謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 ギルベルト おすすめ兵種&スキル

f:id:Mark-LXiii:20191208080543j:image

速さが2しかないだと?正気か!?

青獅子の学級ルートを選択したときだけ仲間になるある意味レアキャラだが、使う人はほとんどいないのではないだろうか。
今回はそんなギルベルト自信についてとかつてのように活躍させるための方法を解説。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html


キャラ解説

青獅子の学級にいるアネットの実父。
元々はファーガス神聖王国に仕える騎士だったが、「ダスカーの悲劇」で当時の国王陛下を守れなった懺悔から、国を飛び出し修道院に住まう。
その間も妻や娘へ手紙を書いていたので、家族を想わなかった日は無かった。
しかしその手紙は出さずに持っていたのは騎士としての葛藤があったのだろう。
ただ、アネットは1通でも手紙が届いていればどれほど救われたか、とすれ違う日々が続いていた。

ちなみに彫刻の腕はなかなかのもので、老眼にも関わらず良質なものが彫れる。


ステータス

f:id:Mark-LXiii:20191208191817j:image

成長率は幸運と魔防以外は年の割にいい成長率。
ただしギルベルトを使用できるのは2部に入ってから。

初期ステータスはまぁまぁな能力だが、速さがまさかの2しかない。

つまり「速さ」「幸運」「魔防」が期待できないことになる。

個人スキル「歴戦の騎士」は騎士団を同行させている状態だと受けるダメージ-2と、今作の騎士団を活用するコンセプトと合っている。
紋章ももっておらず、他のキャラとの差別化(特にドゥドゥー)も困難なので、ギルベルトらしさを出すことは難しいが、戦場で活躍させることは可能。


技能解説

得意技能は槍、斧、重装、馬術と4つ。
これらを鍛えてクラスチェンジできるグレートナイトは、機動力と守備を兼ね備えているため悪い兵種ではない。
加えてこの4つの技能でクラスチェンジ可能な兵種は多いため、多くのスキルを習得できる。

更に苦手技能が無いことも利点にあげられる。
実は生徒以外で苦手技能が無いキャラはギルベルトだけ。

しかしギルベルトが活躍できるのは2部のみなので、習得させたい兵種やスキルがあれば計画的に技能経験値を積んでいこう。


兵種解説

フォートレス(上級種)

兵種補正とギルベルトのステータスや成長率のお陰で守備に関しては鉄壁になれる。

このままでも魔道士がいなければ壁役として活躍させられる。
4しかない移動力が最大の弱点だが、追撃や魔法に関しては工夫次第で克服できる。


グレートナイト(最上級種)

フォートレスの弱点である機動力を克服した兵種。

魔道士のいない場面で物理に対して壁になれるなら、フォートレスより機動力が7と高い分活躍させやすい。

ただ、兵種補正により守備がフォートレスより少し低い点と、魔導士対策ができないため、フォートレスの完全上級互換ではない。


その他の兵種

兵種補正を頼らなくても高い守備が確保できていれば活躍の機会はあると思うが、ハードでも2部の敵は攻撃力が高いため、活躍させることはまず無理だろう。


スキル解説

()内はマスターする兵種などの条件を示す

切り返し(ウォーマスター)

HP50%以上のとき、敵から攻撃を受けた際に絶対追撃する。

ギルベルトを活躍させるためには絶対不可欠なスキル。

高いHPを保てない兵種はこのスキルを活かすことができず、一方的にやられるだけ。
守備にこだわる理由はこのスキルを常時発動させるため。
ギルベルトの力や技の成長率は両方とも悪くないため、このスキルのよって若かりし頃の強さを目の当たりにするだろう。


魔殺し(グラップラー)

格闘を装備時、魔法装備の敵に対して命中回避+20。
ギルベルトの魔防を鍛えるには多大なアイテムと乱数調整が必要になり非現実的。
それならばスキルで補ってもらう魂胆。

魔道士は魔防の低い敵を攻める傾向にあるため、的になりやすい。
そのためリスクを少しでも軽減することが目的。

力はそれなりの成長率なので格闘でも十分だが、問題は回避。
正直このスキルだけでは心もとないため、いくつかのスキルと組み合わせて活用することになる。


警戒姿勢(飛行技能レベルB)、警戒姿勢+(飛行技能レベルA+)

攻撃せずに待機した際、回避+15(警戒姿勢+だと回避+30)する。
これを習得させるためには、個別指導やフリーバトルで徹底的に経験値を積む必要があるが、その見返りは大きい。
先述の魔殺しと組み合わせれば、魔法攻撃に対しても堂々立ち向かうことも可能。
更に回避を高める騎士団を同行させれば、高いHPはより保ちやすく、切り返しから敵を倒し続けることもたやすくなる。


聖盾(パラディン)

弓や魔法による攻撃を受けた際、技%でダメージを半減する。
ギルベルトは魔防が低く、今作の魔法は地形による回避上昇を無視するため、一定の命中精度がある。
スキルや騎士団によるサポートを受けても当たってしまうことがあるため、その際ダメージを極力減らすことが目的。
ギルベルトの技悪くない成長率なので、まぁまぁ機能してくれる。


最後に

出番が少ない割にはスペックはあまり優遇されていないため、追加コンテンツのイエリッツァとは雲泥の差である。
2部のストーリーにはガッツリ関わってくるが、もう少しスペックが高くても良かった気もする。
しかし全く活躍できないわけではないため、歴戦の戦術を目の当たりにしてはどうだろうか。
これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング