謎解きとゲームのブログ

このブログは筆者であるMark-Lxiiiが自身の体験に基づいたことを記載しています。

ピカブイストーリー セキチクシティ

f:id:Mark-LXiii:20181205183936j:image

ポケモンと言えば自転車がおなじみですよね。

原作に限らず、

シリーズを通して主人公の移動手段として活躍していましたが、

今作では自転車には乗りません。

 

その代わり乗ることのできるポケモンが10体以上います。

ストーリー前半のクチバシティ辺りでゲットできる、

ウインディやペルシアンは足が速く、

お世話になる機会が多いことでしょう。

 

実はポケモン毎に足の速さが異なり、

大型のポケモンは狭いところで乗ることができないので、

好きなポケモンに乗っちゃいましょう。

 

かつて自転車を持っていないと入れなかった17番道路ですが、

ピカブイはここで自転車のBGMが流れます。

原作で自転車に乗ると必ずこのBGMを聞かないといけませんでしたが、

改めて聞くと懐かしいですね。

 

このシステムに伴ってか、

かつていた「ぼうそうぞく(暴走族)」が今作では登場せず、

代わりに「バットガイ」が登場します。

f:id:Mark-LXiii:20181205183950j:image

今の時代で見てもかなり奇抜なファッションだと思ったのは私だけでしょうか?

 

セキチクシティと言えばかつて「サファリゾーン」があり、

そこでケンタロスやガルーラにラッキー、

そしてストライク、カイロスなどがゲットできました。

ピカブイではサファリゾーンの代わりに、

ポケモンGOから送られたポケモンをゲットできる「GOパーク」ができています。

 

f:id:Mark-LXiii:20181205181836j:image

先日捕獲方法を紹介したメルタンもここで改めて捕まえます。

連動させてもピカブイとポケモンGOのトレーナーは別人扱いみたいなので、

改めて捕まえる必要があります。

捕獲に失敗するリスクが何故か伴いますが、

フィールドからいなくなる心配は無用です。

最大のメリットは連続ゲットができるので、

目安として40体以上送れば、

強い個体が手に入れられるチャンス。

 

f:id:Mark-LXiii:20181205184012j:image

因みにセキチクシティのポケモンセンターでは

相棒技を教えてくれる人がいます。

この人に話しかけると全ての相棒技が、

ハナダやタマムシでのポケモンセンターでも教わることができるため、

是非話しかけてください。

 

f:id:Mark-LXiii:20181205184531j:image

セキチクジムは原作よりも和の雰囲気が出ているので、個人的には好きなジムですね。

 

そしてジムの仕組みも健在ですが、

原作より結構わかりやすいので、

苦もなくジムリーダーのキョウまで辿り着けました。

 

キョウもマチスやナツメに劣らず、

スクショチャンスがあったのでいっぱい撮りました。

f:id:Mark-LXiii:20181205185307j:image

今回はナツメ→キョウの順番で攻略しましたが、

どうやらどちらでもいいようです。

極端な話、ニビジムの次がグレンジム……

なんてことも。

 

そんなトレーナーは果たしているのか⁉︎

これからもどうぞよろしく