謎解きとゲームのブログ

このブログは筆者であるMark-Lxiiiが自身の体験に基づいたことを記載しています。

アナビフェス 感想

ヒエラルキア 、カラフルズ、Toys'Panic!!に参加したので感想を載せます。

 

f:id:Mark-LXiii:20181227134353j:image

この試験に出される難題を乗り越えろ!

そんな難題に挑む「ヒエラルキア トライアル」。

 

これはAIの登場、そして「選抜試験」によって人間を3つの階級に振り分けられる世界。

特権階級と労働階級に格差はあるものの、振り分けにより効率的な社会が形成された。

あなたもいよいよ「選抜試験」を受けることになった。

試験の謎を解いて未来を摑み取れ!

(ホームページより転用、原文はこちら)

 

2017年の駒場祭や永田町、そして2018年のアナビフェスで開催された公演です。

4人1チームとなって40分の試験に挑みます。

 

元々は学園祭で開かれた公演なので、冒頭や解説に学生らしい遊び心があったのは面白かったですね。

 

肝心の謎は質や動線は学祭の質としてはかなり高く、40分に対し4人と人数や時間のバランスも良かったです。

 

f:id:Mark-LXiii:20181228115215j:image

たった1人で公演をつくることができるなんて……。

これはAnotherVisionの"どや"さんが1人で手掛けたシンプルかつ手強い公演。

 

因みに2017年に原宿、2018年のアナビフェス で開催されました。

 

40分を4人1チームで挑む公演ですが、特にストーリーや設定も無いので、未来だの、命だの、世界の命運などをかける必要は無く、ただこのカラフルな謎を解くだけ。

 

色彩豊かでシンプル過ぎる公演ですが、謎の質は高かかったです。

最初の段階からどうすればまた解けるのか頭を傾げてしまう謎だらけ。

閃くことが出来ればすんなり解けますが、独特な謎を相手になかなか閃かず、時間が過ぎていくことも。

謎に仕掛けられているギミックも高度で、解答に苦労させられっぱなしでした。

 

特に最終問題はシンプル過ぎてどうしたらいいのかわからず撃沈。

解説を聞いて納得できるところが素晴らしいの一言。

 

f:id:Mark-LXiii:20181228115235j:image

おもちゃの世界で大騒ぎ‼︎

「Toys'Panic!!」について載せます。

 

おもちゃ箱から声が聞こえたあなた。

不思議に思って触れてみると気を失ってしまい、目がさめるとおもちゃ箱の中に。

陽気なおもちゃたちに誘われて国のお祭りに参加するも何やら怪しい影が……

謎を解き明かして元の世界に帰ることが出来るか。

(ホームページより転用、原文はこちら)

 

この公演は今回のアナビフェスで初めてお披露目された公演。

6人1チームで制限時間は60分。

 

フジテレビとコラボした公演を除くと大人(謎クラ)向けの世界観が多い中、おもちゃ箱の中とどちらかと言うと子供向けの世界観。

謎の難易度も6人60分だと余裕があったので、おもちゃ箱の世界観を楽しんだり、本当それでよかったのか最後の答えを確認するチームが多数ありました。

ひょっとしたら今後、小学生向けの公演になったり、人数&時間調整をして再演されるかと思います。

 

個人的にはプロローグにある人物の登場による出オチに大笑いしましたね。

 

今回参加できなかった公演や、まだ遊んでいない過去の公演もあるので、このような企画を是非まだやってほしいですね。

これからもどうぞよろしく