つ敵から攻撃された際に発動。
前者が先に攻撃を仕掛けることができ、後者が必殺+50。
反撃の一撃で敵を倒すコンセプトなので、必殺値に補正がかかる騎士団を同行させよう。


力の覚醒(勇者)
速さの覚醒(ボウナイト)
守備の覚醒(グレートナイト)
魔防の覚醒(ホーリーナイト)
必殺の覚醒(ドラゴンマスター)

HPが25%以下になると発動。
効果は上から力+8、速さ+8、守備+8、魔防+8、必殺+30。
HP管理を徹底しないいけない欠点を持つが、能力を大幅に上昇できる。
これによって上昇した守備や魔防で敵の攻撃ダメージを0にできれば、敢えて体力を減らすことで無敵になれる。


大盾(フォートレス)
聖盾(パラディン)

技%で受けるダメージを半減。
前者は剣、槍、斧、格闘、魔物。
後者は弓と魔法による攻撃から半減する。
因みに武器以外の英雄の遺産は紋章一致で、この盾スキルを発動させることができる。

ローレンツもテュルソスの杖を紋章一致で使えるが、彼以上にこの杖を使いこなせるキャラはたくさんいるため、この杖を持たせる機会は全く無い。

つまり耐久面を上げたい場合はスキルを習得さることになる。


蛇毒(ダークマージ)

自身から攻撃を仕掛けた後に相手最大HPの20%分ダメージを与えるスキル(このダメージで倒すことはできない)。

敵を仕留め損ねた際に更にダメージを与えることで、後続が倒しやすくなる。
巨大魔獣と戦う際に真価を発揮するので、サポート型の場合は習得をオススメする。


重さ-3(重装技能レベルC)、重さ-5(重装技能レベルA+)

装備した武器か魔法と防具の合計した重さを数値分軽くするスキル。
耐久型にする場合、盾の装備は不可欠でそれによる攻速低下は避けられない。
ローレンツの速さはあまり高くないので、敵によっては追撃を受けることでかえってダメージが増すことも。
スキル枠に余裕があれば、習得して余計なダメージを受けないようにしておきたい。


警戒姿勢(飛行技能レベルB)、警戒姿勢(飛行技能レベルA+)

攻撃せずに待機すると回避+15(警戒姿勢+になると+30)。
ローレンツの個人スキルは騎士団さえ同行していれば発動するので、回避率を高めておけばダメージを防げて騎士団の壊滅も防げるため習得しておいて損はしない。


最後に

苦手技能の格闘術を鍛えないといけないため、紹介しなかったが、ウォーマスターもバトルモンクも苦労してクラスチェンジしても、ローレンツの攻撃力では活躍が難しいと判断して割愛した。


ローレンツは個人スキルも成長率も汎用性が高いため、個性を活かすことが難しい。
尖ったステータスでは無いため使いやすい一方で、代用できてしまう悲しい立ち位置でもある。
そのため紹介したスキルも他のキャラでも当てはまる内容になっている。
性格は癖が強い分、ステータスや個人スキルは落ち着いているため、育てたことのない人はその安定ぶりを見てみては?

これからもどうぞよろしく

ニンテンドースイッチランキング