謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 ドロテアおすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20190813213943j:image

白と黒の魔法を操る歌姫

そのルックスもさることながら、魔道士としての才能あるキャラ。

今回はその魔道士としての才能を遺憾なく発揮させる兵種とスキルについて紹介する。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

戦場での役目

魔道士として戦場を駆け巡るスタイル。

黒鷲の学級は魔道士としての適性が高い生徒が8人中3人占めているが、最上級種「グレモリィ」になれるキャラ。

また黒魔法を得意としており、3マス離れた相手に攻撃可能な黒魔法「トロン」や遠距離魔法「メティオ」を覚えるため攻撃や回復面で柔軟な動きが可能。

白魔法は元々苦手技能だが、才能開花の対象なので得意技能にでき、その際「白魔法回避+20」を習得する。

そして「ライブ」「リブロー」を習得するので、この2つだけで白魔法使いとして充分に立ち回れる。

 

おすすめ兵種

グレモリィ(最上級種)オススメ度★★★

兵種スキルの「白魔法使用回数2倍」「黒魔法使用回数2倍」が役に立つ。

今作の魔法は使用回数が少ないため、兵種スキルと非常に相性が良い。

他のオススメ兵種と違い、達人系のスキルが無いのはたまにきず。

しかしアイテムである程度補うことができるので、あまり気にならない。

魔道士の歩兵系は砂場による移動コストが無い

ことも魅力の1つ。

 

ダークナイト(最上級種)オススメ度★★☆

機動力を求めるならこの兵種。

兵種スキルに「黒魔法の達人」があるため威力の底上げが可能。

しかも「再移動」により敵の攻撃範囲から出ることも可能なので、歩兵系にはできない戦法も可能。

欠点はこの兵種にするために、早期から個人指導や目標設定をしなければならないため技能レベルが中途半端になりがち。

更に騎乗系兵種になるため馬から降りても砂場で移動コストが発生してしまう。

 

ウォーロック、ビショップ(共に上級種)オススメ度★☆☆

ウォーロックは「黒魔法の達人」「黒魔法使用回数2倍」、ビショップは「回復量+10」「白魔法使用回数2倍」の兵種スキルによって特化型で活躍させることが可能。

しかし移動力が4しかないことと、兵種スキルが無い魔法は使いにくく、グレモリィより全体的に能力が低いため、通過点になってしまうか。

 

踊り子へのオススメ度★★☆

黒鷲の生徒は魔道士が多いため踊り子として転身させる。

同じ魔道士のヒューベルトやリンハルトは全く適性がないので、魔道士の中だったらドロテアが適任。

今作の踊り子は魔法が使えるため再移動と魔法による戦略の拡張ができるため、なかなか活躍出来るだろう。

ただドロテア自身魔道士で活躍できるキャラなので勿体無いと言えば勿体無い。

 

おすすめスキル

理学Lv

ドロテアのメイン攻撃は黒魔法、このスキルで命中と回避、必殺回避を上げておきたい。

私の育成論を読んでいる人には繰り返しになるが、今作の命中と回避の計算(詳しくはこちら)を見ればわかるように、レベルが上がってもこれらのステータスは上昇しないため、必須スキルと言っても過言ではない。

 

信仰Lv、白魔法回避+20

これらを組み合わせることで、回避率を高め魔道士ながら避けゲーができるキャラ。

後述する「弓殺し」と組み合わせると弓兵に対して高い回避を誇る。

直間両用なので、多くの敵へ反撃を与えられる。

ただドロテアは攻撃できる白魔法を多く覚えないので、調子に乗っていると打ち止めになってしまう。

また防御も高くないので過信は禁物。

 

弓殺し

魔道書を装備しているとき、弓装備の敵に対して命中回避を+20の補正が入る。

敵弓兵は防御の低いキャラを優先して狙うため、このスキルはウォーロックを兵種マスターすると習得できるので、優先して習得させよう。

 

祈り、回復

プリーストの兵種マスタースキル「祈り」、ビショップの兵種マスタースキル「回復」は保険としてとっておくと有り難いスキルで、避けゲーをする際は万が一のためにあると助かる。

しかし後衛からコツコツ攻めるスタイルなら、敵の集中砲火を受けることがほとんどないので不要。

 

育成の流れ

初期〜中級種

ウォーロックの兵種マスタースキル、「弓殺し」を習得するため、最上級種のグレモリィにクラスチェンジするために貴族→修道士→プリースト&メイジとクラスチェンジしていこう。

貴族の兵種マスタースキル「最大HP+5」や、修道士を兵種マスターすることで習得する「魔力+2」や戦技「引き寄せ」はそこまで重要なスキルではない。

上のクラスになれるならさっさとクラスチェンジしよう。

メイジの兵種マスタースキル「魔神の一撃」は、攻撃を仕掛けるとき限定だが、1ターンに1回は必ず使うので、習得してから上級種を目指そう。

一方プリーストの兵種マスタースキルは「祈り」不慮の事故を幸運%で防ぐことができる。

しかししっかりHP管理ができれば必要では無い。

 

個別指導、目標設定

先ず個人指導では白魔法の才能開花を優先しよう。

「白魔法回避+20」はおすすめスキルで記載した理由から習得させたいスキル。

これが終われば後は、理学と信仰、指揮の3つに絞って技能レベルを上げるだけ。

最高ランクのS+までの道のりは長いので早期からコツコツ経験値を積もう。

魔道士は力が低く、上級魔法は重いので、重装技能レベルを目標設定を使ってCに上げてスキル「重さ-3」で攻速をカバーするのもあり。

ダークナイトやホーリーナイトにするつもりなら目標設定を序盤から「槍術」と「馬術」に設定しておかないと間に合わない。

特に馬術の技能レベルはAにしないといけないので、個人指導で補う必要性も出てくるので大変。

 

上級種〜最上級種

ウォーロックの兵種マスタースキル「弓殺し」はおすすめスキルに記載した通り、是非習得したい。

「弓殺し」を習得してからビショップにクラスチェンジして、信仰の技能レベルを上げてグレモリィにクラスチェンジできるよう準備をしておこう。

最終的にどの兵種で活躍させるかはプレイヤーによって異なると思うが、ドロテアを魔道士として戦場に立たせたいなら、この「弓殺し」は必須のスキル。

そして白魔法も黒魔法も使いやすい魔法を覚えるため両立できるように、序盤から両技能レベルを上げておきたい。

 

最後に

ドロテアは白黒魔法両刀型なので、それを活かしたい。

力や守備が低いため、剣技能レベルを上げないといけないエピタフは今回不採用にしている。

技能レベルを上げる技能を絞りやすいので、序盤からコツコツ鍛えて最高ランクにして活躍させよう。

学級内で早めにランクを上げられるキャラがいると、個人指導を他のキャラに回せるため、学級内全体の技能レベルを高めることができる。

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング