謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 アロイス おすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20191214080526j:image

令和の時代にオヤジギャグとはねぇ

いわゆる遅めに加入するお助けキャラ枠。
メタボ気味の彼が活躍できるのかそのポテンシャルを記載。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html


キャラ解説

セイロス騎士団に所属しているが、そのきっかけは当時団長だったジェラルトの従者になったから。
当のジェラルトは騎士団を抜けていたが、アロイスはそのまま所属して今に至る。


簡単に騙されてしまうほどお人好しで、騒がしくて魚が釣れないほど明るい性格。
オヤジギャグを連発するので、よく言えばムードメーカー、悪く言う……のはやめておこう。
一方でお化けが苦手な一面を持っており、任務とは言え殺めてしまった人のことを思ったり、敵にも家族がいると思うと戦うのが辛いみたいで、人の良さが滲み出ている。

 

ステータス

f:id:Mark-LXiii:20191214140023j:image
魔力、幸運と魔防の低さは見た目通りなので言及する気も無いが、他のステータスは速さがやや低いだけで悪くない。

いわゆる鈍足ウォーリアーだが、守備の成長率もなかなかなので、壁役を兼任できなくもない。

3つの低い能力さえ気にしなければ、なかなかのポテンシャルを秘めていることがわかる。
ただ低めの幸運と魔防をどう補うかがポイントになるだろう。


技能解説

得意技能は斧と格闘、重装の3つ。
得意技能からクラスチェンジしやすいフォートレスとウォーマスターは適正が高く、両方ともアロイスの能力と相性がよい。

HP、力、技、守備の4つが高めになりやすく、速さもそこそこ高めになれる可能性があり、同じ兵種にデフォルトでなれるキャラよりバランスよく育つ強みがある。
特にドゥドゥーやラファエルよりは使いやすい成長率なので、彼らが使いにくく代わりのキャラが欲しいなら適任と言えるだろう。


苦手なのは理学、飛行の2つ。
理学は「生命吸収」を習得しづらいのはつらいものの、魔法の適正が無いので気にする必要はない。
ただ飛行系は優秀なスキルがあるため、その習得が困難になるのは痛い。
教師として、苦手な技能を鍛えなくても戦線で活躍できるように指導するのか、苦手でも鍛えれば使いこなせるようになると長い目で指導するのかその手腕が問われる。


兵種解説

歩兵系

勇者(上級種)

兵種マスタースキル「力の覚醒」に魅力を感じるか否か。
適性のある最上級種に剣の技能経験値を必要としている兵種は無いので、魅力を感じなければクラスチェンジする必要はないだろう。


ソードマスター(上級種)

アロイスの速さはあまり高くないためそれを補う意味では価値ある兵種だが、剣の技能経験値をわざわざA近く鍛えてまでやる意味があるかと言われると答えはNO。
ソードマスターの成長補正を加えても速さの成長率は50%なので、時間がもったいない気がする。


アサシン(上級種)

兵種スキル「忍び足」の影響で敵から狙われにくくなる。
魔道士だらけの際はありがたいが、アロイスとの相性は微妙。
剣と弓の両方を鍛えないとクラスチェンジできないため、より手間がかかる。


フォートレス(上級種)

移動力が4しかないため、2部の広いマップでは活躍させるために工夫が求められる。
どうにか工夫できれば活躍は見込めるだろう。
先述した通りHP、力、技、守備が高いため、敵の攻撃を耐えて確実に反撃を当てることができる。

つまり壁役としてしっかり役割を果たせるようになる。
しかし弱点の魔法は全く克服できず、速さの成長率も下がってしまうため、鈍足確定になることを覚悟しよう。


ウォーマスター(最上級種)

移動力6、兵種スキル「斧の達人」「格闘の達人」「必殺+20」と魅力的かつ速さの成長補正もあるため、アロイスと最も相性のいい兵種だろう。
相手によって高威力の斧と連続攻撃ができる格闘術を使い分けることで、臨機応変に戦うことができる。
また兵種マスターすることで習得する専用戦技「戦鬼の一撃」やグラップラーで習得する「魔殺し」を使い分けもできるため、利便性も高い。


騎馬系

パラディン(上級種)

兵種マスタースキル「聖盾」はアロイスの低い魔防を補えるため、クラスチェンジするまで技能経験値を積ませないといけないが、その価値は充分にある。
ただパラディンも速さの成長補正を低下させるので、速さを気にする場合この兵種になる期間は最小限に留めよう。


グレートナイト(最上級種)

斧と重装と馬術を鍛えればクラスチェンジ可能。
つまり馬術さえ個別指導などで鍛えれば比較的楽にクラスチェンジできる。
フォートレスより優れた機動力を持つが、守備が低い欠点を持つ。
多少下がった守備でも活躍が見込めるなら、フォートレスよりグレートナイトのほうがいい。


ボウナイト(最上級種)

槍と弓と馬術を鍛えないとクラスチェンジできない。
つまりクラスチェンジするまで相当技能経験値を積まないといけないため、多大な労力が必要。
成長補正や兵種マスタースキル「速さの覚醒」もアロイスとかみ合わないためクラスチェンジする魅力は無い。


スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す

鬼神の一撃(ブリガンド)

こちらから攻撃を仕掛ける際に力+6。
わざわざブリガンドを兵種マスターしないといけない手間が発生するものの、

格闘術をメーンにしている場合は習得して損はしない。

カスパルを紹介した際も載せたが、格闘術と相性の良いスキルなので、採用しない理由は無い。


大盾(フォートレス、)聖盾(パラディン)

前者は剣と槍と斧と格闘と魔獣、後者は弓と魔法による攻撃を技%の確率でダメージを半減するスキル。

技の成長率はそこそこ高いためスキル発動する機会も多い。

前者は物理攻撃を安定して受けられるようになり、後者は魔法に対して耐性を得られるようになる。


魔殺し(グラップラー)

格闘術を装備時魔法を装備した敵に対して命中回避+20。

格闘術をメーンにしている場合は低い魔防を補える貴重なスキルになる。

先述した「聖盾」と組み合わせれば、魔法攻撃をしてくる敵に対してもある程度怖くなくなる。


命中+20(アーチャー)

文字通り命中を+20するスキル。
斧は命中が低いため、斧の技能スキル(Lv5時、命中+20、回避+10、必殺回避+10)だけだと躱されてしまうリスクがある。
そのリスクを軽減するため習得する。


切り返し(ウォーマスター)

HP50%以上で攻撃された場合、絶対に追撃する。
このスキルを習得すると攻速に関係なく追撃できるようになるバランスブレイクなスキル。
つまり如何にしてHPを50%以上に保つかが鍵となる。

これに頼る場合、待ち伏せや怒り(HP50%以下で発動)、覚醒系スキル(HP25%以下で発動)と全くかみ合わないため注意。


重さ-3(重装技能レベルC)、重さ-5(重装技能レベルA+)

武器と防具の合計した重さから数値分軽くできる。

切り返しを採用しない場合、このスキルがあるかないかで攻速に大きく関わってくる。


アロイスは速さが低くなりがちなので、少しでも補うことで重い武器を装備しても追撃しやすくなるようになる。
もし切り返しを採用するならはっきり言って不要。
他のスキルを採用したほうがいい。


最後に

そこまで弱くないのだが、加入時期の遅さやスペック、キャラクター性と2軍行きになりがちなキャラ。
しかし今作はきちんと指導すればだれもが活躍できる仕様になっているので、まだ活躍させていないなら一度使ってみてはいかがだろうか。
これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング