謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

あつ森の釣り大会でハイスコアを出す方法

f:id:Mark-LXiii:20200415231951j:image

さかなのたまごが邪魔!!

先日行われた初回の釣り大会に参加してこう思った人も多いだろう。
今回は次回以降の大会で簡単にハイスコアをとるために今からできる対策を紹介する。

ソフト概要

発売日

2020年3月20日(金)

対応機種

NintendoSwitch

プレイ人数

1〜4人

※ローカル通信やネット通信では8人まで可能

価格

5,980円+税

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/acbaa/index.html

 

釣り大会とは?

4月、7月、10月、1月の第2土曜日に釣り大会が開催する。
開催時間は朝9時から夜6時までの9時間
大会の内容は3分の間に何匹魚を釣れるか。
誰かと競うわけではなく、魚をひたすら釣ってポイント(以下pt)を貰い、10ptで景品と交換するのがこの大会の趣旨
参加費用は初回は無料で、2回目以降は500ベルかかる
夜6時までならは何度でも参加が可能で、ゲットしたptも累計される。
累計100ptになると銅のさかなトロフィー、200ptだと銀のさかなトロフィー、300ptまで貯めると金のさかなトロフィーが翌日自宅へ郵送される。
1度の大会で全てのトロフィーがもらえるため、トロフィーコンプが真の目的と言える。


ポイント(pt)について

原則釣った魚の数がそのままptになるが、3匹目釣ったときだけボーナスptとして2pt加算される。
つまり3匹以降は5pt、6pt、7pt……と加算され、8匹釣ることができれば10ptになる。
因みに2人以上(ネット通信でも可)で参加すると参加費が無料になり、2人で合計5匹以上魚を釣ると協力ptが貰える
この協力ptは自分が釣り上げた魚の数で異なり、9匹釣ると20pt貰うことができるためかなり効率が良くなる。


多くの魚を釣るコツ

制限時間は3分しかないため、魚影を探して走り回っていると多くて5匹くらいしか釣れない。
釣った魚の数に対して貰えるptを考えるより、制限時間3分でどのくらいのptを手に入れるかを考えればどちらが効率的かは明白。
肝心の魚を釣るコツは「サカナのまきエサ」を使うこと。
これを使うと瞬時に魚影が現れるだけでなく、野良の魚より食いつきが良いため、釣り効率を格段に上げられる
この方法を使うと10匹以上を釣ることも現実味を帯びてくる。
ただし出現した魚影の口元へ目掛けないと食いつかないため、狭めの川や池より海のほうがよく食いつくのでオススメ。
そして海で釣った魚のほうが売却額も高いので金策にもなる。


釣った魚の行方

大会中に釣った魚はジャスティンが持っているクーラーボックスへ四次元移動するため道具の枠を開けておく必要は無い。
1度大会を終えるとジャスティンに釣果の報告をしてptを貰い、クーラーボックスの魚を売るか聞かれるので、とっておきたい魚はクーラーボックスから引き取った後に売ってしまおう。
この時の売却額はタヌキ商店の1.5倍になる。
参加者全員のクーラーボックスを空にしたら、再び釣り大会に挑戦できる。


釣り大会への対策

「サカナのまきエサ」を用意

やはり「サカナのまきエサ」が無いことにはptを稼ぎづらい。
3か月に1回のペースで開催するため準備する期間は長いため、毎日コツコツ集めれば大会当日に十分な数を確保できる。
仮に3分で10匹釣りあげるペースなら「サカナのまきエサ」は10個ずつ消費するため、自分にとって必要な数を用意しよう。
因みに「サカナのまきエサ」は砂浜に埋まっているアサリをスコップで掘り起こし、DIYすることで手に入る。
レシピはストーリーを進めると自ずと入手できる。


自宅の増築

これは「サカナのまきエサ」を保管するスペースを確保するためである。
自宅を建築するとアイテムを部屋に飾らす収納できるようになり、増築するとその収納スペースも増えるようになるので、手狭に感じたら積極的にローンを返済知ったほうが良い。
島や自宅の部屋に直置きしても良いが、島や家の評価を下げてしまうので注意


島の整地(開拓)

島クリエイトを使って釣り大会のスタート地点から釣りポイントまでの導線を確保しておいたほうが楽に移動できるため、より多くの魚を釣れるようになる。
ただし島の外観を変えてしまうため、これに関しては無理しない範囲でいいだろう。
海釣りに拘らないなら、近くに大きな池を作るのもアリ。


注意点

釣り大会当日、ジャスティンは夜の8時まで島にいるが、魚の売却は釣り大会が終わる夜6時までになっているので注意しよう。
つまり夜の6時から8時まではポイントを交換する時間なのだが、これだけに2時間も必要なのかは正直疑問を抱きざるを得ない。
2回目の釣り大会や虫取り大会では、魚や虫も売却できるようになってほしい。


最後に

9時間も開催されるのでのんびり参加できるかと思いきや、ストイックに参加しないと景品をコンプリートすることができない。
金のトロフィーを獲得できなかった人は次回の釣り大会へ向けて少しずつ準備をすることをお勧めする。
因みに釣り大会のptは自分の島でなくても貯めることができ、景品の交換やトロフィーも受け取ることができる
これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング