謎解きとゲームのブログ

謎解き公演の感想、実際にプレイしたゲームの攻略記事などを記載しているブログ

FE風花雪月 攻略 イエリッツァ おすすめ兵種&スキル

f:id:Mark-LXiii:20200308142147j:image

強さ以上のギャップを併せ持つ

追加キャラとして参加した彼は規格外の強さを持つ一方で意外な一面を併せ持っていた⁉︎

今回はそんなイエリッツァについて解説。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

メルセデスの異父姉弟。
幼少期にメルセデスと生き別れてから紆余曲折な人生を歩み、今はフリュム家の養子になっている。
どんな紆余曲折な人生だったのかはメルセデスとの支援会話をその目で確かめてほしい。
メルセデスとは年子で、家の境遇もあってかメルセデスとの絆は固く、彼女のために行動を起こした一面も。


そんな彼だが、甘味と猫が好きな一面も。
追加キャラのコンスタンツェは幼少期からイエリッツァを知っているので、このことも知っている。
そのためか近寄りがたい雰囲気があるにも関わらずお構いなしで接するため、困惑していることも。


そしてその近寄りがたい雰囲気しか知らないベルナデッタと何故か煤闇の章が解禁されたタイミングの無償追加コンテンツで支援会話ができるようになっている。
個人的には好きなキャラとの会話は嬉しいが、ベルナデッタワールド前回の支援会話はなかなか面白い。


ステータス

f:id:Mark-LXiii:20200308165612j:image
速さはペトライングリットレオニーツィリルと同じトップクラス
力と守備もなかなか高い。
技がやや低いものの、愛用武器のお陰で命中に悩まされることは無い。
幸運と魔防に至っては前衛系なら普通。
ただ魅力に関しては孤独こそが戦いと豪語しているためか、ワーストタイの成長率。
兵種やスキルが強いからと過信しないように。


紋章

ラミールの小紋章

稀に回復魔法使用時、使用回数を消費しない。
実は死神騎士は魔法が使える兵種なので、紋章の効果は無駄になっていない。
同じ紋章をもつメルセデスとその価値観を比べることはやめよう。


個人スキル

殺意

こちらから攻撃を仕掛ける際に命中+20。
これは発売当初から変わっておらず、言ってしまうとイグナーツの完全下級互換。
またスキル「応撃」を唯一習得できるが、これと全く噛み合わない。
残念過ぎる組み合わせだが、攻めるときも反撃時もスキルによって強化されていると捉えることもできる。

 

習得する戦技、魔法、騎士団スキル

※一部共通して習得するスキルは割愛
飛行を才能開花時にスキル「飛燕の一撃」を習得

理学は「サンダー(D)」「トロン(C)」「デスΓ(B)」
信仰は「ライブ(D)」「リザイア(D+)」「レスト(C)」を習得。
エーデルガルトと同じく黒魔法と闇魔法を習得するが、理学を鍛えても「闇魔法射程+1」や「闇魔法の達人」は習得しない。
とは言え魔力より力の伸びが高いため、魔法で攻撃することはせいぜい鎧兵くらいだろう。
白魔法は「レスト」を習得するため、いざと言うとき弱体化を治すことができる。

 


技能解説

得意技能は剣、槍、格闘と馬術に加えて才能開花する飛行(スキル「飛燕の一撃」を習得)の5つ。

苦手技能は信仰と指揮。

男性で唯一「飛燕の一撃」を習得するため、対ソードマスターやアサシンに速さ負けしにくくなる

専用兵種の死神騎士へは仲間になった段階からクラスチェンジでき、技能レベルもそれなりに高いのである程度の兵種ならクラスチェンジしやすい。

強いてあげるなら信仰を苦手にしているので、特級兵種へややクラスチェンジしにくいことくらい。

これらを踏まえて必要な兵種マスタースキルを習得しよう。


兵種解説

専用兵種

死神騎士

イエリッツァ専用兵種。
パラディンやダークナイトより速く、ダークナイトやホーリーナイトより前衛向けでイエリッツァ自身の成長率と相性もいい。
鈍足になることなく、成長補正を受けられるのは有り難い。
しかも移動力が8なので、機動性にも困らない。
兵種スキル「槍の達人」があるお陰で得物による攻撃面も底上げできる。
しかも魔法が使える兵種なので、「レスト」による弱体化の解消や、鎧兵などの守備が高い敵を武器消費を抑えつつ倒せる。


兵種マスタースキル「応撃」はイエリッツァ専用スキルで、別の兵種でも活用できる。
これを習得すると、敵の遠距離魔道士を一掃できるため、バランスブレイクな性能になる。


上級種

勇者

兵種スキル「待ち伏せ」は「応撃」と相性抜群。
もう1つの兵種スキル「剣の達人」を活かして多種多彩な剣による攻撃力を上げても良し、愛用している鎌で敵を薙ぎ払っても良い。
「応撃」を習得していれば、敵の射程範囲に入れば必ず反撃するため、機動力の低さをカバーできる。
兵種マスタースキル「力の覚醒」との相性も良いため、意外と活用しやすい。
ただ敵がいないときは仲間による機動力のサポートが必須。


ソードマスター

ステータスや成長補正は勇者より上だが、剣を装備しないとポテンシャルを引き出せない。
愛用の鎌は他のキャラに装備させることもできるので、この兵種で活躍させたい場合は鎌は使わないほうが良いだろう。
力と速さが高いうえに専用戦技「流星」もあるため十分な活躍が見込める。
ただし技が低く愛用の鎌を使わない場合、個人スキルが発動しない反撃時に起こる命中低下は頭に入れておこう


余談だが、普段の装いはソードマスターのイメージに合っている気がする。


アサシン

兵種スキル「忍び足」は、アサシン以外の味方と敵の攻撃範囲に入った場合、必ず狙われなくなるスキル。
つまり「応撃」を発動させる機会が激減してしまう。
守備はドゥドゥー、ラファエルに次いでディミトリと同じ高さ、魔防も低いほうではないので、「応撃」が活かせなくなるのは勿体ない。
 

フォートレス

アサシンで先述した高めの守備を活かして盾職になれる。
速さが低下するが「応撃」と「切り返し」を習得させれば、どんな相手に対しても追撃が可能できる。
特に物理攻撃の相手なら盾や騎士団を活用することでダメージを受けなくすることも可能
移動力が4ので、機動力のサポートは必須だが、使いどころによっては大活躍することも。


パラディン

ステータスや成長補正を見ると死神騎士の下級互換。
兵種スキルに「地形耐性」があるものの、活用できる場面は殆ど無い。
兵種マスタースキル「聖盾」を習得したらお役御免になる。
 

スナイパー

兵種スキル「弓射程+1」もあるため、他の歩兵系より攻撃範囲は広い。
守備の成長率が高いので、デフォルト弓使いと異なり、対面から反撃することも可能。
専用戦技「ハンターボレー」と個人スキルの相性も良くそこそこの命中安定からダメージも期待できる。
しかし技が低いため、より離れた射程から攻撃する際は命中不安になりやすい欠点を持つ。


ウォーロック

兵種スキル「黒魔法の達人」「黒魔法使用回数×2」は最も威力の高い「デスΓ」に影響を与えない。
成長補正により魔力の成長率は良くなるものの、それでも力のほうが高い成長率で習得する魔法も「サンダー」「トロン」の計3つ。
素直に武器を使ってもらった方が活躍できそうだ。


ダークビショップ

兵種スキル「呪縛」(隣接する敵の回避-20)は武器攻撃にも活用できるが、「ドーラΔ」と「魔神の一撃」は活かせない。
使用魔法の種類は増えるものの、移動力4では活躍させるのも難しい。


しかし兵種マスタースキル「生命吸収」は自身でHP管理ができるようになるため習得させる価値はある。
ダークマージの兵種マスタースキル「蛇毒」も活用できるので、スキル習得目的でクラスチェンジするのはアリ。
 

最上級種

ドラゴンマスター

成長率やステータス補正は死神騎士に劣るが、飛行系による機動力で勝る。

とは言え、兵種スキル「斧の達人」は鎌と相性が悪く、斧に持ち替えると命中不安と戦技の貧弱に悩まされる。

専用兵種なだけあって死神騎士は他の騎馬・飛行系兵種を凌駕している。

元々追加キャラなので、飛行系でなければ絶対困る場面は無い。

 兵種マスタースキル「必殺の覚醒」を習得ときくらいしかクラスチェンジしないだろう。

 

エピタフ

速さの成長補正が10%下がってしまううえに、兵種スキル「黒魔法の達人」は「デスΓ」の威力を上げられない。

兵種マスタースキル「明鏡の一撃」が必要なら習得までの間辛抱しよう。
 

グレートナイト

守備のステータス補正は死神騎士以上なので、物理攻撃ばかりの敵を相手にするなら選択肢に含まれる。

フォートレスより速さと機動力に優れるため、「応撃」「切り返し」のコンボはこちらのほうが移動のサポートを必要とせず、兵種スキル「槍の達人」もあるので、こちらのほうが活躍できる。


ボウナイト

移動力8と兵種スキル「弓射程+2」も「応撃」があるため、存在が霞んでいる。

成長補正も低いため、弓の技能レベルをA近くまで上げて兵種マスタースキル「速さの覚醒」を習得したいか否か。

 

ダークナイト

兵種スキル「黒魔法の達人」「闇魔法の達人」のお陰で習得する魔法を強化できるが、武器での攻撃をメーンとしているイエリッツァにとって、成長率や移動力を下げてまで魔法攻撃を強くする選択肢は無いだろう。

 

ウォーマスター

兵種スキル「必殺+20」はイエリッツァの立場から見ても魅力的。

「応撃」「待ち伏せ」「怒り」と愛用の鎌、これを揃えると自身のHPが50%以下になったとき、必殺+100以上の一撃を与えられる。

これに必殺を上昇させる騎士団を加えるととんでもない必殺の値になる。

 

兵種マスタースキル「切り返し」は他の兵種でも活かせるので、槍を持たせて対ソードマスターやアサシンに対して追撃をとれるようにすなればより心強くなる。

 

特級兵種(DLC)

トリックスター

魔法は使え、成長補正は高いものの、兵種スキル「忍び足」の影響で「応撃」を活かしづらくなるので、あまり相性は良くない。

専用戦技「トリック」を使って華麗に機動力を発揮させるより、素直に騎乗したほうが行動回数が多い分戦いやすい。


バトルモンク

愛用の槍を他の誰かに託すなら兵種マスタースキル「格闘回避+20」を習得して「応撃」を活かした反撃型にするのも悪くない。

格闘の武器は命中が高いため、イエリッツァでも命中不安になりにくい。

攻撃を仕掛ける際も個人スキルを活かして高い速さから最大4回攻撃を繰り出せるため悪くないスペックなる。

魔法のサポートが欲しいならバトルモンク、攻撃特化ならウォーマスターがオススメ。


スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す

命中+20(アーチャー)

文字通り命中を+20。
武器攻撃だけでなく、戦技、魔法、計略の命中も上昇するので、命中安定を図りたいならオススメ。
イエリッツァは技の成長率が低いため、愛用の鎌以外では命中不安になりやすく、巨大魔獣と対峙する戦場で困らないように早めに習得しておきたい。

 

蛇毒(ダークマージ)

こちらから攻撃を仕掛けた後に敵最大HPの20%分ダメージを追加するスキル(これによる撃破は不可)。
個人スキルと間接的に相性が良く、敵の体力を一気に減らせるため巨大魔獣狩りに向いている。


生命吸収(ダークビショップ)

こちらから攻撃を仕掛けて敵を倒した際に与えたダメージの半分を回復できるスキル。
攻撃しながらHP管理をできるようになるため、力が高く愛用武器を持つイエリッツァにとっては習得しておきたい。
またこれも個人スキルと相性が良いため、倒しそびれをしづらいことも利点。

 

 

鬼神の一撃(ブリガンド)
飛燕の一撃(飛行才能開花)
金剛の一撃(アーマーナイト)、
明鏡の一撃(エピタフ)、
清流の一撃(トリックスター)

攻撃を仕掛けた際に発動。
上から力、速さ、守備、魔防を+6(清流の一撃は回避+30)。
個人スキルや「蛇毒」「生命吸収」との相性が良い。
全てを活用できるスペースは無いので、活用や習得がしやすい鬼神の一撃がオススメ。


待ち伏せ(傭兵)、
怒り(ウォーリアー)

HPが50%以下で攻撃された際に発動。
前者は先に攻撃ができるようになり、後者は必殺+50。
「応撃」と組み合わせることでどんな射程の敵にも必殺+50の強烈な一撃を与えられる
愛用の鎌は必殺+30の代物なのでこれだけで必殺+80と規格外の強さになる。


力の覚醒(勇者)、
守備の覚醒(グレートナイト)、
必殺の覚醒(ドラゴンマスター)

HP25%以下で発動。
対応するステータスを+8(必殺の覚醒は+30)。
「応撃」や「待ち伏せ」「怒り」と愛用の鎌との相性は最高。
特に必殺の覚醒を習得すると、効果発動時に必殺の値がどの兵種でも100を超えてしまう

 

切り返し(ウォーマスター)

HP50%以上の際に攻撃された際、絶対に追撃できる。
「待ち伏せ」「怒り」や覚醒スキルと相性は悪いものの、対ソードマスターやアサシンに対して確実に追撃できる。
HP50%を境に戦術を切り替えて戦うことも可能。

 

応撃(死神騎士)

反撃時、どんな射程の相手にも攻撃できる
イエリッツァの代名詞との言えるスキル。
遠距離魔法に対しても反撃できるため、先述した「待ち伏せ」「怒り」などとあわせるとキャラ設定通り1人で敵をせん滅できる。

 

重さ-3(重装技能レベルC)、重さ-5(重装技能A+)

装備している武器か魔法と防具の合計した重さを数値分軽減する。
ただ愛用の鎌は重さが6とそこまで重くない。
盾も騎馬特効を防ぐ「ランポスの盾」なら重さ0なので、他の装備へ変えるときに必要なくらいか。


警戒姿勢(飛行技能レベルB)、警戒姿勢+(飛行技能レベルA+)

攻撃せずに待機した際に回避+15(警戒姿勢+だと+30)
「待ち伏せ」「怒り」を使わないなら価値は出てくるが「格闘回避+20」くらいしか活かせない。
ただ鎌を他のキャラや渡すなら習得させる価値も出てくる。


戦技「瞑想」(格闘技能レベルB)

最大HPの50%を回復する。
戦技なので、これを選択すると攻撃できなくなるデメリットを持つが、周りに敵がいない状況ならむしろ優先度は高い。
薬や仲間からの回復が見込めない状況になってもたいおうができるので、余裕があれば習得しておこう。

 

格闘回避+20(バトルモンク)

格闘を装備しているとき回避+20。

イエリッツァが唯一習得できる特定の得物を装備することで回避が上昇するスキル。

格闘術をメーンにするなら先述した「警戒姿勢」と組みわせる価値はある。
「応撃」を使えば格闘の弱点である射程は克服できる。
 

最後に

追加コンテンツで解禁されたキャラなので、他のキャラと比べるとかなりの性能を誇る。
当初は支援会話も主人公と姉のメルセデスだけだったが、今では旧知の仲であるコンスタンツェと何故かベルナデッタが追加されて人間味が増している。
初期ステータスや成長率以上にスキルの組み合わせでバランスブレイクな強さを誇るのでルナティックで無双してはいかがだろうか。
ただし必殺を無効化できる敵にはくれぐれも注意。

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング