謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 フェルディナント おすすめスキル&兵種

f:id:Mark-LXiii:20190827004732j:image

黒鷲の騎士として戦場を駆け巡る

苦手技能が無いので、あらゆる可能性を秘めたキャラである。

しかし成長率によってある程度限られるのが現実的。

ただ前衛系にはある程の融通がきく中で、オススメの兵種とスキルを紹介する。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

アドラステア帝国の歴代宰相を務めているエーギル家の嫡子。
つまり次期アドラステア帝国宰相。
戦場で名乗るなど自信に満ち溢れているが、それは裏で貴族として描いている理想像に近づき、結果を残そうと日々研鑽を積んでいるから。
話し方がザ・貴族なので、最初は誤解を招くこともあるが、支援会話などを聞くと高い思想を持っていることがわかる。
そして皇女であるエーデルガルトをライバル視しているが、当の本人は迷惑がっていることも。

戦争に身を置いて5年の歳月が経過すると、彼の考え方は変化を遂げている。
それが最も顕著に表れているのは、戦場でフェルディナントを選んだ際「戦場に立つ以上、覚悟はできている……!」と、周りを、世を見た際に何ができるのか考えた結果だろう。

ちなみに髪型が変わっているのは研鑽を積んだ結果、髪型を気にする暇がなかったから。


ステータス

f:id:Mark-LXiii:20191120182119j:image

全体的にバランスのとれた成長率になっているため、前衛系兵種であれば活躍が見込める。

成長次第では、剣士にも騎馬兵にも重装兵としても活躍が見込める程バランスが良い
その中で最もポテンシャルを引き出せるのが、デフォルトの騎馬系や飛行系兵種だろう。
今作の騎馬系は速さを犠牲にして他の能力が高くなっている。
フェルディナントは速さの成長率が高めなので、騎馬系でも活躍が見込める。
ただ騎馬系にした際の成長率はほぼ全てが50%前後になるため、運が悪いと酷い能力になってしまうことも。
魔防に関しては低いままなので、スキルやアイテムなどのサポートが必須になる。

 

紋章

キッホルの小紋章

戦技を使用するとたまに相手の反撃不可。

発動すれば一方的に攻撃できるが、反撃を封じたらラッキーくらいの感覚でいいだろう。

 

個人スキル

自信家

HP満タン時に命中と回避を+15ずつ上昇。

このゲームにおいて、命中率4~8割は都合の悪い展開になりがちなので、HPさえ満タンにすれば確実に有利な展開へ導ける。
2部のディミトリと似た個人スキルだが、こちらは命中も上昇するため、より安定行動が可能。

 

習得魔法

()内は習得する技能レベルを示す

黒魔法は「サンダー(D)」「ファイアー(D+)」「トロン(C)」「ボルガノン(B)」
白魔法は「ライブ(D)」「リザイア(D+)」「Mシールド(C)」「レスト(B)」

 

習得魔法の質と魔力の成長率が悪いため、魔道士としての活躍は無理。

しかし「Mシールド」と「レスト」は同じ前衛系のサポートができるので、習得させる価値はある。

 

技能解説

得意技能は剣、槍、斧と馬術に加え、才能開花する重装(才能開花時スキル「速さ封じ」を習得)の5つ。
これだけをみると、パラディンやフォートレス、グレートナイトが目標となる。
フェルディナントの成長率だと、これらの兵種でも十分な活躍が見込めるので悪くは無い。

更に活躍させるため個人スキルを活かす工夫をしよう。
例えば、フォートレスやグレートナイトは守備が高くなるため、防御を上昇させる騎士団を配備したり防具を装備することにより、物理攻撃をノーダメージにできれば、個人スキルを常時発動させることが可能。

ただし魔道士の遠距離攻撃には気をつけたい。
他にも個人スキルを活かす方法はあるが兵種と絡んでくるため後述する。

苦手技能が無いことも特徴。

つまりあらゆる兵種にさせやすいメリットがある。
他にも苦手技能の無いキャラは主人公をはじめ各学級に1人ずついるが、フェルディナントの場合は魔力が低いため魔道職の適正は低いが、基礎能力ボーナスによる強化や兵種マスタースキルを習得するためにクラスチェンジさせる意味はある


兵種解説

特殊兵種

踊り子(白鷺杯優勝)

踊り子としては全くおススメしないが、白鷺杯を優勝するとスキル「剣回避+20」を習得でき、これがフェルディナントの個人スキルと相性が良いため、これ目当てに踊り子になる価値はある。

 

上級種

勇者

過去作の勇者は頼りになる兵種だったが、今作はソードマスターの劣化になってしまった。
クラス成長率がソードマスターを下回っており、移動力も上級種のせいか5しかないため、活用させることが難しい。
兵種マスタースキル「力の覚醒」を習得させる必要が無ければ用無しなほど存在感の無い兵種。


ソードマスター

移動力5が足を引っ張ってしまうが、力はそこそこの成長率なため、専用戦技「流星」の火力も期待できる。

個人スキルと「剣回避+20」に加えて「警戒姿勢」を習得させると回避を合計+50上げられることから相性は悪くない。


アサシン

移動力が6で木々への移動コスト無し。

兵種スキル「忍び足」のお陰で敵から狙われにくくなるので、個人スキルを発動しやすくなる利点がある。

攻撃時に無駄なダメージを受けないようにスキルや騎士団で工夫しよう。 


フォートレス

先述した守備力を上げて物理攻撃に対して壁になり、反撃の命中率を個人スキルで補うスタイル。
重装スキルは才能開花対象なので、個人指導で鍛えるのも難しくない。
兵種スキルと個人スキルは効果を重複させることができるため、「重さ-5」を重複させれば、ほとんどの武器や防具の組み合わせで攻速低下しなくなる。

兵種補正と成長率補正で速さが徹底的に低くなるが、ウォーマスターの兵種マスタースキル「切り返し」を使えば反撃限定になるが、追撃面で問題は無い。

しかし移動力が4しかないので、広い戦場でどのように敵を倒すか指揮官としての采配が問われる。

 

パラディン

得意技能である槍と馬術を活かせる上に、フェルディナントの成長率と相性が良いため十分な活躍が見込める。

移動力8と高い機動力だけに留まらず、ステータスも全体的に高いので、防具や騎士団を組み合わせれば壁役を兼任できることも。

また兵種スキル「槍の達人」はフェルディナントのそこそこの力を底上げできる。
最も育成が最も楽、かつ安定した活躍が見込める。

 

スナイパー

移動力が5ながら、兵種スキル「弓射程+1」のお陰で、意外と機動力には困らない。
また個人スキルが発動している間は、命中不安になりにくいため、遠くから安定した攻撃が可能。

専用戦技「ハンターボレー」を使えば、威力も申し分なし。

力の成長率もデフォルト弓使いよりも高いため、意外と活躍が見込める。

 

最上級種

ドラゴンマスター

早期段階から個人指導や目標設定で飛行技能レベルを上げておけば、レベル20になったタイミングでドラゴンナイトにクラスチェンジして活躍できるだろう。
黒鷲の生徒は、ペトラが飛行系の兵種になれるが、兵種スキル「回避+10」と「警戒姿勢」と個人スキルの相性は抜群なので、フェルディナントに飛行系で活躍してもらう選択肢はアリ。

グレードナイト並みの守備力を持っているため、飛行系の高い機動力を活かして戦場を引っ掻き回すことも可能。
更に今作は降りることで飛行特効に対応でき、森などの地形による回避も味方にできるため、回避率を底上げできる。


グレートナイト

機動力と盾役を兼ね備えている兵種。
過去作だとパラディンとフォートレスを足して2で割った感じだったが、今作は最上級種だけあって能力は悪くない。

防具と騎士団のサポートで機動力のある物理盾として戦場を駆け回ることも。

兵種スキルに「槍の達人」と「斧の達人」があるため二刀流で攻めることも可能。
全体な能力はパラディンにやや劣る一方で、こちらのほうが守備に勝るため、どちらにするかは好みでいいだろう。


ボウナイト

ボウナイト自体の成長率補正は低いもののベルナデッタより成長率が高いため、その機動力と兵種スキル「弓射程+2」を活かすことができる。
弓技能を1から鍛え上げるないといけないが、その攻撃範囲は全兵種トップクラスな点が魅力。

しかしフェルディナントが習得する戦技は「曲射」のみなので、力でごり押しが効かない相手には槍で対応せざるを得ない。

 

ウォーマスター

実はカスパルと成長率がどっこいどっこいなので、選択肢として無くはない。
ただし、カスパルの個人スキルは「喧嘩好き」(隣接する敵は回避-10)と常時発動型。
つまりカスパルのほうが安定した活躍が見込める。

しかし「格闘回避+20」を習得できれば、個人スキルを発動しやすくなるため価値観が変わる。
回避率を上昇させつつ、格闘自体の命中の高さと個人スキルの命中補正、更に兵種スキル「格闘の達人」「必殺+20」と超攻撃型のスキルを兼ね備えているため、かなりのポテンシャルになることも。

 

特級種(DLC)

トリックスター

フェルディナントの魔力は全然高くないため、魔法攻撃は期待できない。
しかし「Mシールド」や「レスト」を習得するので、同じ前衛を魔法からある程度守れ、弱体化を快復できる。

また兵種スキル「忍び足」と兵種マスタースキル「清流の一撃」は個人スキル発動の条件を満たしやすくするため、意外と悪くない。
問題は移動力が5しかないため、兵種マスターで習得する専用戦技「トリック」の活用が必須になること。


バトルモンク

兵種マスタースキル「格闘回避+20」は個人スキル発動する上でありがたい。
兵種スキル「格闘の達人」があるため、威力も極端に低くなることは無いだろう。

移動力が6あるため、「Mシールド」や「レスト」のサポートをしたいならバトルモンク、必殺を高めたいならウォーマスターと好みで選べる。

 
推奨スキル

()内はマスターする兵種などの条件を示す

武器技能Lv(対応技能レベル上昇時に習得)

対応する武器を装備すると命中、回避、必殺回避が上昇。
剣と格闘は命中+10、回避+20、必殺回避+10。
槍と弓は命中+15、回避+15、必殺回避+10。
斧は命中+20、回避+10、必殺回避+10。
解説不要のスキルではあるが、個人スキルや他推奨スキルとの相性は言うまでもない。

 

○○の達人(対応武器技能レベルS+)、
○○必殺+10(対応武器技能レベルS)

対応する得物を装備した際に、前者は攻撃+5、後者は必殺+10。
全ての技能の達人スキルを習得するには、フリー出撃で技能経験値を稼がないと困難。
しかし攻撃力を上昇させる数少ないスキルなので、最もよく使う武器だけでも習得させよう。

 

斧殺し(剣技能レベルB)、
剣殺し(槍技能レベルB)、
槍殺し(斧技能レベルB)、
魔殺し(グラップラー)

剣なら斧、槍なら剣、斧なら槍、格闘なら魔法を装備した敵に対して命中回避+20するスキル。
個人スキルと組み合わせると命中回避+35になり、更に技能スキルや他の回避上昇スキルを合わせることで圧倒的有利になれる。
問題はスキル枠が5つしかないため、どの殺しスキルにするか敵味方によって使い分ける必要がある。

 

剣回避+20(白鷺杯優勝時に習得)、
格闘回避+20(バトルモンク)

対応する武器を装備すると回避+20。

他の推奨スキルと組み合わせてシナジーを発揮することができる。
殺しスキルと異なる点は命中は上昇しないものの、対応する武器を装備していれば、相手に依存することなく回避を上昇できること。
そのため回避面では安定した行動をとれるが、剣や格闘だと低い攻撃力を補う手段が求められる。

 

切り返し(ウォーマスター)

HP50%以上で相手から攻撃された場合、絶対に追撃する。
攻速の高いソードマスター、アサシンや天馬騎士にも追撃が可能になる。
フェルディナントは剣と槍と斧が得意なため、剣殺しや槍殺しを活かして有利な武器で戦えば有利に立ち回れる。

 

警戒姿勢(飛行技能レベルB)、
警戒飛行+(飛行技能レベルA+)

攻撃せず待機した際に回避が+15(警戒飛行+だと+30)するスキル。
フェルディナントの個人スキルとの相性がよく、「剣回避+20」やドラゴンマスターの兵種スキル「回避+10」と組み合わせると回避が+75になる。
更に技能レベルスキルや騎士団補正に加え、自身の回避が加算されるため、回避100超えも可能。
このスキルは待機しないと発動しないため、反撃限定になる。
そのためどんな射程から攻撃されても倒せるように計略「応撃の構え」でのサポートが必須。

 

重さ-3(重装技能レベルC)、
重さ-5(重装技能レベルA+)

装備した武器防具の重さを数値分軽くすることができる。
あと少し守備が高いと敵から受ける物理ダメージを0にできる場面だった時に盾を装備させたはいいものの、そのお陰で追撃を発動できなくなるのはいささか困りもの。
攻速低下を防げる上に終盤まで頼れるため、習得して損はしない。

 

最後に

ディミトリと似た推奨スキルになるが、回避特化で力でゴリ押すディミトリと異なり、剣と槍と斧を使い分けて確実に命中させられるフェルディナント。
ただ斧に関しては、エーデルガルトやカスパルにペトラと同じ学級内で使いこなせるキャラが多いため、フェルディナントが使う機会は少ないか。

とは言えフェルディナントは前衛兵種として幅広い運用ができる。
1種類の兵種に拘らず、複数の兵種をマップによって使い分けることができるのも今作の魅力。

技能レベルを鍛える環境が無い状態だと、どのように活躍させるか決めておかずに、あらゆる技能を習得しようとすると、技能レベルが中途半端になってしまう。

どの兵種にするか定めてそれに関わる技能をしっかり極めて、能力を十分に引き出しておこう。

これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング