謎解きとゲームのブログ

このブログは筆者であるMark-Lxiiiが自身の体験に基づいたことを記載しています。

悔いが残った謎検

f:id:Mark-LXiii:20181126194303j:image

11/24〜25に行われた第4回謎検の結果が本日出ました。

ご覧の通り平均を辛うじて超えただけ。

これだったら平均点と同じだったほうが、

物珍しくてよかった気がします。

 

因みに過去の成績は

第1回82点

第2回78点

第3回70点

と順調な(?)右肩下がりですね←

振り返ると問題の質が過去3回より向上している感じがします。

初回や2回目は問題の方向性が全体的に同じ雰囲気でした。

ただ今回は問題自体に多様性があり、

点数配分も一律2点から問題毎に異なる点数配分へ変更したことも、

謎検自体の質が上がってきたと思います。

 

タイトルにもありましたが、今回の謎検で何故悔いが残ったのか。

それはネット環境がしっかり整った場所で受けなかったから。

 

第3回よりGoogle Chromeを使うことで、

スマホやタブレットでも受験できるようになりました。

iPhoneやiPadでもアプリをインストールすると受験できるので、

今回はiPadを使って受験しました。

すると試験中にアプリがしょっちゅうフリーズしてしまう事態が起こりました。

試験は一度開始すると終了まで止めることが出来ず、

謎解きよりアプリの不具合を対応しないといけなかったので、

本来の力を発揮出来ませんでした。

試験を受けた場所の電波環境が良く無いことはわかっていましたが、

ここまで悪いとは思って無かったので、

事前準備を徹底すべきでした。

 

この試験に本気で挑んでいる人は筆記用具は勿論、

答案用紙を自作しています。

解答はwebへ直接入力して行いますが、

試験の性質上書き残したほうが、良い成績を残せるので自作をオススメします。

後はメモ用紙とweb検索も可能なので、

基本的な知識でうろ覚えなものは控えていたほうが楽です。

例えば干支や星座、都道府県など。

何だっけと検索する時間は、

高得点を目指す上では勿体ないので、

直ぐに見られるよう準備したほうがいいと思います。

 

これを読んで謎検を受けてみようと思った方へ

少しでもアドバイスになれば幸いです。

次回開催は初回から半年毎の開催なので、

恐らく2019年5月でしょう。

 

それに備えて過去問集で傾向と対策を知ることができれば、

余裕を持って謎検を受けられると思うので参考までに。

 

これからもどうぞよろしく


謎検 過去問題&練習問題集2017 [ 日本謎解き能力検定協会 ]


謎検 過去問題&練習問題集2018春 [ 日本謎解き能力検定協会 ]


謎検 過去問題&練習問題集2018秋