謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月攻略 ヒルダ おすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20200125162548j:image

The 女子力!!

発売前からその見た目から絶対活躍させようと思った人も多いはず。
容姿、性格に加え、戦場でも活躍できるキャラだった。
後衛の美女がドロテアならば、前衛の美女は間違いなくヒルダと言える彼女を紹介!

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html


キャラ解説

東方の国パルミラと隣接するゴネリル家の長女。
彼女には兄がおり同盟領屈指の名将で、クロードが現れる前は次期同盟領の盟主候補とも言われたほど。
そんな兄に対する周囲の期待とそれにこたえられなかった反応を痛いほど知っているため、やる気を出さないでいる。


そんな彼女だが、女子力は非常に高い。
名家の共用で身についた化粧、服の着こなし、立ち振る舞いなどを使いこなし、頼みごとを男子生徒から引き受けるよう仕向けている。
これにも拘りがあり、自分からお願いすると多少嫌なことでも引き受けることがあるので、それを防ぐため。
また男子側から引き受けた場合は、笑顔で「ありがとう」と言うことでお互いがwin-winになるよう心掛けている。


他のキャラより境遇こそは恵まれているが、彼女なりの悩みや処世術を身につけているようだ。


ステータス

f:id:Mark-LXiii:20200125163336j:image

実はこのステータス、フェルディナントとほとんど同じ。

違うところは技の成長率が低く、その分魅力が高い。
その高さは級長の3人に次いでマヌエラと並び同率3位。

つまりかわいいルックスをしているが、前衛で敵をなぎ倒すスタイルになる。
同じ金鹿の学級にいる前衛系女子のレオニーと比較するとHPや力、魔防がやや優れる。
ちなみに技の成長率はドゥドゥーと同率ビリ。

つまり技の低さをどのように補うかがカギになってくる。


紋章

ゴネリルの小紋章

戦技を使用時、たまに敵の反撃を封じる。
上手くいけば攻撃を受けずに大ダメージを与えられる。
ただ戦技を使わない人にとっては無用の長物のスキル。


個人スキル

おねだり

隣接する味方男性キャラの与えるダメージ+3。
後方支援に回りたいと常日頃言っている彼女らしいスキル。
ただ活用するには周囲に味方がいないといけないため、前線の男性キャラと同行する形になるだろう。
一番発動させやすいタイミングは巨大魔獣やボスと戦うとき。
ヒルダから攻撃を仕掛けて体力を削り、彼女の隣で止めを刺すようにすれば、ベタな方法ではあるが有効に活用できる。


習得魔法

()内は習得する技能レベルを示す

黒魔法は「サンダー(D)」「トロン(C)」「サンダーストーム(A)」
白魔法は「ライブ(D)」「リザイア(D+)」「リカバー(C)」


遠距離魔法のサンダーストームはヒルダ以外にマヌエラとコンスタンツェが習得する。
しかしこ3マヌエラは理学が苦手、ヒルダは魔力が伸びにくいとまともな使い手はコンスタンツェしかいない。
つまりヒルダの魔道士適正は低いので、素直に前衛キャラとして活用したほうがいいだろう。


技能解説

得意技能は槍、斧と才能開花する重装(才能開花時にスキル「速さ封じ」を習得)の3つ。
槍と斧を得意にしているので、前衛系の兵種の多くが得意技能を活かしてクラスチェンジできるため、多くのスキルを習得しやすい。


苦手技能は信仰と指揮。
魔力が低いため信仰はほとんど問題ないが、指揮を苦手としているのは痛い。
魅力の成長率が高いため、これを活かしにくくなっている。
また強い騎士団を同行させるまでに時間がかかることも問題。


兵種解説

歩兵系

ソードマスター(上級種)

技は低いものの力と速さは高めなので、フェリクスと似たような立ち回りが可能。
高威力でで押し通す場合はフェリクスのほうが強いが、ヒルダは戦技で反撃を封じることができる。
つまり専用戦技「流星」を多用する場合、紋章の効果を得られる期待値も上がるが、武器耐久を激しく消耗するため現実的ではない。
移動力が5しかないうえに得意技能でない剣を鍛え上げてまでクラスチェンジする価値があるかと言われると微妙。


アサシン(上級種)

兵種スキル「忍び足」のお陰で敵からほとんど狙われることなく移動できるため、個人スキルのバフをかけやすい。
また紋章を発動させるための戦技は攻撃を仕掛けるときしか使えないため、耐久力が低くなってしまった場合はアサシンで活躍させることも手。


エピタフ(最上級種)

魔力がビックリするくらい高ければ、3マス射程の「トロン」や遠距離魔法の「サンダーストーム」を駆使しながら、武器による攻撃もできる。
しかしこれを実現させるためには魔力の成長率が低いので、「精霊の粉」で魔力を上げないと無理。
また剣の技能レベルをA近くまで上げないといけないので、これらのリスクとリターンの評価で決まってくる。


フォートレス(上級種)

やや難ありな守備も兵種補正のお陰で補うことができる。
HPと力はもともと高いため、同行させる騎士団の能力補正を活かせば、盾職としての活躍は可能。
共通する問題は移動力4をどう克服するか。


スナイパー(上級種)

兵種スキル「弓射程+1」のお陰で移動力5でも活躍は可能。
専用戦技「ハンターボレー」を使う際も紋章の効果が期待できる。
しかし技が低いため命中精度も低く、威力や速さが高くても3マス射程をすると命中難になりがち。
つまり「命中+20」のスキルでどこまで命中精度を補えるかで、最終的な評価が決まる。


ウォーリアー(上級種)

デフォルト兵種のため、HPと力は高く育ちやすくなる。
移動力が5しかないうえに、この兵種で成長させると歴代ウォーリアーと同程度のスペックで終わってしまう。
兵種マスタースキル「怒り」は汎用性が高いので、これを習得したらポテンシャルを引き出すために、他の兵種へクラスチェンジしたほうが良い。


ウォーロック(上級種)

もし魔力が高かったら、3マス射程の「トロン」、遠距離の「サンダーストーム」と使い分けることで、広範囲の敵と戦えるようになる。
兵種スキル「黒魔法の達人」「黒魔法使用回数×2」のお陰で3種類しかなくても、十分戦うことができる。
兵種マスタースキル「弓殺し」を習得すれば弓兵相手も怖くない。
更に力も高いため、状況次第では武器で攻めることも可能。
もし魔力が高かったら。


踊り子(白鷺杯優勝)

実は踊り子の適正が高い。

ルックスもさることながらボスや巨大魔獣と対峙する場面で、エースの男性キャラを再行動させれば2回目の攻撃は自ずと強くなる。

魔法も使えるため、遠距離魔法で敵を小突くことも可能。
更に級長以外のキャラで唯一指揮を得意とする兵種にクラスチェンジできるため、ヒルダの苦手技能を補うこともできる。
元々の成長率も悪くないため、自ら殴っても良い。
成長補正は期待できないものの、最も汎用性が広がる兵種。


騎乗・飛行系

パラディン(上級種)

同じ学級のデフォルトキャラであるローレンツやレオニーと技を除くと同じくらいのポテンシャルになる。
ステータスで比較対象にしたフェルディナントのデフォルト兵種なので、ヒルダでも活躍は見込める。

元々速さの成長率は高めなので極端に低くなることは無く、全体的に能力が上がりやすくなるため悪い選択肢ではない。

更にグレートナイトを目指している場合は、この兵種を経由したほうが馬術の技能経験値を稼げるため、積極的にクラスチェンジしよう。


グレートナイト(最上級種)

パラディンより力や守備に優れるが、速さや魔防、移動力は劣る。
どちらが優位と言うわけでは無いので、戦況や好みで決めていいだろう。
技能との相性が良いヒルダはクラスチェンジしやすく、戦場によってはパラディンと使い分けて活躍させることができる。

ドラゴンマスターと比べると全体的な能力でやや劣るが弓兵に怯えなくてすむのが利点。


ボウナイト(最上級種)

移動力8と兵種スキル「弓射程+2」を活かした超広範囲から攻撃できるが、技が低いので遠距離射程は不向き。
特に射程4の攻撃は戦技を活用したほうが命中が安定するだけでなく、紋章の効果も期待できる。
ただ武器の消耗が激しいため、攻撃できる回数が制限されるだけでなく、資金面でも痛い戦略。


ダークナイト(最上級種)

もし魔力が高かった場合、移動力7から放てる射程3の「トロン」と遠距離魔法の「サンダーストーム」は全兵種の最大射程を誇る。
ウォーロックと異なり「黒魔法使用回数×2」は無いものの、力が高いため武器による攻撃も有効。
魔法と得意な武器を振りかざして縦横無尽に暴れまわることができる。
もし魔力が高かった場合。


ファルコンナイト(最上級種)

高い機動力とHPと力と速さの4拍子揃ったキャラになれる。
例えるなら、ソードマスターとウォーリアーのいいとこどりで空を飛べるキャラ。
同じ学級で前衛系女子のレオニーやクロードとともに空を制することができるので、高い機動力から敵を滅せる。
この3人の中だと、紋章の効果つきでトライアングルアタックを放てる唯一のキャラ。


ドラゴンマスター(最上級種)

ファルコンナイトと同じような活躍が見込める。
速さと魔防に長けたファルコンナイトと比べると、こちらは力と守備に優れる。
早期から飛行技能レベルをコツコツ鍛えていれば、槍と斧が両方とも得意技能なのでクラスチェンジしやすい。

ごつい見た目がヒルダのかわいらしさを減らしてしまうが、女竜騎士としての適性が高いので、高い女子力を空からお見舞いしてやろう。


スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す

命中+20(アーチャー)

文字通り命中を+20する。
斧は命中が低く、更に技も低くなりがちなので、このスキルの価値は大きい。


鬼神一撃(ブリガンド)、魔神の一撃(メイジ)

攻撃を仕掛ける際に前者は力+6、後者は魔力+6する。
ヒルダは紋章や個人スキルの仕様上、こちらから敵に近づいて攻撃することが多いため、このスキルによる恩恵を受ける機会も多い。


速さ封じ(重装才能開花)、守備封じ(ドラゴンナイト)、魔防封じ(ダークナイト)

戦闘後、相手の能力を次の自フェーズまで低下させるスキル。
それぞれ対応した能力を-6。

先述した鬼神(魔神)の一撃と相性が良いだけでなく、巨大魔獣やボスと対峙する際にこれらのスキルで敵を弱体化し、隣接した男性キャラに個人スキルで強化できるため、ヒルダのコンセプトと合致したスキル。

攻撃できれば弱体化できるため、威力が弱い遠距離魔法でも活用できる。


待ち伏せ(傭兵)、怒り(ウォーリアー)

HPが50%以下の時に攻撃されると発動、前者は先に攻撃ができるようになり、後者は必殺+50。
鬼神と魔神の一撃と相性は悪いものの、反撃時の攻撃を無理やり上げられるスキル。
ヒルダの紋章や個人スキルと全くかみ合わないが、隣接している男性キャラより敵から攻撃を受けてしまう場合、これらのスキルを活かして反撃の際に倒してしまおう。


重さ-3(重装技能レベルC)、重さ-5(重装技能レベルA+)

武器や防具の重さを合計した値から数値分軽くする効果を持つ。
強力な斧は重いことが多いため、攻速の影響を受けやすく、せっかく高めの攻速を殺しかねない。
高めの攻速を確保するためにも、習得しておきたい。


最後に

成長率だけで見ると自ら攻めるスタイルも悪くないため、同じような成長率であるフェルディナントの解説はある程度参考にできる。
しかし技の伸びが低いため、一部使いづらいスキルもあるので注意。


自らも前衛で戦えるポテンシャルを持ちながら、個人スキルなどの効果で仲間をサポートすることができる。

一部ボスは弱体化を無効化するスキルを持っているが、ヒルダの個人スキルは味方を強化するため、確実にサポートの仕事をこなす機会がある。

個人スキルに支援の効果も合わされば、より味方を強化できるので、脳筋な男たちを突っ込ませる前に、ヒルダの援護を上手に活用しよう。
これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング