謎解きとゲームのブログ

謎解き公演の感想、実際にプレイしたゲームの攻略記事などを記載しているブログ

FFCCリマスター 攻略 キノコの森

f:id:Mark-LXiii:20200828060728j:image

「グラビデ」を使いこなせ!!
このダンジョンで初めて飛行系の敵に会う。
序盤のユークにとってコマンドポケット管理が大変なダンジョンについて解説。

ソフト概要

発売日

2020年8月27日

対応機種

NintendoSwitch

PlayStation4

iPhone

Android

ゲームジャンル

アクションRPG

プレイ人数

1〜4人

価格

NintendoSwitchとPlayStation4:5,280円(税込)

iOSとAndroid:2,820円(税込)

公式ホームページ

https://www.jp.square-enix.com/ffcc/


出現する敵

プチワーム

芋虫の敵。
ムーと同じくヒット&アウェイで攻撃してくる敵。
頭突きしかしてこないため、正直あまり強くない。
HPも1周目では3回殴るか、必殺技を当てるか、魔法を当てれば倒せるくらいしかない。


ヘルプラント

植物型の敵で赤紫色。
植物の為動くことはできないが、種を弾のように飛ばしたり、毒の花粉を撒いてくる。
HPはプチワームと同じ。
花粉をまき散らすより種を飛ばしてくるほうが多いので、特に恐れる敵ではない。


グレムリン

ポンポンをつけた人型の敵。
頭のポンポンで攻撃してくるが、膝をついてしまうほどポンポンは固い
他の敵と同じHPだが、ムーと同じくすばしっこくヒット&アウェイで攻撃するため、混戦時に膝をつかないよう気をつけたい。

 

ヘッジホッグパイ

リバーベル街道にも出現した赤い身体に背中が棘だらけの敵。
「ファイア」の魔法や、背中の棘を使って攻撃してくる。
とは言え体力は他の敵と同じなので、「ファイア」の詠唱で動けない間に倒してしまおう。


アーリマン

空を飛んでいる1つ目の敵。
上空からスロウ効果を持つビームや、サンダー、蹴り技で攻撃してくる。
上空にいるままでは「1」しかダメージを与えられないため「グラビデ」で地面に叩きつけよう。
動きもすばしっこくないため、「グラビデ」を当てるのも難しくなく、落としてしまえば通常攻撃2撃で倒せる。


確定で手に入るアイテム

このダンジョンの1周目では2つ確定で手に入るアイテムが存在する。


1周目

最初に登場するアーリマンを倒すと「鉄」が手に入る
先に入手した「見習いの武器」や「戦士の武器」、更に鉄防具に使うため序盤の強化ツールになる。
いずれのレシピも鉄が1つですむのは有り難い。
それでも1キャラクターに対して3~4個必要になる。
※戦士の武器を作るには「金剛石」も必要になる。

 

確定ではないが、往復できる弾むキノコの近くにいるハードプラントを倒すと高確率で「銅」を手に入る。
まだ銅シリーズの防具を揃えていない場合はぜひゲットしておこう。
また確定では無いがこのヘルプラント以降に現れる敵は一定確率で「銅」を落とすため、一気に「銅」を集められる。
売却額は75ギルなのでそこそこの金策になるが、後々防具の素材になるためお金に困っていなければ、実家の村にいる倉庫番モーグリを活用しよう。


とっておきたいアイテム

1周目

ヘッジホッグパイを倒すと一定の確率で「金」「銀」「ガラス玉」のいずれかが手に入る。
いずれもすぐ使うことはないが、装備品の素材として使われる。

特に「金」と「銀」は125ギルで売却できるため、どうしてもお金が欲しい時は金策にもなる。
因みに「ガラス玉」の売却額は20ギル。
ただヘッジホッグパイを倒しても何も落とさないことがあるためその時は諦めよう。


モルボル

f:id:Mark-LXiii:20200828060739j:image

キノコの森のボス。

FFシリーズおなじみの敵キャラが今作では巨大化して立ちはだかる。
「ファイラ」以上の炎魔法で燃やすことができる
凍らせたり、痺れさせることはできないが、ダメージを与えられる。
根を生やしている影響か一切動かないので、攻撃パターンを覚えて軽くいなしてしまおう。


吸引

プレイヤーがモルボルから遠い場合はこれで引き寄せてくる。
とは言えダメージは受けないため、これを利用して間合いを詰めて戦う戦法もとれる。


触手

モルボルの近くにいると地中から3本の職種を突き出して攻撃してくる。
正面にいると攻撃を受けてしまうので、サイドに避けよう。
ヒット&アウェイを心がけて戦えばダメージを抑えられるため、フィールドの左右から攻撃することで、モルボルを左右に振り回し、サイドをがら空きにさせて攻撃しよう
突き出る触手に規則性は無いので3本目の触手が当たってしまうことも。
ただこれに関しては見切れないので移動系の必殺技で攻撃するときは3本目の触手を出させてから、それ以外で攻撃するときはゴリ押ししたほうが良い。


臭い息

攻撃前にモルボルの口当たりから緑の粉のようなものが見えたらこの攻撃をするサイン。
息を浴びると「毒」状態になってしまい、時間経過とともにHPが減ってしまう
ただ隙が大きいため、左右から攻撃をすることでサイドをがら空きにすれば避けるのは簡単
またこのダンジョンには「クリア」の魔石が1つでてくるためこの魔法で「毒」状態を治すこともできる。


スロウガ

ダメージは受けないが「スロウ」状態になる魔法を使ってくる。
詠唱に時間がかかるものの、効果範囲が広いため、しっかり左右に振っておかないと、間合いを詰めたまま躱すことは難しい。
真ん中あたりで詠唱し始めたら間合いを開けて躱そう。


カースラ

モルボルから離れていると使ってくる暗黒魔法。
この魔法を受けると全てステータスが半減してしまうため、絶対に喰らってはいけない。
間合いを詰めれば使ってこないので、詠唱しているうちに懐に飛び込んでしまおう。


またボス戦にはヘルプラントが登場するので、知らぬ間にダメージが蓄積されないよう倒しておこう。


とっておきたいアーティファクト

1周目

アースペンダント

最大HPであるハートを1つ増やすアーティファクト
初期HPのハートはたった4つなので流石にこれからの冒険のことを考えると少しでもHPは増やしておきたい。
またリバーベル街道で「モーグリポケット」をとり逃した場合はここでも入手可能。


ボーナスの仕様

8種類のボーナスが存在するが、その全ては特定の行動をとると加算される加点式
上限は100点なので、高得点を狙う場合は達成しやすいボーナスを選ぼう。


また倒した敵、拾ったアイテムやギル、開けた宝箱の数が指定ボーナスとは別個で点数加算される
序盤は数が少ないので最大でも40~60点の間程度だが、徐々に数が増えて合計が200点を超えることも。
因みに魔石は得点に換算されないため、不要な魔石は放置しても差し支えない。


高得点報酬

1周目


フレイムタン、アイスブランド、クリスナイフ

最初のダンジョンなので、基本的に能力上昇+1のアーティファクトしか出ないが、高得点報酬で+2以上のアーティファクトが含まれる。
ただ他のダンジョンで手に入るものなので、無理に狙う必要は無い。
むしろ+1のアーティファクトは3週目では殆ど入手できないため、序盤のうちに取得しておきたい。


ダンジョンの仕掛け

このダンジョンでは乗るとばねのように弾むキノコがいくつか存在する。
原則的に一方通行なのでルートを覚えておきたい。
実は1つだけ入口へ戻されるだけのキノコがある。
それは1匹目のアーリマンを見た後、道沿いに進むとキャラクター視点で右手に現れるのでくれぐれも注意しよう。
1つだけ往復できるキノコがあり、3匹目のアーリマンの後に現れるキノコがそれ。
因みに乗れそうで乗れない弾むキノコはまだ小さく本当に乗せない。
これ等のキノコは数年後に大きくなっていそうだ。


最後に

どの弾むキノコを使えばよいか分かれば一本道なので、迷うことはないだろう。
アーリマンは「グラビデ」を使わないとまともなダメージを与えられないため、リルティでも魔法を使うことになる。
ボス戦はジャイアントクラブと違い、動かないので攻撃も当てやすく、「臭い息」による毒と「カースラ」による能力半減に気をつければ特に問題ない。
HPやポケットのアーティファクトと序盤の装備品に使う素材はここで揃えられるので、備えを万全にしても良い。
ただこのダンジョンは「グラビデ」が必須なので魔法が得意な序盤のユークにとって「ケアル」と「攻撃魔法」を両立できないジレンマがあるので注意。
これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング