謎解きとゲームのブログ

謎解き公演の感想、実際にプレイしたゲームの攻略記事などを記載しているブログ

FFCCリマスター 攻略 リバーベル街道

f:id:Mark-LXiii:20200827181711j:image

10分ほどで攻略できるお手軽ダンジョン

初めてのダンジョンなので難易度は低め。
だが2段階目、3段階目となると牙を向いてくるので油断大敵。
今回は序盤の攻略法を紹介。

ソフト概要

発売日

2020年8月27日

対応機種

NintendoSwitch

PlayStation4

iPhone

Android

ゲームジャンル

アクションRPG

プレイ人数

1〜4人

価格

NintendoSwitchとPlayStation4:5,280円(税込)

iOSとAndroid:2,820円(税込)

公式ホームページ

https://www.jp.square-enix.com/ffcc/

ダンジョンの仕掛け

このダンジョンでは橋を下す仕掛けと3つの門を開ける仕掛けがある。
ただ橋と3つ目の門は放置しても全く問題ないため、周回プレイの際は放置しても良い。


リバーベル街道

オススメ攻撃魔法

ブリザラ、
ブリザガ

ゴブリンやグリフォンはこの魔法で凍ってしまうため、動きを止めたい場合はこれ。
グリフォンは「ファイア」でも燃えるため、マルチの場合は燃やしてからリンチしたほうが効果的。
一方でグリフォンは雷でダメージを与えられるが痺れさせることはできないので注意。


出現する敵

ゴブリン

ナイフをもった小鬼。
ナイフによる斬撃と遠くから石を投げて攻撃してくる。
石の攻撃を受けると膝をついてしまい、必殺技や魔法の詠唱が中断してしまうので、直線状の軌道から避けておきたい。
初めて攻略する際は3回殴るか、必殺技を当てるか、魔法を当てれば倒せる。
ただしリルティの必殺技「旋風斬り」は技の出初めから当てないと一撃で倒せないので注意。


槍ゴブリン、
メイスゴブリン、
メイジゴブリン

3周目に登場するゴブリン。
槍の攻撃はノックバック、メイスは膝をつかせる効果があるので、相手にする際は注意しよう。
またマルチプレイ限定でゴブリンメイジが1匹登場する。
詠唱を失敗するお茶目な一面を持っているが、他のメイジと違い「ブリザラ」や「スロウ」を詠唱できるので注意しよう。


でかゴブリン

大きいゴブリン。
攻撃パターンはゴブリンと同じだが、HPと攻撃力が強化されている。
初回攻略時には12回くらい殴るか、3回必殺技か魔法を当てると倒せる。
因みにユークの場合は「ファイア」を2回当てるだけで倒せるので比較的楽。
下手に攻撃を避けるよりも肉を切って骨を断つ精神で攻撃したほうが有効なことも。


ヘッジホッグパイ

赤い身体に背中が棘だらけの敵。
「ファイア」の魔法や、たまに背中の棘を使って攻撃してくる。
とは言え体力はゴブリンと同じなので、「ファイア」の詠唱で動けない間に倒してしまおう。


ストーンヘッジ

2周目以降に登場する。
「グラビデ」と「メテオ」以外の魔法を無効化し、物理ダメージも全て「1」になってしまう厄介な敵。
ただしHPが低いため、シングルモードの場合は「グラビデ」を当ててからひたすら殴って倒そう。
マルチの場合は皆で集団リンチをしてしまえば怖くない。
余談だが、リルティだと最強の武器「ロンギヌス」の必殺技「メッタ斬り」とアクセサリ「ドラゴンハート」(必殺技のダメージ+3)を組み合わせると、「メッタ斬り」の斬撃5回全てを当てるだけで倒すことができる(シングルモードの場合)。
更にリマスターで追加された魔法「メテオ」は石の敵にも通常通りのダメージを与えられるので、使える人はどんどん隕石を落としていこう。
ただセルキーの「グランドスラム」による「メテオシュート」は1ダメージしか与えられない。


ダークヘッジ

3周目に登場する暗黒種。
基本的な攻撃パターンはヘッジホッグパイと同じだが、「カース」の魔法を使いこちらを呪いの状態異常(全ステータス半減)にしてくるので厄介な敵。
しかも「ホーリー」を当てて実体化しないと全てのダメージ(メテオ含む)が1にしかならずごり押しで倒すのも難しい。
つまり戦ううえで「ホーリー」は必須になるのだが、リングのアーティファクトを持っていなくても心配は無用。
最初に鍵を使って通るゲートを超えた先にいるゴブリンが「レイズ」の魔石を持っている。
またダンジョンに入って早速現れる分かれ道を左、次を右に進むと川沿いにある宝箱が見えてくる。
その近くにいるゴブリンが攻撃魔法の魔石を持っているため、これらを倒して「ホーリー」を使えるようにしよう。


ムー

アライグマのような黄色い敵。
いきなり地中から姿を現し、ひっかきで攻撃してくる。
体力はゴブリンと同じだが、すばしっこくヒット&アウェイが攻撃するため相手のペースに嵌らないようにしたい。
1周目では使ってこないが、しっぽ攻撃でノックバックを狙ってくるので注意。


グリフォン

2段階目以降に登場する大型の鳥。
大きくて空は飛べないが、空気砲、ひっかきと地響きで攻撃してくる。
地響きは膝をつかせる効果があるので注意が必要。
とは言えヒット&アウェイをしやすい敵なのでそこまで苦戦しない。
因みに炎に弱いので、防御力を落として一気に攻めよう。
また痺れさせることはできないことも覚えておこう。


ジャイアントクラブ

f:id:Mark-LXiii:20200827181729j:image 

リバーベル街道のボス。

右手に武器の刺さった盾、左手に鋭利な爪を持つカニ。
「ファイラ」以上の炎魔法で燃やすことができる。
凍らせることはできないが、ダメージを与えられる。
雷魔法は一切通用しない。
またHPの残量で攻撃パターンが異なるので、それぞれ解説する。


ひっかき

左手の爪によるひっかき攻撃。
この攻撃を受けると、ノックバック(後ろへのけぞる)してしまい、攻撃できなくなる。
速いひっかきなので躱すのは難しいが、HPを1/3ほど削ると壊すことができる。


降り下ろし

右手の盾を降り下ろして攻撃。
この攻撃を受けると膝をついてしまう。
ひっかきよりは遅いが、とっさに躱すことは難しい。
また攻撃範囲も広いのでなかなか厄介だが、HPを2/3ほど削ると壊すことができる。


サンダーキャノン

右手の盾に雷を溜めて前方に放出する攻撃。
攻撃を受けると痺れてしまい、膝をつくのと比較にならないほど長い時間動けないので注意。
ただ技を放つ前に盾に雷を溜める動作をするので避けるのは簡単。
爪が無くなるとこの攻撃はしなくなる。


スロウバブル

ダメージは受けないが、触れると「スロウ」状態になる泡を口からはいてくる。
なんともカニらしい攻撃だが、この泡には追尾機能があり、ただ逃げるだけだと意外とよけきれない。
ただ一旦左(右)に避けて泡をこちらへ誘き寄せてから大きく反対側へ移動すると簡単に躱せる。
盾と爪が破壊されると連射することもある。


サンダラ

爪と盾が無くなると攻撃パターンを一転、サンダラによる魔法攻撃をしてくる。
詠唱時間は思ったより短く、こちらが必殺技や魔法の詠唱中を狙ってサンダラを使ってくるので厄介。
敵は魔法の詠唱を中断することはないので、狙われたら一旦攻撃を中断して安全な場所から再度攻撃しよう。


サンダガ

3段階目になると使用してくる。
フィールドが狭いため避けることは難しく防具によって痺れ耐性を得ておかないと苦戦を強いられる。
逆に痺れ耐性を2まで上げておけば絶対に痺れないので、隙だらけな状態を攻撃できる。


またボス戦にはムーが登場するので、知らぬ間にダメージが蓄積されないよう倒しておこう。


確定で手に入るアイテム

このダンジョンの1周目限定で3つ確定で手に入るアイテム(レシピ)が存在する。


1つ目、このダンジョンには石をはめ込むと開く門が3つあり、2つ目の門を開けて道沿いに進むと左側へ川を横切る場所がある。
そこを横切る前に右奥へ進むと「見習いの武器」のレシピが宝箱の中に入っている。
これは種族毎にあった武器になるため、どの種族で拾っても問題ない。
ただ攻撃力は上がるものの、必殺技が変わるので注意しよう。
※ユークの必殺技はほとんど変わらないので気にしなくて良い。


2つ目、1つ目の見習いの武器が入っている宝箱の左側にいるでかゴブリンを倒すと「銅」が手に入る。
銅シリーズの防具を作るために必要なのでゲットしておこう。
鎧も各種族専用防具も銅1つで作れるためさっそく防御を強化できる。


3つ目、ボス手前に「右:モーグリのお家、左:昔の街道(行き止まり)」の看板があるので、左側へ進んでみよう。
すると宝箱があるので開けてみると「銅の鎧」のレシピが入っている。
これも全種族共通の防具なので有り難く貰っておこう。
銅1つで作ることができ、防御が3上がるため有り難い。


とっておきたいアイテム

1周目

各種族に対応した防具のレシピも一定の確率で手に入る。
対応は以下の通り。

クラヴァット→「鉄の盾」
リルティ→「銅の籠手」
ユーク→「銅の兜」
セルキー→「銅のベルト」

このダンジョンでは2つ上記の2つがランダムで手に入るので、アーティファクトコンプを目指している人はついでに入手しよう。
クラヴァットは初期の盾が他の種族より強い分「銅の盾」が存在しない。
他の種族はレシピが手に入れば、初期装備から上昇する防御の値が鎧と同じなので、どちらを先に作っても差し支えない。


最低ランクで獲得できる確定アーティファクト

1周目

しゅりけん
りゅうのひげ
バックラー
モーグリポケット


2周目

ダブルハーケン
クリスナイフ
バックラー
てつ


3周目

イカサマダイス
メイジスタッフ
ワンダーバングル
ミスリル


最高ランク報酬

3周目

セイブザクィーン

防御+4の効果を持ちここでしか入手できないアーティファクトだった。
高難易度ダンジョンが解禁されてからは別の高難易度ダンジョン内の宝箱でランダムで入手が可能になっている。
ここでとるか宝箱のランダムに欠けるかはプレイイヤーの自由。


ふるびたけん

クラヴァット専用である闇の武器「ラグナロク」に必要な素材。
原作では最強の剣だったが、高難易度ダンジョン追加によってさらに強い剣が登場してしまったので、無理にこれを手に入れる必要性がなくなってしまった。
コレクション要素でほしい人はゲットしておこう。


1周目では「てつ」が手に入るものの、後から大量に入手できるうえに購入もできるのでレア度は極めて低い。
2周目はどのダンジョンも目ぼしいアイテムが無いため殆どが通過点扱いになる。


紅葉のリバーベル街道

必須耐性

雷+2


推奨耐性

スロウ+2
ストップ+2
のけぞらない


出現する敵

ゴブリン

体が黄色に変色している。
槍、メイス、メイジの三位一体となって襲ってくる。
槍とメイスによる追加効果は「フォースリング」で防げるので、装備しておくと対処がぐっと楽になる。
メイジは「サンダラ」と「サンダガ」しか使ってこないので、防具で痺れ耐性をつければ問題無い。


ヘッジホックパイ

高難易度では石や暗黒は出てこないため対処は楽。
ただ炎魔法を受けてしまうと体が燃えて防御力が下がってしまうので、敵の集団に紛れているときは警戒しよう。


ムー

アライグマのような黄色い敵。
高難易度でも対策は特に変わらない。
しっぽの攻撃には注意しよう。


グリフォン

こちらも高難易度で仕様が変わらない敵。
地響きに注意して戦おう。


ジャイアントクラブ


紅葉のリバーベル街道のボス。

身体が青く変色しており、いくつか仕様が変化しているので。
各攻撃パターンをそれぞれ解説する。


ひっかき

特に変化は無い。
ノックバックしてしまうので注意しよう。
「フォースリング」でノックバックを無効化できる。


降り下ろし

右手の盾を降り下ろして攻撃。
この攻撃を受けると膝をついてしまう。
ひっかきよりは遅いが、とっさに躱すことは難しい。
また攻撃範囲も広いのでなかなか厄介だが、HPを2/3ほど削ると壊すことができる。
「フォースリング」を装備していても膝をついてしまうので注意が必要。


サンダーキャノン

右手の盾に雷を溜めて前方に放出する攻撃。
攻撃を受けると痺れてしまい、膝をつくのと比較にならないほど長い時間動けないので注意。
ただ技を放つ前に盾に雷を溜める動作をするので避けるのは簡単だが、受けるダメージは尋常ではない。


ストップバブル

スロウからストップに変化したバブルを吐き出してくる。
ストップ耐性+2でないと防げないので、耐性を得られないときは避けるしかない。
ただし追尾機能が強化されているため、避けるときもしっかり意識してよけよう。


サンダガ

通常と同じく爪と盾が無くなると攻撃パターンを一転、魔法詠唱と泡攻撃を駆使してくる。
魔法は「サンダガ」と後述する「スロウガ」に変化している。
範囲こそ厄介だが、これまでにアーティファクトをしっかり集めていれば受けるダメージは大したことない。
雷耐性+2にして痺れないようにしておこう。


スロウガ

高難易度で解禁してきた魔法。
とは言えダメージは受けない、遅くなるだけで動けるので耐性を得る優先度は低い。
むしろ詠唱中は攻撃に集中したほうが良い。


高難易度でもムーが登場するので、知らぬ間にダメージが蓄積されないよう倒しておこう。
また爪だけ壊した状態だと盾の振り下ろしとストップバブルを交互に繰り出す状態になることも。
パターン攻撃になる可能性があるのはここだけ。


限定アイテム

紅葉のリバーベル街道でしか手に入らない装備品があり、「はじまりのぶき」「はじまりのよろい」「はじまりのぼうぐ」の3種。
ただ武器に関しては各種族最強武器より攻撃力も必殺技のスペックも劣る。
鎧や防具に関してはともに雷耐性+2と優秀な耐性になり、防御力も鎧は24→25、各種族の防具も17→20と強化される。
ただ素材となる「しろいけがわ」やそれぞれのレシピは戦利品でしか入手できず「しろいけがわ」の必要な数は鎧は3つ、防具は2つの計5つ。
つまり7回ボスを倒さないと揃わないので結構手間。
ただし戦利品は「はじまりのぶき」「はじまりのよろい」「はじまりのぼうぐ」「しろいけがわ」が確定で出てくるので、ザコを一切無視してボス戦へ挑めば大体5~6分ほどで戦利品を得られる。
殆どのダンジョンが点数で戦利品は変わらないので、シングルモードで周回プレイをしたほうが速い。


最後に

ダンジョン自体はシンプルで迷路のようになっていないため、一度プレイすれば全容は掴めるだろう。
いかにボスを手際よく倒すかだが、最初のダンジョンだからと言ってなめてかかるとあっさり倒されてしまうので、フェニックスの尾くらいは備えておいたほうが良い。
マルチプレイだとレイズ+ケアル+ケアル+ケアルで「ヘイスガ」さっそく使えるため、ボス戦開始直後に「ヘイスガ」を使って一気に体力を削り、残りはゴリ押すなんて荒技も可能。
因みにボス戦手前に住んでいるモーグリに話しかけても何も起こらないので放置しても良いが、たまには話しかけてはいかがだろうか。
高難易度ダンジョンでは白い身体をした「クリーミームー」がボス戦直前の看板付近に確定で出現。
ただ珍しいだけでアイテムを落とさないため放置してかまわない。
これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング