謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

マリオメーカー2最新情報をまとめてみた(初心者向け)

f:id:Mark-LXiii:20190518235438j:image

2019年の5月16日にマリオメーカー2の情報が解禁されました!!

今まではざっくりとした概要しか出てこなかったので、今回はその情報を元に判明している点をまとめてみました。

この記事はマリオメーカーにあまり触れたことがない人向けの内容になっています。

玄人向けはこちら

 

ソフト概要

発売日

2019年6月28日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

アクション&ステージ創作

プレイ人数

1〜4人(ステージプレイ時)

1〜2人(ステージ創作時)

価格

5,980円+税(パッケージ版、ダウンロード版共通)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/baaqa/index.html

 

マリオメーカーとは?

一言で表すと2Dマリオのコースを自作したり、全世界の職人達が作ったコースを楽しめるソフト。

アイテムのギミックを利用した謎解きコースや、制限時間ギリギリで常に走る(スピードラン)コース、高度なテクニックを要求されるコースに、ギミックの動きだけでゴールできる(全自動)コース、自分の好きな曲を流せたりと多種多様のコースを楽しめます。

今作はコースを探す際に新着や人気順だけで無く、ジャンル毎に探すこともできます。

f:id:Mark-LXiii:20190519114747j:image

 

新要素

ゲームスキン

前作で登場したのは「スーパーマリオブラザーズ」「スーパーマリオブラザーズ3」「スーパーマリオワールド」「スーパーマリオブラザーズU」の4つ。

f:id:Mark-LXiii:20190518234509j:image

今作で新たに「スーパーマリオ3Dワールド」が登場します!

f:id:Mark-LXiii:20190519002437j:image

3Dワールドは仕掛けや敵キャラが多い仕様上、他のスキンと相関性を持ちませんが、多彩な仕掛けを作ることができるのが最大の特徴です。

ただし、マリオメーカーの特性上3Dワールドスキンでも2Dマリオになるので気をつけてください。

 

シーンスキン

前作までに登場した「地上」「地下」「水中」「飛行船」「お化け屋敷」「城」の6つに加えて……

f:id:Mark-LXiii:20190518234121j:image

新たに「砂漠」「雪原」「空」「森」の4つが追加されました!

f:id:Mark-LXiii:20190518234146j:image

見た目の違いだけで無く、今作のために収録されているBGMもスキン毎に異なります。

「水中」は文字通り水の中を進み、「雪原」は地面が滑りやすく、「森」では水位が変化しますが、これだけではシーンギミックとしてはいまいち地味。

しかし今作はそのシーンスキン毎のギミックが大きく変えることができます。

それは夜のステージにすること。

夜になるとシーンスキン毎にこんな変化が起こります。

f:id:Mark-LXiii:20190519120707j:image

現時点で「飛行船」と「城」の変化は確定情報は無いので続報待ちのところ。

しかし「城」に関しては夜になると「溶岩の水位が変化する」と思います。

その根拠はダイジェストムービー中に溶岩の水位が変わっていたからです。

 

ゲームモード

ストーリーモード

お城の立て直しを目指して様々なコースに挑むモード。

100以上のコースを遊ぶことでアイテムやギミックの使い方を学ぶことができます。

 

世界のコース

NintendoSwitchOnlineに加入していないと遊べないので注意!!

先にも載せましたが、世界中の職人が作ったコースを遊ぶことやコメントを残すことができます。

このモードがこのゲーム1番の醍醐味なので、これを機に加入してみてはいかがでしょうか。

 

みんなでバトル

インターネットに繋いで世界中のプレイヤーや家族や友達と一緒に、1つのコースを競い合ったり、協力しながらクリアする今作の新モード。

後者は「スーパーマリオブラザーズU」であった協力プレイと同じなので、みんなで盛り上がる楽しさも味わえます。


最後に

遊べるコースは軽く万を超えてくるでしょう。

そんな多彩なコースから好きなコースを遊ぶのか。

或いは自分が多くのコースを作り世界中の人に遊んでもらうのか。

マリオメーカーはどう楽しむかは人それぞれ。

自分の好きなスタイルでいっぱい楽しみましょう!!

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング