謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 ドロテアおすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20190827004703j:image

白と黒の魔法を操る歌姫

そのルックスもさることながら、魔道士としての才能あるキャラ。

今回はその魔道士としての才能を遺憾なく発揮させる兵種とスキルについて紹介する。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

黒鷲の学級で唯一の平民。
そのためほかの生徒たちと距離感を抱きつつも、これまで身につけた処世術で学級生活を過ごしている。
路地裏の孤児から帝国一の歌姫まで上り詰めてた過去があり、人の表面しか見ない人(主に貴族)を毛嫌いしている。

紋章も家柄も領地も持っていないため、そのコンプレックスから歌姫に上り詰めた努力家だが、将来のことを案じて修道院内で玉の輿を狙っている。
基本的に男性との玉の輿を狙っているが、絆や愛があれば性別にこだわっておらず、ベレスをはじめ一部女性キャラと結ばれることも。


ステータス

f:id:Mark-LXiii:20191204181420j:image

成長率をみると突出している能力が無いため、そこそこの能力にはなるだろう。

力や守備も低く、同じ学級内にいるヒューベルトやリンハルトと比べると成長率だけで見ると見劣りしてしまう。

しかし彼女の魅力は成長率ではなく、その習得魔法にある。
黒魔法は「サンダー」「トロン」「アロー」「メティオ」「アグネアの矢」。
白魔法は「ライブ」「リザイア」「リブロー」を習得する。

見てわかると思うが、1人で3マス射程の「トロン」、遠距離攻撃の「メティオ」、高火力の「アグネアの矢」。
更に近接回復の「ライブ」に遠距離回復の「リブロー」と習得魔法に隙がない。

習得魔法の汎用性がここまで高いキャラは他に存在しないため、成長率はイマイチだが、その価値は大きい。
ちなみに遠距離魔法の「メティオ」を習得できるのはドロテアとハンネマン、「サンダーストーム」はヒルダとマヌエラだけなので、遠距離魔法要員としても価値がある。


技能解説

得意技能は剣と理学、そして才能開花する信仰の3つ。

白魔法は元々苦手技能だが、才能開花の対象なので得意技能にでき、その際「白魔法回避+20」を習得する。
成長率と習得魔法、そして得意技能をみると魔導士の適正は高く、素直に魔導士として育てたほうがいいだろう。


苦手技能は馬術と飛行。
この2つが苦手だと、今作の最上級種はほとんどが騎乗と飛行系なので、クラスチェンジできる兵種も限られてくる。
最上級種の兵種マスタースキルは「○○の覚醒」がほとんどなので、これらを習得しづらくなる。
ただドロテアは遠距離から攻撃と回復の両方をこなせる唯一のキャラなので、覚醒スキルが無くても十分に立ち回ることは可能。


ドロテアは多くの魔道士キャラが苦手としている斧や重装は苦手でないことも特徴の一つと言えるだろう。


兵種解説

ウォーロック(上級種)

移動力が4しかないものの、兵種スキル「黒魔法の達人」「黒魔法使用回数×2」によって豊富な黒魔法を活かせる。
相手の距離によって「アグネアの矢」「トロン」「メティオ」を使い分けて攻められるため、ドロテアらしい柔軟な戦術が可能。
強いて言えば「メティオ」の使用回数は2倍にしても2回しか使えないので、使いどころを考えないといけない。


ビショップ(上級種)

同じく移動力4だが、兵種スキル「回復量+10」「白魔法使用回数2倍」によって回復特化型で活躍させられる。

信仰の才能開花スキル「白魔法回避+20」と信仰の技能スキルを活かして敵の攻撃を躱しつつ反撃で倒す戦法も。
「白魔法回避+20」は主人公とドロテアしか習得できず、魔力の高さから「リザイア」は敵の体力を吸収する魔法なので、低くなりがちな守備も補うことができる。

兵種スキルにより回復量が10増えているため、回復手としても活躍が可能。

そのかわり黒魔法の使用回数は通常通りなので、使いどころに気をつけたい。


エピタフ(最上級種)

ドロテアは剣と理学が得意なので、この兵種に最もクラスチェンジさせやすいものの、力や守備が低いため剣による攻撃は向かない。
魔法剣を持たせる方法もあるが、素直に他の兵種で魔法を使ったほうが利口。
成長補正も速さを-10%させ、兵種マスタースキルも「明鏡の一撃」なのでクラスチェンジさせる利点はほとんど無い。


グレモリィ(最上級種)

兵種スキルが「白魔法使用回数×2」「黒魔法使用回数×2」なので、攻撃特化や回復特化のような動きはできない。
しかし移動力が5、使用できる魔法の使用回数全てが2倍なのはオイシイ。
つまり、使用回数の少ない白と黒の魔法を多用できることが最大の利点。

ドロテアしか同時習得できない魔法を多用できる唯一の兵種。


踊り子(白鷺杯優勝)

個人スキル「歌姫」は隣接している仲間のHPを自フェーズ開始時に20%回復するスキル。
踊り子は隣接している仲間を再移動させる兵種、近くに仲間がいないときは遠距離魔法を使って支援を行うことで、行動ムラをなくすことができる。
ドロテアの能力が低くなってしまったときはこの兵種が第一候補になるだろう。
 

スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す

信仰Lv(技能レベルアップ)、白魔法回避+20(信仰を才能開花)

前者は白魔法を装備した際に命中と回避、必殺回避を上昇(最大で命中+10、回避+20、必殺回避+10)。
後者は白魔法を装備した際に回避+20させるスキル。

両者を合わせるだけで、回避+40を常時発動でき、「回避の指輪(回避+10)」と回避を上昇させる騎士団を組み合わせれば、攻撃を避けまくる魔道士がここに誕生する。
万が一攻撃を受けても唯一攻撃ができる魔法「リザイア」は与えたダメージの半分を吸収できるため、守備が低くてもそこまで気にならない。

黒魔法を装備した状態だと隙だらけになってしまう欠点を持つので、遠距離魔法を使う際は周辺に注意しよう。
 

弓殺し(ウォーロック)

魔道書を装備しているとき、弓装備の敵に対して命中回避を+20の補正が入る。

敵弓兵は防御の低いキャラを優先して狙うため、このスキルだけでも3マス以上の離れたところからの攻撃を避けやすくなる。

先述したスキルと合わせると弓装備に対して強気に出られるようになる。


命中+20(アーチャー)

文字通り命中+20する。
今作の魔法は地形による回避を無視できるが、上位の魔法は命中が若干不安なので、悲しみを背負わないために習得しておきたい。


待ち伏せ(傭兵)

HP50%以下で攻撃された際、先に攻撃ができる。
前衛系の敵は魔防が低く、こちらから攻撃することで体力を吸収した(体力に余裕のある)状態で攻撃を受ける形になるため、事故死のリスクが減る。


重さ-3(重装技能B)、重さ-5(重装技能A+)

装備している魔法と防具の重さ合計値を数値分減らすスキル。
ドロテアは魔道士の中で重装を苦手としていない貴重な存在。
攻速を上昇させることは追撃や回避に関わるため、力の低いキャラは習得しておきたいスキル。


最後に

ドロテア最大の長所である多彩な魔法を活かしたいところ。

個人指導やフリーバトルによる技能経験値を稼げる環境があれば、苦手な飛行を鍛えて「警戒姿勢」(攻撃せずに待機した際に回避+15、警戒姿勢+なら回避+30)を習得させれば、攻撃が当たることは無いだろう。

魔道士キャラ全員に言えることだが、技能レベルを上げる技能を絞りやすいので、序盤からコツコツ鍛えて最高ランクにして活躍させよう。
学級内で早めにランクを上げられるキャラがいると、個人指導を他のキャラに回せるため、学級内全体の技能レベルを高めることができる。
理学や信仰以外の技能習得は必要最小限にすれば、早い段階から上位の魔法を使って活躍させられるので、ドロテアの長所を生かしてどんどん活躍させよう。

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング