謎解きとゲームのブログ

このブログは筆者であるMark-Lxiiiが自身の体験に基づいたことを記載しています。

ピカブイストーリー、ハナダシティ辺りまで

f:id:Mark-LXiii:20181124194029j:image

前回のブログに載せ忘れたvsタケシの写真です。

原作で手を胸の前でクロスさせている姿は、

当時のプレイヤーをニヤケさせる演出ですね。

 

前回の宣言通りどんどん進めています。

ポケモンの悪い組織と言えばロケット団。

昔から相手トレーナーには名前が1人1人ついていますが、

ロケット団には名前では無くこんな感じで役職がつきます。

f:id:Mark-LXiii:20181124194034j:image

原作のロケット団には男しかいなかったので、

女の団員もいることに時代背景をうかがわせますね。

 

前回の記事にも載せましたが、

バトルや捕獲にレベルアップがスムーズなので、

ちょっとした時間でも楽しめるように配慮されているところが、

ゲーム時間を制限されている子供や、

仕事でプライベートの時間が少ないかつてのトレーナー、

そしてストーリーを終わらせて厳選に専念したいガチ勢にとっても有難いですね。

 

最近のポケモンは同じわざマシンを何回も使える仕様へ変化しています。

今回も何度も使える仕様になっているのでどんどん使えます。

そしてナンバリングを一新しています。

頼れる技から何故採用されたか疑問な技まであるので、

集める楽しみもあるのではないでしょうか。

 

ここで今作と原作で大きく変わった点に触れましょう。

この画をご覧ください。

f:id:Mark-LXiii:20181124194044j:image

ポケモンセンターにパソコンが無いことに違和感を抱きましたか?

今作は主人公のバッグが4次元ポケットのようにいっぱい入るので、

わざわざパソコンに預ける必要が無いんです。

それはポケモンも例外ではありません。

常に連れて行けるポケモンを入れ替えることができます。

ポケモンセンターにあったパソコンを、

ノートパソコン化して常に持ち歩いていると言えば、

イメージしやすいでしょうか。

 

因みに今作では相棒のピカチュウやイーブイだけで無く、

主人公も着せ替えが可能です。

ストーリーを進めると増えていくので好きな服で冒険するのもオツだと思いますよ。

 

f:id:Mark-LXiii:20181124194050j:image

最後にハナダシティのジムリーダーカスミ。

このポーズも原作を再現。

トレーナーとの対戦開始のポーズは、

タケシやカスミのように原作を再現しているものも多いので、

私は記憶を掘り起こして比べています。

全部同じでは無いからこそ脳に良い刺激がきてますね。

 

どんどんストーリーを進めて行きますので、

これからもどうぞよろしく