謎解きとゲームのブログ

参加した謎解き公演の感想と好きなゲームソフトに対しての見解を載せたブログです

FE風花雪月 攻略 クロード おすすめ兵種&スキル

f:id:Mark-LXiii:20200218225731j:image

優遇されすぎたメーンキャラ
シリーズ初の飛行専用兵種だけでなく、あらゆる優遇を受けている。
強くならない要素が見当たらないクロードの強さについて解説。

ソフト概要

発売日

2019年7月26日(金)

対応機種

ニンテンドースイッチ

ゲームジャンル

育成シュミレーションRPG

価格

通常盤 6,980円+税

フォドラコレクション盤 9,980円+税

追加コンテンツ 2,500円(税込)

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/switch/anvya/pc/index.html

 

キャラ解説

ローレンツも認める次期盟主の器を持っている一方で、エーデルガルトディミトリのような気品さはなく、気さくな人柄。

そのためかどことなく抜けている印象を抱くが、いざというとは頼れたり情報通だったりする。

一方で自身も認識しているほど猜疑心の塊を持ち、親しくなった仲間にもその腹を晒すことはしていない。

 

フォドラの中では珍しく無宗派で、独特な価値観を持っている。

それは本人も自覚しているため、価値観を話すときは相手を選んでいたりと観察眼や距離の取り方が上手く、柔軟に対応している。

 

ちなみに初めてのお茶会がクロードになる人は多いのではないだろうか?


ステータス

f:id:Mark-LXiii:20200229233235j:image

全体的に高いステータスで、技が全キャラトップタイ、速さも上位に食い込む高さを持つ
幸運の成長率も高いため、必殺の値(技÷2+幸運÷2)も全キャラの中でもトップクラスであるツィリルシャミアに匹敵する。
弓兵のためか、HPの成長率は低いものの、デフォルト弓使いと同じなので、使い勝手は良いだろう。
強いて言えば魔防の伸びが低めなので、対魔道士には注意しないと大ダメージを受けてしまう。


紋章

リーガンの小紋章

戦技を使用した際、まれに与えたダメージの30%を回復

クロードは弓を得物にしているため、遠方攻撃ができるスキル「曲射」や障壁を破壊するために「魔物撃ち」を使う機会も多いだろう。
つまりそれだけ紋章が発動する期待値が高くなる。

とは言え、発動したらラッキーくらいに思っていたほうがいいだろう。


個人スキル

盟主の血統

自身の取得経験値1.2倍
クロードは成長率が高いため、このスキルを活用してどんどんレベルを上げてステータスを強化していこう。

第2部になると敵をすり抜けることができるようになる。
エーデルガルトの待機時に魔防+4や、ディミトリのHP満タン時回避+20と比べて地味な印象を抱くが、クロードの専用兵種は飛行系。
スキルの枠を邪魔することなく、その機動力を最大限発揮できるようになっている。
敵陣の中心に突っ込ませることも、そこから退くことも迅速にできるため、これをどのように活かすかはあなた次第。


習得魔法

()内は習得する技能レベルを示す

黒魔法は「ウインド(D)」「アロー(C)」「シェイバー(B)」「エクスカリバー(A)」
白魔法は「ライブ(D)」「リザイア(D+)」「リカバー(C)」「サイレス(A)」


意外と習得する魔法のセンスが良い。
「エクスカリバー」は金鹿の学級で唯一習得し、「リカバー」や「サイレス」を習得するので仲間へのサポートもできる。
しかし魔力の成長率が低いため、これを使いこなすのは容易ではない。


武器技能

得意技能は剣、弓、指揮、馬術、飛行と才能開花する斧(才能開花時、戦技「金剛斧」を習得)の計6つ。
苦手技能は槍と信仰の2つ。
槍が苦手なので、一部前衛系の兵種マスタースキルを習得したい場合は浴室や個人指導の活用が必須になる。
信仰が苦手なので、いざと言うときの回復役にはなれない。
とは言え、デフォルト兵種である飛行系が今作ではかなりのスペックを誇るため、竜騎士だけで十分な強さを誇る

 
兵種解説

特殊兵種

踊り子(白鷺杯優勝)

優勝時にスキル「剣回避+20」を習得できるが、クロードは弓で攻撃してなんぼのキャラ。
踊り子にしてしまうのは勿体ないため、「剣回避+20」を必要としないなら他のキャラになったもらおう。


バルバロッサ(EP16開始時)

シリーズ初の飛行系特殊兵種。
兵種スキルに「弓の達人」があるので、対飛行系に絶対的な強さを誇る。
また飛行系の機動力と、弓の射程を活かした攻撃範囲も魅力的
しかし相手のスナイパーやボウナイトから一方的に特効の攻撃を受けてしまうので対策は必須。
また「回避+10」の没収、スキル「近接反撃」の有無による反撃の利便性とスキル枠の圧迫によるジレンマをどう克服するのかが課題


上級種

勇者

兵種スキル「剣の達人」と「待ち伏せ」を活用するならば、体力を半分以下にしてから反撃で倒すスタイルになる。
つまり戦技による攻撃を殆ど行わなくなるため、主に雑魚の殲滅が担当になる。
これでは「曲射」や「魔物撃ち」などの戦技を活かせなくなってしまう。
また移動力が5しかないこともネック。


ソードマスター

剣は得意技能なのでクラスチェンジや戦技の種類には困らないだろう。
しかもリーガンの紋章と対応した剣「ベガルタの剣」があるうえに専用戦技「流星」、兵種スキル「剣の達人」「剣必殺+10」と攻撃面に余念がない。
更にクロードは技と速さの成長率がトップクラスなので、ステータス面からみても相性がよい。
しかしクロードの専用兵種は飛行系なので、その機動力を犠牲にしてまでソードマスターにする必要があるのか微妙なところ。


アサシン

上級種ながら移動力が6で森に関してコスト0、得意技能である剣と弓を活かすことが可能。
兵種スキル「忍び足」のお陰で敵に狙われにくくなるため、武器の消費が他の兵種より少ない。
つまり必要に応じて戦技を用いたダメージを与える機会も多くなるだろう。
攻撃を仕掛けた際にダメージを受けても、リーガンの小紋章による効果で体力を回復できる場合があることも強み。


フォートレス

守備の成長率が元々低く壁役として機能するか微妙。
またせっかく高い速さもステータス補正と成長補正でがくっと下がるため、相性は悪い。
兵種マスタースキル「大盾」を習得したら用無しか。


スナイパー

クロードは元々の成長率が高いため、スパイパーの成長補正でも十分。
技や幸運の成長率を上げることで、命中や必殺の数値を上昇させたいところ。
専用戦技「ハンターボレー」の威力もさることながら、兵種スキル「弓射程+1」がありがたい。
クロードは戦技「狙撃」を習得しないため、弓射程を増やすスキルがないと間合いの有利を掴むことができない。
移動力も5しかないが攻撃範囲が広く、2部以降は専用兵種になれるので、そこまで広くない1部の戦場で暴れまわろう。


ウォーロック

金鹿の学級で唯一風魔法を習得するものの、魔力の成長率が低いため、クラスチェンジしても活躍は見込めない。
兵種マスタースキル「弓殺し」も魔法で攻撃しないので、習得する必要性は無い。


ダークビショップ

ウォーロックと同じく活躍は見込めない。
しかし兵種マスタースキル「生命吸収」は他の兵種でも活用でき、ダークマージの兵種マスタースキル「蛇毒」も活用できるので、クロードに闇魔法試験を使う選択肢はアリ。


最上級種

ドラゴンマスター

専用兵種バルバロッサとの選択。
こちらの利点は兵種スキルに「回避+10」があることくらい。
成長補正はややバルバロッサに軍配が上がり、バルバロッサ専用戦技もあることから、兵種マスタースキル「必殺の覚醒」を習得するまでのつなぎ程度か。

 
エピタフ

折角クラスチェンジしても魔力が低いため、二刀流を活かすことはできない。
兵種マスタースキル「明鏡の一撃」が必要なければクラスチェンジする必要は無い。


グレートナイト

実は騎馬系で唯一槍技能が不要な兵種。
しかし飛行系のステータスや機動力と比べると相互的に劣ってしまうので、クラスチェンジしても活躍できるか微妙。
兵種マスタースキル「守備の覚醒」を習得するくらいしかクラスチェンジの目的は無いだろう。

 
ボウナイト

移動力8と高い移動力を持ち、更に兵種スキル「弓射程+2」を活かして一方的な攻撃を可能とする兵種。
ただ成長補正の低さと苦手な槍技能をC近くまで鍛えないとクラスチェンジできないことがネック
障害物や移動コストの影響が少ないマップではバルバロッサより広い攻撃範囲を活かして活躍できるので、選択肢としてはアリ。


ウォーマスター

兵種スキル「必殺+20」は魅力的。
しかし他にこの兵種にする利点が無い。
兵種マスタースキル「切り返し」は速さの成長率がトップクラスのクロードには不要。
移動力を殺してまで、クラスチェンジする必要は無い。


特級種(DLC)

トリックスター

魔力が低いうえに、苦手な信仰を鍛えないとクラスチェンジできない。
強いて言えば兵種マスタースキル「清流の一撃」は習得する価値はあるものの、苦手な信仰を鍛えてまで習得する価値があるかと言われると微妙。


バトルモンク

魔力が低いため、二刀流に向かない。
苦手な信仰を鍛えないとクラスチェンジできない。
兵種マスタースキル「格闘回避+20」を習得しても活用できない。


これを見てクラスチェンジしたい方はご自由に。


推奨スキル

()内はどの兵種をマスターすれば良いか示す。

待ち伏せ(傭兵)、
怒り(ウォーリアー)

HPが半分以下で攻撃を仕掛けられた際に発動。
前者は先に攻撃をすることができ、後者は必殺+50。
クロードは技と幸運の成長率が高いため、必殺の値も高くなる。
武器と騎士団による必殺補正を活用することで、わざとHPを半分以下(バルバロッサならワザと弓攻撃を受ける)にして近づいてくる敵を必殺の一撃で返り討ちにできる。
弓による射程範囲の広さや、ピンチになったら個人スキル(2部限定)のすり抜け効果で囲まれても離脱できる。
デフォルトの能力を活用できるため、他のキャラより実用化させやすい。


力の覚醒(勇者)、
必殺の覚醒(ドラゴンマスター)

HPが25%以下の時に発動。
前者は力+8、後者は必殺+30。
先述した「待ち伏せ」「怒り」と組み合わせることで必殺が+80になるため、武器と騎士団の補正を加えれば殆どの敵を必殺の一撃で倒せるようになる。
欠点は発動条件が難しいことと、障壁をまとった巨大魔獣には通用しないこと。


大盾(フォートレス)、
聖盾(パラディン)

技%で受けるダメージを半減。
前者は剣、槍、斧、格闘、魔物。
後者は弓と魔法による攻撃から半減する。
特に後者は魔防が低く、飛行系になった際のダメージを半減できるため、苦手な槍技能を無理やりB近くまで鍛えてでも習得する価値はある。
また守備もそこまで高くないので、余裕があれば大盾も習得して損はしない。
技が全キャラトップタイの成長率なので、発動確率も高くなる


蛇毒(ダークマージ)

自身から攻撃を仕掛けた後に相手最大HPの20%分ダメージを与えるスキル(このダメージで倒すことはできない)。
敵を仕留め損ねた際に更にダメージを与えることで、後続が倒しやすくなる。
「魔物撃ち」で障壁を破壊しつつ体力を削ることができるため、巨大魔獣と戦う際に真価を発揮できる。


生命吸収(ダークビショップ)

攻撃を仕掛けて倒した際に与えたダメージの半分を回復できる。
先述した「蛇毒」と全く逆の立ち回りになるが、弓の射程範囲や戦技を活かせばとどめ役としても悪くないため、このスキルを発動する機会は多い。
紋章の効果と違い、条件を満たすと確実に効果をもたらす点も有難い。


重さ-3(重装技能レベルC)、
重さ-5(重装技能レベルA+)

装備した武器か魔法と防具の合計した重さを数値分軽くするスキル。
飛行系にしたときは飛行特効を無効化する防具(重さ0)を装備するため、実質武器の重さを減らすことが目的になる。
力の成長率はまずますなので、強力だが重い弓を装備しても高い攻速を保てるようにサポートできる。


警戒姿勢(飛行技能レベルB)、
警戒姿勢+(飛行技能レベルA+)

攻撃せずに待機すると回避+15(警戒姿勢+になると+30)。
戦技が使えなくなるが、攻速と騎士団による回避補正に加えることで、高い回避率を誇るようになる
これと個人スキルのすり抜け効果を活かして、敵の攻撃を一手に引き受けることも可能。
仮に囲まれてもすり抜けることができるため、他のキャラよりもピンチになることは無い。
反撃の際は攻撃を躱してダメージを与えられるため、一方的に攻めることができる。


最後に

今作は飛行特効を防ぐ手段が防具にスキルと多く、ステータス面なども優遇されているため、最も活躍させやすいキャラと言っても過言ではない。
自身のステータス、飛行系の機動力、高いステータス補正と成長補正、特効を防ぐ豊富な手段とあらゆるものを活用してみては。
これからもどうぞよろしく


ニンテンドースイッチランキング