謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 ツィリル おすすめ兵種&スキル

f:id:Mark-LXiii:20190911191128j:image

良成長っていうほど良成長じゃない残念なやつ

ユーザーが生み出した悲しきキャラと言っても過言ではないだろう。

今回は良成長持ちの今とツィリルの運用法について記載。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

ステータス

「覚醒」から登場し、シリーズ化している良成長持ちのキャラで、今作は全能力の成長判定に+20%され、バグに対応する為か個人スキルとスキルとなった。

ツィリルの能力成長に期待したいが、そこはキチンと調整されており、魔防の伸びはあまり良くなく、良成長があってこの程度しか伸びないのか⁉︎というほど酷いことも。

しかしHP、技、速さの伸びは本当に良く、力、幸運、守備、魅力は普通な感じ。

恐らくツィリル自体の成長率が低いため、正直シリーズを重ねる毎に弱体化している印象は否めない。

 

武器技能

槍、斧、弓、馬術、飛行の5つが得意なので、騎馬や飛行系の兵種ならスムーズにクラスチェンジできる。

具体的にはパラディン、ボウナイト、ドラゴンマスターなどが該当する。

育成次第ではグレートナイトなども視野に入るため、その選択肢の多さを活かして、学級内の兵種バランスを考慮して決めていいだろう。

反対に理学と信仰は苦手で無理やり技能レベルを上げてもこれといった魔法は習得しないので、大人しく前衛にしたほうがよさそうだ。

 

兵種解説

剣士系

ソードマスター、アサシン(ともに上級種)

剣は得意兵種では無いた、クラスチェンジに手間取るがツィリルの能力を活かすなら、

火力を求めるならソードマスター、移動力ならアサシンを勧める。

なぜ火力を求めるならソードマスターなのかはエーデルガルトの記事を参照にしてほしい。

アサシンは上級種ながら移動力が6で森に関してコスト0のは魅力。

今作の勇者はこれといった魅力が無く、エピタフは兵種スキルが「剣の達人」「黒魔法の達人」と微妙、かつクラスチェンジの条件が厳しいので除外している。

 

騎乗系

パラディン(上級種)

上級種ながら能力が高く、ツィリルの得意技能と相性も良い。

更に兵種スキル「地形耐性」を習得しているので、火の海にいてもダメージを受けず

兵種マスタースキル「聖盾」は弓と魔法の攻撃を技%で半減する為、ツィリルの耐久力を底上げが可能。

 

グレートナイト(最上級種)

重装技能をAにしないといけない為、早期から個別指導や目標設定してクラスチェンジに備えたほうがいいだろう。

最大の魅力は兵種スキル「槍の達人」と「斧の達人」の両方があること。

相手によって得物を持ち変え、力があまり高くなくてもそこそこのダメージを与えられる。

また重装の影響で、守備が多少強化されるのも有り難い。

更にパラディンを兵種マスターしていたら「聖盾」の恩恵も得られる。

注意すべきは重装と騎馬の弱点を持っていること。

 

ボウナイト(最上級種)

この兵種最大の魅力は兵種スキル「弓射程+2」による長距離射程による攻撃。

耐久面にやや心配があっても離れたところから攻撃すれば安心。

「弓の達人」もあるため、火力もそこそこになる。

最上級種なのでステータスの水準も高く、「近接反撃」をセットすれば後方支援だけでなく、前衛で戦うことも可能。

こちらもパラディンを経由していれば「聖盾」のサポートを受けられる。

 

飛行系

ドラゴンマスター(最上級種)

今作のドラゴンマスターはステータス能力が高く、兵種スキル「斧の達人」「回避+10」があるので、弱点である飛行特効をケアできれば、間違いなく活躍できる。

飛行系はコスト0で移動できるため、騎乗系兵種の上級互換と言っても差し支えなく、騎乗系だと移動コストが発生する「荒地」や「階段」が多く存在するため、飛行系の活躍できる場は多い。

但しドラゴンマスターだらけだと弓対策に追われることになるので注意しよう。

 

特殊兵種(踊り子)

ステータスからみると適性はあるが、残念ながら踊り子にはなれない。

そもそもツィリルの踊る姿がシュール過ぎる。

 

おすすめスキル

()内はどの兵種をマスターすれば良いか示す。

待ち伏せ(傭兵)、怒り(ウォーリアー)、力の覚醒(勇者)

待ち伏せはHP半分以下で攻撃された際に先制攻撃、

怒りはHP半分以下で攻撃された際に必殺+50、

力の覚醒はHP25%以下で力が+8。

全てを発動させれば、反撃時に強力な一撃を与えることができる。

必殺値に拘るなら、ソードマスターやウォーマスターのほうが適任、しかし火力がいまいち。

威力の高い武器を持たせて火力に拘ったほうがいいだろう。

しかし全てを発動させると高度なHP管理と運命力が求められるので、覚醒は発動したらラッキー程度に思ったほうがいいか。

 

鬼神の一撃(ブリガント)

攻撃を仕掛けた際に力を+6。

ツィリルの速さは高めなので追撃を発動させやすく、その際少しでもダメージを与えられるようにする。

もしエーデルガルトのようなソードマスター専用戦技「流星」を活かした戦術をするなら是非習得させたい。

 

命中+20(アーチャー)

ボウナイトを活躍させたいなら習得させるべき。

その理由は弓の射程は3以上になるとその代償として命中が下がってしまう。

その命中低下を補うために習得させたいころ。

ボウナイト以外の兵種でも命中を底上げできるので習得させる価値はある。

 

大盾(フォートレス)、聖盾(パラディン)

技%で弓、魔法(聖盾)の攻撃を半減できる(大盾は弓、魔法以外)。

ツィリルの耐久を少しでも上げることが目的。

技の成長率はいいため、発動頻度も期待できるので、活躍する機会も多い。

特に聖盾はツィリルの低くなりがちな魔防をサポートしてくれることと、パラディンは兵種マスターに苦労しない兵種なので、積極的に習得して良い。

 

最後に

個人的には良成長はイベント入手、或いは2周目の特典にして、ツィリル自体の成長率を調整した上で、改めて個人スキルをつけたほうが良かったと思う。

個人スキルが良成長だと実質個人スキルが無いようなもの、成長率もかつて「覚醒」で活躍した良成長持ちのドニと比べると雲泥の差がある。

フリーバトルに何度も出撃して武器経験を積めるなら、強いユニットになれるのでじっくり育てていこう。

 

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング