謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 カスパル おすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20190827004638j:image

巨大魔獣を腕1本で屠る男

カスパルは得意技能が少なく、序盤は取り立て強さを感じないが、成長することによって1人であらゆる敵を屠る男になれる大器晩成型。

彼の強さを十分に引き出す兵種とスキルを紹介。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

ベルグリーズ家の次男。
年相応の価値観と正義感を抱いている人物。
悪に対しては鉄拳制裁をくらわすほど喧嘩っ早いが、目ざとい一面も併せ持つ。
紋章持ちの兄がいるため自身は家督を継げず、自らの武勲で地位を築かなければならない。
自分の築いた功労で恩賞を得るのはごく当たり前のこと。
しかしアドラステア帝国では世襲文化が根付いているため、そんなカスパルをエーデルガルトは憂いているが、本人はほとんど気にしていない。


ステータス

f:id:Mark-LXiii:20191211183254j:image

成長率を見ると実はフェルディナントとほとんど変わらないため、彼のような活躍も可能。
カスパルらしさをあげるなら個人スキル「喧嘩好き」によって隣接した敵の回避を-10できること。

実質自身の命中+10だが、仲間もこの恩恵を受けられ、上手く立ち回れば複数の敵に「回避-10」効果を与えることが可能。

いかにHPを満タンに保つことを求められるフェルディナントとは全く異なる立ち回りになることは明白。


序盤は能力が低いためデフォルトの斧より、格闘術を装備させたほうが活躍できるだろう。
しかし成長していくとどの兵種でも活躍できる能力になるので、デフォルトにとらわれず好きな兵種で活躍させられる可能性を持つ。


技能解説

得意技能は斧と格闘術の2つしかない。

得意技能だけでみるとウォーマスターになるしかないのだが、これで十分な活躍が見込めるので問題ない。

詳細はウォーマスターの欄で解説する。


苦手技能は弓、理学と指揮。
魔法に関しては見た目のイメージ通り苦手なのでほとんど問題ない。
強いていえば「生命吸収」を習得させたくても道のりが長すぎること。
「生命吸収」はこちらから敵を倒した際に与えたダメージの半分を回復できるため、カスパルと相性がいい。
無理やり習得させられるが技能経験値を稼げる環境を整えないと他のスキルを習得できないまま終わってしまうので注意。


指揮に関しては騎士団を同行させれば勝手に鍛えられるものの、成長が遅い。
個別指導で早期から経験値を積ませたりと騎士団による能力補正を最低限受けられるレベルにはさせておこう。


兵種解説

歩兵系

勇者(上級種)

兵種マスタースキル「力の覚醒」は習得して損はしない。
しかし勇者で活躍できるかと言うと同じ歩兵系でもっと適性の高い兵種があるため、勇者はそれの通過点にしか過ぎない。


ソードマスター(上級種)

ステータスからみると意外にマッチしているため悪くはない。
しかし同じ学級内で剣の得意なペトラがいる中、わざわざ得意でもない剣を鍛えてまでクラスチェンジさせる価値があるかと言うと無い。


フォートレス(上級種)

もともと速さがそこそこ高いので、わざわざそれを殺す必要はないだろう。
カスパルはそこまで守備が高くないので、盾として役割を果たせるかどうか怪しいところがある。

 

ウォーマスター(最上級種)

兵種スキル「斧の達人」「格闘術の達人」「必殺+20」により、攻撃力上昇と必殺発動の確率を上げられ、これだけでも優秀。
カスパルの成長率と相性がよく、これにクラスチェンジできる頃は力、技、速さ、守備とまんべんなく育っているはず。
そのため威力と命中のバランスが良く、兵種スキルによる補正で高くなった必殺により、巨大魔獣すら屠れる一撃を放てる。

更に今作初登場の格闘術は勇者の武器と同じく、こちらから攻撃を仕掛けた際に1度に2回攻撃ができるため、最大4回攻撃が出来る。
増えた分必殺の発動判定する回数も増えるため、1度の攻撃で敵を倒せる期待値も上がる。


騎馬・飛行系

パラディン(上級種)

槍と馬術を鍛えないとクラスチェンジできないが、パラディン自体も速さ以外のステータスは高水準。
移動力も8と高いので騎馬系を増やしたい場合や、兵種マスタースキル「聖盾」を習得させたいならクラスチェンジさせるのもアリ。


グレートナイト(最上級種)

重装と馬術を鍛えないとクラスチェンジできず、これらを1から鍛えるのはなかなか大変。
パラディンと同じく、グレートナイトで活躍させたい場合や、兵種マスタースキル「守備の覚醒」を習得させたい場合は地道に技能経験値を積んでいこう。


ドラゴンマスター(最上級種)

騎馬・飛行系の中ならこれが一番のオススメ。

ドラゴンナイトは飛行技能レベルを個人指導などで鍛え上げればクラスチェンジ可能。

そこから飛行と槍を鍛えればそこまで苦労はしないだろう。
移動力が8と高いうえに飛行系なので地形コストを受けない。
今作の竜騎士は能力や成長補正も良く、更に兵種スキルに「斧の達人」があるためカスパルと相性が良い。
弓と魔法が弱点だが、アイテムやスキル、仲間でカバーしてしまえば強い竜騎士が誕生する。


スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す

斧技能Lv、格闘技能Lv(各種技能スキル)

命中、回避、必殺回避を上昇させるスキル(Lv5時の斧は命中+20、回避+10、必殺回避+10で、格闘は命中+10、回避+20、必殺回避+10)。
基本的なスキルだが、カスパルは弓を苦手にしているため「命中+20」を習得させるのは難しい。
そのため命中をはじめとした能力を上昇させる貴重なスキルになっている。


鬼神の一撃(ブリガンド)

こちらから攻撃した際、力を+6上げられる。

格闘術はこちらから攻撃した際、2回攻撃する仕様なので、実質+12と格闘術と相性抜群のスキル。

追撃できれば4回攻撃になり、与えられるダメージも+24も上昇、採用しない理由がない。
 

待ち伏せ(傭兵)、怒り(ウォーリアー)

HPが50%以下で敵から攻撃を受けた際に発動、前者は自身から攻撃でき、後者は必殺+50。
両者を組み合わせれば敵フェーズで攻められても攻撃を受けることなく、必殺の一撃で敵を屠れる。
過信しすぎると敵を倒し損ねたり、それにより攻撃を受けてやられてしまうことがあるため注意。


魔殺し(グラップラー)

格闘を装備している際に魔法の敵に対して命中と回避を+20ずつ上げるスキル。
魔防が低いカスパルにとって一撃でもくらうと致命傷になりかねないため、ぜひ習得したい。
 

警戒姿勢(飛行技能レベルB)、警戒姿勢+(飛行技能レベルA+)

攻撃せずに待機した際、回避+15(警戒姿勢+だと回避+30)。

格闘術との相性は最悪だが、他の得物や兵種の場合は回避率が上昇するためなかなか役に立つ。
特にドラゴンマスターは兵種スキルに「回避+10」を持っているので相性が良い。


重さ-3(重装技能レベルC)、重さ-5(重装技能レベルA+)

装備している武器と防具の重さを数値分減らすスキル。
格闘術の装備は軽いためあまり恩恵が無いように思うが、防具の重さも対象になっているため、盾を装備して耐久力を上げることができる。
勿論良質な重い斧を装備しても、攻速への影響を和らげることができるため、習得して損はない。


最後に

カスパルは新武器である格闘術を遺憾なく発揮できるスタイルになっており、その価値観を確かなものにしている。
直接攻撃しかできない欠点を持つが、直接攻撃では絶対に負けないよう育てられるので、まさに腕の届く範囲ならどんな敵でも屠ることができる。
また個人スキルや成長率のバランスは悪くないので、あらゆる兵種で活躍させることも可能。
飛行技能を鍛えるだけでクラスチェンジできるドラゴンナイト→ドラゴンマスターで飛行系の強さを実感するのも悪くない。

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング