謎解きとゲームのブログ

このブログは筆者であるMark-Lxiiiが自身の体験に基づいたことを記載しています。

マリオオデッセイの魅力について載せた記事

f:id:Mark-LXiii:20181215164748j:image

今回は発売から1年以上経ったマリオオデッセイの魅力を紹介します。

 

①15年振りの箱型マリオ

スーパーマリオ64を始め、3Dマリオのソフトはハードに合わせて1本以上ありますが、

かつて箱型(決まったスペースの中を自由に移動できる)だと、どこへ向かえばわからないと声も多く、マリオといえば横スクロールのイメージもあり、ここ10年以上は横スクロールの延長上にある3Dがメインでした。

先に発売された「ゼルダの伝説ブレスオブワイルド」もストーリーに縛られない自由度の高い作品になっており、今回のマリオもそれに続くように箱型のステージを真っ直ぐゴールを目指すのもよし、寄り道をするのもよしと自由に行き交えるので、プレイヤーの数だけストーリーの進み方や今回集める「ムーン」に差が出てくるのため、自分だけの楽しみ方ができるようになっています。

 

②やり込み要素

今回集める「ムーン」の上限はなんと999個!

お店で買えるものから、難しいステージをクリアして手に入れるものなど、やり込み要素として充分な量。

更に今回はあのマリオの服装を変えることができます。

その一部を紹介しましょう。

f:id:Mark-LXiii:20181215171118j:image

ビルダー姿はマリオメーカーでお馴染みですよね。

因みに大乱闘スマッシュブラザーズSpecialでも見ることができます。

真ん中の袴や骸骨姿はこのゲームオリジナルですが、服装も帽子と服それぞれ40種類以上。

しかも発売から1年経った今では無料追加コンテンツで増えているため集め甲斐があると思います。

 

因みに帽子や服の殆どはお店で購入するためコインが必要です。

そのコインを効率よく集めるには「ルイージのバルーンファインド」で増やしましょう。

 

因みに今回服が変わるのはマリオだけではありません。

こちらをご覧ください。

f:id:Mark-LXiii:20181215172923j:image

ある条件を満たすと見ることができるピーチのコスプレ。

マリオほど種類はありませんが、ここまでバリエーション豊かになったのはシリーズ初。

そしてそれぞれ衣装チェンジしたピーチに始めて話しかけるといいものが貰えるので、実際に会ってみてください。

 

③キャプチャーシステム

公式ホームページにも紹介されているキャプチャー。

今回はスーパーキノコやファイアフラワーに変わって敵キャラをキャプチャーすることで、ステージをクリアしたり、敵を倒します。

意外なものから、アイツにもキャプチャーできるのでどんどんキャプチャーしちゃいましょう。

 

④初心者にも安心設定

箱型だとどこへ行けばいいかわからない方のために用意されたのが、「おたすけモード」で出てくる矢印によるガイド。

矢印に沿って進めばストーリーが進められます。

更に通常3つのライフが6つに増え、しかも立ち止まっているだけで回復します。

 

今回最も変化したシステムはライフ0や落下ミスによるミスで減っていた残機システムの撤廃。

ミスすると10コイン減る(おたすけモードで落下した場合はライフが1つ減る)だけ。

ゲームオーバーでまた最初から……なんてことはないので気軽に楽しめると思います。

 

色んな世界観やお宝探しなど他にも魅力的な要素もあり、このソフトを芯まで遊び尽くして感想を一言言うならば、「王道ゲームもここまできたか」と満足感に浸れるコメントを残すくらい。

 

今後も私が遊んだゲームについて載せていくので

これからもどうぞよろしく