謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月攻略 フェリクス おすすめ兵種&スキル

f:id:Mark-LXiii:20191009184916j:image

俺が白鷺杯の代表?正気か⁉︎

口調や性格が特徴的だが、筋の通ったやつ。

そんなフェリクスのポテンシャルを引き出せるスキルと兵種を記載。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤6,980円+税

フォドラコレクション盤9,980円+税

追加コンテンツ2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

ステータス

FEといえばお馴染みなのが剣士枠。

フェリクスは過去作の剣士と比べるとポテンシャルは高め。

前作のifに出てくるリョウマよりは劣るものの、カザハナやヒナタよりは扱いやすく成長率もいい。

個人的には聖魔の光石に出てくるヨシュアを思わせるほど。

フェリクスが持っているフラルダリウスの紋章は通常攻撃時、一定確率で威力を+5するので強力。

しかし個人スキル「一匹狼」は騎士団がいないときに威力を+5するため、今作の仕様と全く噛み合わないため、序盤向けのスキル。

そして英雄の遺産「アイギスの盾」を紋章一致で使え、どの兵種でも活用できることことも強みだろう。

 

武器技能

得意技能は剣、弓、格闘術。

得意技能を活かしてソードマスターやアサシン、スナイパーにするとフェリクスにピッタリな兵種になる。

しかし剣と弓だけを鍛えても最上級種にクラスチェンジできない。

もう一つの得意技能、格闘術は最上級種のウォーマスターになれるが斧の技能も必要になるため、最上級種の兵種になるには通常技能を鍛えないといけない。

しかしソードマスターは上級種ながら、兵種スキル「剣の達人」「剣必殺+10」と専用戦技「流星」とスペックが高いので、ソードマスターで活用させることができる。

またフェリクスの理学を才能開花させることで、エピタフによる物理と魔法の使い分けが可能。

得意技能を活かした兵種だけでも候補が多いので、仲間の兵種と兼ね合いで決められるのも強み。

 

苦手技能は指揮のみ。

今作は騎士団による能力補正が大きいので、強い騎士団を同行させる時期が遅くなってしまうのは痛い。

しかし個別指導や目標設定、出撃の度に少しずつ技能経験を積むことでコツコツ経験値を貯めることができるので、そこまで苦にならないだろう。

 

兵種解説

剣士系

ソードマスター(上級種)

フェリクスのデフォルト兵種。

5しかない移動力をどう補うかが課題。

しかし克服さえできれば、高い攻撃と速さから強烈な一撃を放て、専用戦技「流星」は武器消耗が激しいものの超強力な技。

フラルダリウスの紋章でより高い攻撃ができることもフェリクスに強み。

 

勇者(上級種)

過去作で猛威を振るっていたが、今作では日の目を見ることは無いだろう。

なぜなら今作の勇者はスペックが低過ぎるからだ。

同じ剣士系で上級種のソードマスターとは最早雲泥の差。

兵種スキル「力の覚醒」が必要でなければ、クラスチェンジする必要は無い。

 

アサシン(上級種)

上級種ながら移動力が6、森林地形に対して移動コストを無視できることは魅力。

更に兵種スキル「忍び足」によって敵から狙われるリスクを激減できるため、守備魔防が低くても活躍できる。

隠密行動は得意だが、敵の攻撃を避けて反撃で倒したい場合は「忍び足」が邪魔になってしまうことも。

耐久面や戦術をみてアサシンにすべきか検討しよう。

 

エピタフ(最上級種)

剣士系唯一の最上級種。

フェリクスの理学を才能開花させれば「黒魔法必殺+10」を習得でき、魔力も前衛の割には成長するので、物理と魔法を使い分ける戦法は意外と活用できるが、「サンダー」と「トロン」しか習得しない。

それでも純粋な剣士ではできない間接攻撃(トロンだと射程3)ができるので、ソードマスターにはできない戦術を活かしていこう。

 

騎乗系

騎馬系全般に言えることを記載すると、得意技能や苦手技能が絡んでいないため、槍と馬術の技能レベルをどのように鍛えるかが鍵。

特に馬術は個別技能や目標設定でしか経験値をつめない。

ただ、フェリクスは速さの成長率がそこそこ高いので、騎馬系の兵種でも活躍が見込める。

ただ今作は騎馬系の移動コストがかかる階段や荒地の登場により持ち前の機動力が活かしきれないのがツラい。

 

飛行系

ドラゴンマスター(最上級種)

騎馬系と同じく、斧と飛行の技能レベルを個別技能や目標設定で経験値をつまないといけない。

しかし今作の飛行系はスペックが高いため、飛行特効の弱点をケアできれば活躍が期待できる。

弱点のケアもアウロラの盾とスキル(飛行技能S+)の2種類あり、スキル枠を埋めて攻速を確保するか、英雄の遺産であるアイギスの盾を活かすか好きなほうで対策ができるのも強み。

 

魔道士系

黒魔法は「サンダー」「トロン」

白魔法は「ライブ」「リザイア」「リカバー」「レスト」を習得する。

元々前衛のフェリクスがこれらの魔法を駆使して魔道士として活躍できるビジョンを描ける人は魔道士系にしていいだろう。

 

その他歩兵系

スナイパー(上級種)

専用戦技「ハンターボレー」があるものの、基本的スペックはボウナイトに大きく劣ってしまう。

やはりスナイパーの移動力5と射程+1はボウナイトの移動力8と射程+2に敵わない。

槍と馬術の技能を鍛えないといけないが、その価値はあるため勇者と同じく日の目を見ることは無いだろう。

 

ウォーマスター(最上級種)

実はフェリクスと相性のいい兵種。

兵種スキル「斧の達人」「格闘術の達人」「必殺+20」の3つが優秀で、格闘術はこちらから攻撃を仕掛けた際は2回攻撃になるため、最大4回攻撃が可能。

つまりフラルダリウスの紋章効果が発動する期待値も上昇する。

流星と異なり、武器耐久の消費も抑えられるので実践的。

個人的には全キャラの中で最も適性のあるキャラだろう。

 

踊り子(特殊兵種)

「まさか俺を白鷺杯の代表にしようとしているのか⁉︎」

なんてことを言われるが、踊り子へクラスチェンジできるようになると「剣回避+20」を習得するため、剣士で活躍できるフェリクスとの相性は言うまでもない。

更に技能経験値を+2するため、上がりにくい指揮経験をあげる際にも一役かってくれるだろう。

 

おすすめスキル

()内はどの兵種をマスターすれば良いか示す。

 

剣回避+20(踊り子取得時)、警戒姿勢(飛行レベルB)

前者は剣を装備している間、回避を+20するスキル。

後者は待機した際に回避を+15するスキル。

敵の攻撃を回避しつつ反撃で倒したいならこれらは外せない。

更にドラゴンマスターの兵種スキル「回避+10」を加えると回避が+45になる。

頑張って飛行技能レベルを上げて警戒姿勢+にパワーアップさせると待機した際に回避が+30になるため、回避の鬼と化すことが可能。

今作はドラゴンマスターも剣を装備できるため驚異的な回避補正を活かすことができる。

 

鬼神の一撃(ブリガンド)

攻撃を仕掛けた際に力を+6。

流星やウォーマスターによる格闘術の攻撃と相性が良いスキル。

フラルダリウスの紋章による効果も合わせると、巨大魔獣を一撃で仕留められるポテンシャルを秘める。

 

命中+20(アーチャー)

常時命中+20。

このスキルがあると命中が安定するため派手さは無いが、魔法や計略にも補正される特徴を持つ。

 

重さ-3(重装技能レベルC)

アイギスの盾が重さ6と重いため、攻速低下を軽減するこのスキルは重宝する。

アイギスの盾を愛用するならできれば重装A+まで鍛えて「重さ-5」にパワーアップさせたほうが攻速低下をより軽減できる。

アイギスの盾を装備させなくても攻速が3変わることは、追撃の可否に関わるのでできれば習得させておきたい。

 

生命吸収(ダークビショップ)

攻撃を仕掛けて敵を倒した際に与えてダメージの半分を回復するスキル。

習得できるようになるまで、闇魔道試験パス2つと理学技能レベルをAまで上げないといけないが、攻撃をしていれば勝手に回復するためHP管理が楽になるスキルなので習得させる価値はある。

理学は才能開花をすれば技能経験を積みやすくなるため、副官で出撃させたり個別指導などで鍛えよう。

 

瞑想(格闘技能レベルB)

最大HPの50%を回復する戦技。

戦技ではあるが、得意技能の格闘術を鍛えればHP管理が楽になる。

キャラによって習得する技能レベルが異なるので注意。

ウォーマスターを目指すなら必然的に習得し、回復薬を持たせなくていいため道具枠が1つ空くのも有り難い。

ただ先述した生命吸収とは役割が被るので、どちらかでいいだろう。

 

 

最後に

フェリクスはポテンシャルの高いキャラだということをこれでおわかりいただけたと思う。

他学級からスカウトする際も剣技と速さの条件を満たせば良いため、比較的仲間にしやすいキャラ。

フェリクス以上に他学級でソードマスターを向活用できるキャラがいないので積極的にスカウトしていいだろう。

しかも他学級のキャラとA支援会話ができる数も多いこともスカウトしたほうがいい理由である。

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング