謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 カスパル おすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20190827004638j:image

巨大魔獣を腕1本で屠る男

カスパルは得意技能が少なく、序盤は取り立て強さを感じないが、成長することによって1人であらゆる敵を屠る男になれる大器晩成型。

彼の強さを十分に引き出す兵種とスキルを紹介。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

戦場での役目

攻撃を仕掛ける際に2回攻撃する格闘術の特性を活かして、どんな敵でも確実に1人仕留めるパワー系を担当してもらう。

最上級種までなると必殺値が高くなるので、格闘術の特性と合わせて必殺の期待値を上げることで、高火力が期待できる。

力と速さの成長は中の上程度だが、格闘術と組み合わせることで、速い剣士には2回攻撃で倒すことができ、低速兵種には4回攻撃で倒すことができるで、黒鷲の学級の中で最高火力を誇るエースとして戦場で暴れてもらう。

 

採用兵種「ウォーマスター」

カスパルとの相性がいい兵種で、これ以上に適性のある選択肢が無いと言っても過言では無い。

プレイヤーフェイスでは最大4回攻撃が出来るため巨大魔獣すら倒せるダメージが期待できる。

ウォーマスター兵種スキル「格闘術の達人」と「必殺+20」により、攻撃力上昇と必殺発動の確率を上げることが出来るため、これだけでも活躍が期待できる。

 

おすすめスキル

格闘術Lv

カスパルの技は上昇率があまり良く無いため、このスキルで補わないと命中の期待値が下がってしまう。

地味なスキルだが、カスパルにとって大切なスキル。

 

鬼神の一撃

ブリガンドの兵種マスタースキル。

こちらから攻撃した際、力を+6上げるスキル。

格闘術はこちらから攻撃した際、2回攻撃する仕様なので、実質+12と格闘術と相性抜群のスキル。

4回攻撃できれば+24となるため採用しない理由がない。

 

待ち伏せ&怒り

待ち伏せは傭兵、怒りはウォーリアーの兵種マスタースキル。

「待ち伏せ」を習得には個人指導や目標設定などで剣術の技能レベルを上げる手間がかかってしまう。

しかしそのリターンはとても大きく、今回のスキル「怒り」との相性は抜群。

ともにHPが50%以下で敵から攻撃を受けた際に発動するスキルだからだ。

待ち伏せは自身から攻撃できるようになり、怒りは必殺+50。

つまり殆どの敵を必殺の一撃で屠ることが出来るので直接攻撃限定だが、戦闘力を高めることができる。

 

魔殺し

グラップラーの兵種マスタースキル。

格闘を装備している際に魔法の敵に対して命中と回避を+20ずつする。

魔防が低いカスパルにとって一撃でもくらうと致命傷なので有り難いスキル。

 

 

育成の流れ

初期〜中級種

上級種のウォーリアーとグラップラーの兵種マスタースキル「怒り」と「魔殺し」が欲しいので、序盤から計画的に育成する必要がある。

また「怒り」と相性のいい「待ち伏せ」を習得するために傭兵を経由する必要があり、これが面倒。

そしてブリガントの兵種マスタースキル「鬼神の一撃」も欲しいので、貴族→戦士→ブリガント(途中傭兵を経由)と育成していこう。

毎度の如く、貴族兵種マスタースキル「最大HP+5」と、戦士の兵種マスター時に習得するスキル「力+2」や戦技「体当たり」は必要性があまり無いので、さっさと中級種にして兵種マスターをしよう。

 

個別指導

「剣術」の技能経験値を積んで、傭兵にクラスチェンジができるよう備えよう。

その後「斧術」「格闘術」の2つに絞って構わないが、ブリガントで戦場に出ている間は格闘術の技能経験値を積めないので、格闘術に絞っていいだろう。

「斧術」はウォーリアー、ウォーマスターになれれば不要。

最終的には格闘術」を鍛えて腕一本で戦えるよう育てていこう。

「指揮」も技能経験値を積みたいところだが、カスパルは「指揮」が苦手技能なので、ここではなく目標設定でコツコツ経験値を積んでいこう。

 

目標設定

必ず「指揮」の技能経験値を積もう。

「指揮」の技能レベルが高いと強い騎士団を率いることができ、その分ステータス補正も大きいのでコツコツと技能経験値を積んでいこう。

もう1つは「剣術」や「格闘術」を選択して技能経験値を得よう。

最終的にはウォーマスターとして「格闘術」と「指揮」の技能レベルを上げていくため、1つの技能に絞ると1.5倍の技能経験値が貰える恩恵を活かしてもよい。

 

上級種〜最上級種

長い道のりになるが、上級種のウォーリアーとグラップラーの兵種マスタースキルを習得してからウォーマスターにクラスチェンジしよう。

兵種による成長率ボーナスは仮にあったとしてしても体感できるほどの変化が無いので、どのようにクラスチェンジするかはお好みで構わない。

 

最後に

カスパルは新武器である格闘術を駆使するスタイルになっているが、その価値観を確かなものにしている。

直接攻撃しかできない欠点を持つが、直接攻撃では絶対に負けないよう育てられる(個人スキルの喧嘩好きは隣接する敵の回避を-10)ので、まさに腕の届く範囲ならどんな敵でも屠ることができる。

もし育ててない人がいれば、是非その強さを目に焼き付けてほしい。

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング