謎解きとゲームのブログ

没頭している趣味について載せてます

長いようで短い50分間の謎解き

f:id:Mark-LXiii:20190508184400j:image

謎解きに慣れたら楽しめる公演!!

今回は2019年3月15日にオープンした「9rooms」に参加したのでその感想を載せます。

この公演の公式ホームページはこちら

概要

開催場所

横浜ヒミツキチオブスクラップ(アソビル2階)

プレイ時間

50分(前説や待ち時間を考えると1時間以上、混み合うと更にかかる)

プレイスタイル

小さい9つのルーム型

人数

1~4人

料金

f:id:Mark-LXiii:20190508193235j:image

※表記されているには1人分の値段

延長する場合は10分を1人800円、

9つ目の部屋再挑戦も1人800円で10分間。

感想

個人的に参加して思ったことは飽きない!

この手の公演は1つの会場あるいは1部屋に散らばっている謎を1時間ほどかけて解いていきますが、今回は1部屋平均5分かけて9つの部屋にある謎を解いていきます。

つまり謎の傾向が部屋ごとに異なるため最後まで飽きることなく楽しむことができます。

この公演はストーリー設定が無いのでストーリーを把握していないと解けない謎は無く、純粋に小部屋に仕掛けられた謎を解き明かすだけ!

更に味覚以外の五感を駆使するだけでなく、部屋の中をくまなく探索したり、閃き固定概念を捨てなければいけない場面にも出くわします。

 

謎解きに慣れていない人でもその部屋にしばらくいるとヒントがもらえるので安心してください。

先にも記載しましたが、謎の傾向が異なるので、解ける時間にバラつきがでます。

一応目安の時間が表示されていますが、よほど遅れない限りは問題ないでしょう。

ただし6つ目の部屋以降は難易度も高めなので、なるべく時間は残しておいたほうがいいでしょう。

 

9つ目の部屋

そして最後に挑む9つ目の部屋は最大10分で脱出しないといけません!

もし9つ目の部屋についた際に10分を切っていた場合はその時間で。

10分より多くの時間を残していても10分で脱出しないと脱出失敗になってしまいます。

今までの部屋より解く謎も多く手強いですが、落ち着いて状況を把握すれば脱出できます。

もし失敗してしまっても9つ目の部屋に直接再挑戦できるチケットがあるので安心してください。

 

最後に

過去に名古屋で行われた「閉ざされた秘密の扉」や現在地方で行われている「謎の部屋からの脱出」と同じような世界観なのでこれらによる参加した方は間違いなく楽しめると思います。

この公演では他の参加者と一緒になることはありません。

初心者向けのコンテンツかと言われるとある程度慣れてきた人向けですね。

最大4人で参加できるので、初心者の方だけで固めずに謎解きに慣れている人を1人入れるとより楽しめると思いますよ。

そしてこの公演は各部屋毎に規定クリアタイムと自身のクリアタイムを知ることができます。

参加した友達と比べるのも楽しいですよ。

因みに私のタイムはこちら

f:id:Mark-LXiii:20190512094411j:image

さぁ、皆さんも参加してタイムを比べるだけでなく感想戦も楽しみましょう。

これからもどうぞよろしく


リアル脱出ゲームランキング